Profile cover photo
Profile photo
栗気んでぃ
About
Posts

Post has attachment
Add a comment...

Post has attachment
Add a comment...

Post has attachment
Add a comment...

Post has attachment
Add a comment...

Post has attachment
Add a comment...

Post has attachment
高い音で歌えるようになりたい人へ
レッスンにいらっしゃる方に目的を尋ねた時、とても多くの方から出る希望がこれ。 「高い音で歌えるようになりたい」 これ、結構複雑な理由があり、教える側としては結構悩みどころです。 まず、なぜ高い音を出したいの?と聞くと、 自分の好きなアーティストの曲を原曲キーで歌いたいから、という理由がほとんどです。 今どきのカラオケには、キーを上げ下げできるボタンもあるし、下げて歌えば?と言うと、 とても納得のいかない顔をする方が多いです。 そもそも、「身体が楽器」であるボーカルの場合、 楽器そのものが、大きさも形も様々で、...
Add a comment...

Post has attachment
Add a comment...

Post has attachment
Add a comment...

Post has attachment
絶対音感を持っているのに音程が悪い人
歌の上手さを考える時に、 「音程がいい」 ということは絶対条件と言ってもいいと思いますが、 これは以前 「音痴って治るの?」 にも書いたように、とても高度なテクニックです。 (特にトレーニングしないのに、生まれつき音程のいい人については、また別な機会に書きますね。) 今日は、低い音域はピッチ(音高)がいいのに、高い音域になると下がってしまう人のお話を。 原則的なことを言えば、低い音より高い音の方が、「的が小さい」ので、当てるのが難しい、 ということになります。 ギターのフレットを思い浮かべて頂ければいいのです...
Add a comment...

Post has attachment
英語の発音がそれっぽくならない人は
今日のレッスンにいらっしゃったのは高校生の女の子。 とてもお勉強のできる優秀な子なので、 先生からは「英検3級なんかいいから2級を受けなさい」って言われているらしいです。 ただご本人は「ヒアリングに自信がなくて…」まだ受けていないのだそうで。 それなら英語の歌を練習して、発音の特徴を掴んでみようか? 自分が発音できるようになれば、聞き取りやすくなると思うよー、 ということで今日のレッスンで取り上げたのは、 カーペンターズの「遥かなる影」でした。 前半のゆっくりな部分はなんとかいけるけど、 後半はとても言葉が密...
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded