Profile cover photo
Profile photo
Hideki Azul
MMA
MMA
About
Posts

Post has attachment
ハビブ・ヌルマゴメドフの父親「コナー・マクレガーを助ける事が出来るのはレフリーだけだ。だからこそ彼はオクタゴンで戦う事を快諾した。」
2か月後にラスベガスのUFC229で実現するUFCライト級王者のハビブ・ヌルマゴメドフ vs UFC2階級王者のコナー・マクレガー この試合についてハビブの父親でコーチでもあるAbdulmanap Nurmagomedovがインタビューに答えています。 コナー・マクレガーの今回の挑戦について 「コナーは自分自身で彼は真のライト級王者ではなかった事を理解しているだろう。彼は2度ライト級で戦った経験があるが、そのうちのひとりにサブミッションで一本負けを喫している。それに彼がベルトを巻いていた頃、彼よりも強いライト...

Post has attachment
グレイゾン・チバウ「UFCとの契約は終わり今はフリーエージェントだ。RIZINから五味隆典戦をオファーされていたが忙しくて試合を受ける事が出なかった。」
2006年にUFCに登場して以来28試合戦ってきたグレイゾン・チバウですが、UFCが再契約に興味を示さなかった事から現在フリーエージェントになっている事を明らかにしました。 これまでUFCで28戦16勝12敗という成績を収め元UFCライト級王者のハファエル・ドス・アンジョスや現在フェザー級6位のジェレミー・スティーブンス、元修斗世界ライト級王者の宇野薫らから勝利を収めています。 また過去にはニック・ディアス、ジム・ミラー、トニー・ファーガソンらとの対戦経験があり、特に次回UFC2階級王者のコナー・マクレガーと...

Post has attachment
コナー・マクレガー「ジョゼ・アルドがどれほど辛い経験をしてきたかわかっているつもりだ。彼や彼のコーチの事を思うととてもハッピーな気持ちになった。アイルランド中がジョゼ・アルドの戦いにハッピーな気持ちになっていた。」
当時絶対的な王者だったジョゼ・アルドを秒殺したコナー・マクレガー。 その後両者は対照的な道のりを歩んできました。 勝利したマクレガーはその後ライト級の王座も奪取し2階級同時制覇を達成。そしてその後はネイト・ディアスやボクシングレジェンドのフロイド・メイウェザー・ジュニアとのボクシングの試合でPPV記録を打ち立ててきました。 一方のアルドはというと、フランキー・エドガーとのフェザー級暫定王者決定戦で勝利を挙げた後は現フェザー級王者のマックス・ホロウェイとの統一戦、そしてリマッチ戦と2試合連続でTKO負けを喫して...

Post has attachment
ハビブ・ヌルマゴメドフ「俺はコナー・マクレガーと殴り合う気はない。ひたすらテイクダウンをして体力を消耗させグロッキー状態にさせてやる。」
UFCライト級王者ハビブ・ヌルマゴメドフの初防衛戦の相手は誰になるのか。 ファンやメディアの間では2階級王者のコナー・マクレガーとの対戦が噂されていますが、先日のUFCカルガリー大会のメインイベントでUFC/Bellatorでライト級王者になったことがあるエディ―・アルバレスを破ったダスティン・ポイエーも有力な候補となっています。 アルバレス戦でのTKO勝ちによりライト級に階級を移してからの成績を8勝1敗としたポイエー。その8勝のうち6勝が一本勝ちによるものです。 そして上記2人の他にも元UFCライト級暫定王...

Post has attachment
一度はデイナ・ホワイトによって支払いを拒否されるもののブライアン・オルテガがUFC226で手にする予定だったファイトマネーを遂に手にする
UFC226後に行われた話し合いによって一度はUFC226で約束されていたファイトマネーの支払いを拒否されていたブライアン・オルテガですが、どうやらUFCとの話し合いは上手くいったようで支払いで決着したようです。 UFC226でUFCフェザー級王者のマックス・ホロウェイのベルトにチャレンジする予定だったオルテガですが、ホロウェイは脳震盪の症状が原因で大会直前に欠場が決定。 その後UFCはホロウェイの代役としてジェレミー・スティーブンスとオルテガの対決を企画しますがオルテガがタイトルマッチにしか興味が示さなかっ...

Post has attachment
アンデウソン・シウバがUSADAから1年間の出場停止処分を科せられる 復帰は2018年の10月に
昨年ドーピング検査で2度目の陽性反応を示していた元UFCミドル級王者のアンデウソン・シウバに正式な処分が決定。 USADAは今回の原因は汚染されたサプリメントにあるとしアンデウソンに1年間の出場停止処分を科すことにしました。 この処分は2017年の10月からとなる為アンデウソンの復帰は早ければ2018年の10月になる模様です。 昨年10月にアンデウソンの体内から筋肉増強効果のあるステロイド剤系のメチルテストステロンと利尿薬の一つであるヒドロクロロチアジドが検出されていました。 今回の発表を受けてアンデウソンは...

Post has attachment
Bellatorがウェルター級のワールドグランプリの開催を発表 初戦は9月にドゥグラス・リマ vs アンドレイ・コレシュコフのリマッチ
Bellatorは10名が参加するウェルター級のワールドグランプリ(WG)の開催を発表。 そしてこのWGを9月のカリフォルニアのサンホゼ大会でドゥグラス・リマ vs アンドレイ・コレシュコフのリマッチでキックオフする事を明らかにしました。 現在までに明らかにされている参加者は現チャンピオンのローリー・マクドナルドに加えて元チャンピオンのリマやコレシュコフら9名です。 参加者 ・ローリー・マクドナルド ・MVP ・ドゥグラス・リマ ・アンドレイ・コレシュコフ ・ロレンズ・ラーキン ・ジョン・フィッチ ・ネイマン...

Post has attachment
ドミニク・クルーズの復帰時期は当初の予定を大幅に遅れ年末か?
バンタム級史上最高のファイターのひとり元UFC/WECバンタム級王者のドミニク・クルーズ。 WECからUFCに戦いの場を移した2011年以降は数々の怪我とも戦っており実に6度しか戦えていません。 そして現在は腕を骨折した事で戦線を離脱中です。 昨年12月のUFC219でのジミー・リベラ戦を怪我の為に直前でキャンセルしてから早7か月が経とうとしていますがクルーズは未だに医師から試合への復帰の許可を得る事が出来ていないようです。 「腕を骨折し当初は手術をせずに自然治癒の方向でいたが3か月半経っても一向に良くならな...

Post has attachment
クリス・サイボーグ「アマンダ・ヌネスは私と戦いと公言しながら準備に1年必要だという。それならベルトを返上して私に挑戦するべきだ。ヌネス戦が最後の試合となるだろう」
UFCが今年後半の実現を目指しているクリス・サイボーグ vs アマンダ・ヌネスのスーパーファイト。 サイボーグは今年3月のUFC222のヤナ・クニツカヤ戦を最後に、ヌネスは4月のUFC224のラケル・ペニントン戦を最後に試合を行っていません。 サイボーグ側が9月の実現を望む中ヌネス側は年末の12月の実現を希望している為、未だにいつどこで実現するかは定かではありません。 「7月の初めにUFCと話し合いを行いヌネスと9月に試合はどうかというオファーを受けた。勿論だと即答したがその数日後にUFCから再び連絡がありヌ...

Post has attachment
デイナ・ホワイトとブレンダン・ショーブはエスキモー兄弟だった? エスキモー兄弟とは穴兄弟を指します。
先日のデイナ・ホワイトとブレンダン・ショーブの続報。 キックボクシングやボクシングの世界で成功を収めたからといってMMAの経験なしでUFCで戦うのはどうなんだとコメントしたブレンダン・ショーブに対して、お前は格闘技の事なんて知らないだろとレスボンスしたデイナ・ホワイト。 その後もデイナは 「ジョー・ローガンに見捨てられればブレンダンのキャリアも終わるだろう」 と攻撃の手を緩めませんでしたが、これに対してレスボンスしたショーブの発言内容が注目を集めています。 どうやら彼らはロンダ・ラウジーの元上司と元彼氏という...
Wait while more posts are being loaded