Profile cover photo
Profile photo
ロケットストーブマニア
15 followers -
自作のロケットストーブで心も財布もほっこりあったか生活
自作のロケットストーブで心も財布もほっこりあったか生活

15 followers
About
ロケットストーブマニア's posts

【お問い合わせに対する回答】

先日、このような質問をいただきました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こんばんわ。いつも参考にさせていただいています。

ロケットストーブマニアさんのストーブを参考にして作成しました。1日中ストーブを稼働し続けると、灰がバーントンネルをふさいでしまって、空気の吸い込みが弱くなったり、まったく吸い込まなくなったりしませんか?

我が家は灰がトンネルをふさぐほどたまってそれが原因で火災になってしまうのを恐れ、1日2回ほど灰を掻き出しています。

燃やす木の種類によるかもしれませんが、ロケットストーブマニアさんのストーブはそのような心配はありませんか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

質問いただいたとおり、一日中ストーブを稼動し続けるなど長時間の連続運転をしていると、灰が燃焼室からヒートライザー部までの煙道を塞いでしまうことがあります。

もちろん、そのような状況でロケットストーブに薪を入れ続けてしまうと、煙が焚口から逆流してしまうことも十分ありえます。

このような状況を回避する手段は、①より密度の大きな薪を使用する、または②ロケットストーブの燃焼部の内径を拡大することです。

①の密度の大きな薪(見た目より重たく感じるような薪、より成長の遅い広葉樹など)を使用すると、燃焼後の灰の密度も大きなものとなる(体積が小さくなるなる)ため、灰が煙道を塞ぐまでの時間を伸ばすことができます。

次に、②のロケットストーブの燃焼室の内径を大きくするということについては、もうお分かりの通り、燃焼室の内径が大きければ灰が煙道を塞ぐまでの時間を長くすることができるということです。

私の場合、ロケットストーブの燃焼室(ヒートライザー手前までの部分)に使ったステンレス管がボロボロになった後に耐火モルタルで燃焼室内部を補修したのですが、その際に燃焼室を少し広めとなるように加工しました。

ロケットストーブを日常生活でフル活用することを考えると、灰の掻き出しは1日に1回より多くなってしまうと、燃焼室や灰が熱い状態で取り出さなければならなくなりとても大変になってしまいますので、上記の内容などを参考にしてみるといいかもしれませんね。

http://rocket-stove.info/contact-form/

Post has attachment
【お問い合わせに対する回答】
Q;ロケットストーブの『わんこ』という商品は煙突部分の吹き出し口の火力が強いんですが何故ですか?
先日、このような質問をいただきました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『わんこ』というロケットストーブ(下記、商品)は焚口よりも煙突部分の吹き出し口の方が火力が強いんですが、焚口の火力をアップさせる方法はあるんでしょうか?
http://rocketstove.tokyo/lineup/wanco/
わかりますでしょうか?教えていただければありがたいです。よろしくお願いします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
A;この焚口より煙突部分の方が火力が強いのはなぜかということを知るためには、薪がロケットストーブ内部でどのように燃焼しているかとうことを理解することが大切です。
ロケットストーブの焚口に入れられた薪は、燃焼中の炎や炉内の壁などから熱を受け取り過熱されることにより、木炭ガスを発生します。
その薪から発生した高温の木炭ガスが炉内である一定割合の酸素と混合することによって、炎が発生します。
この段階での燃焼を一次燃焼といい、実際のところ、発生した木炭ガスの一部が炉内で燃焼し、酸素が足らなかったり、熱が足りなかったりして燃えることが出来なかった燃焼ガスはそのまま煙突部(ヒートライザー部)に流れていってしまいます。
ですが、ロケットストーブの場合、構造上、垂直に立ち上がっているヒートライザーと呼ばれる煙突(本来であれば断熱されているもの)内部で渦が発生していて、ここでもう一度先ほどの未燃焼ガスと酸素が混合され、二次燃焼が発生します。
つまり、焚口部では一次燃焼で得られた熱しかないのに対し、煙突部では一次燃焼+二次燃焼の二段階で得られた熱が活用できますので、煙突部のほうがたくさんの熱を活用することができるということになります。
また、焚口部の火力をアップさせたいということについてはなかなか難しいのではないかと思います。
ロケットストーブの場合、高温の空気は煙突側に引き込まれていきますので、焚口部で得られる熱は燃焼している炎から得られる輻射熱(放射熱ともいう、空気が熱いから温まるのではなく、空気を媒介せずに伝わってくる熱、薪ストーブがじんわり暖かいと感じるもの)の分しか得られないと思いますので。
ロケットストーブをコンロとして活用する場合、単純に背が低いタイプ(煙突上の調理部の位置が低いタイプ、ヒートライザーが短くなるのでしっかり断熱されているもの)の方が使いやすいのかなぁと思います。
ご参考まで。
http://rocket-stove.info/contact-form/

Post has attachment

【お問い合わせに対する回答】
Q;エアコンの乾燥空気が苦手でこれまでは石油ファンヒーターを使用していましたが燃料代も馬鹿にならず最近は、手っ取り早いエアコンに頼っていますが電気代が今度は跳ね上がり大変です。それで薪ストーブを扱っている所を見て歩きましたが煙突工事等含めると非常に高価なものと知りました。それでインターネットで色々探しているとロケットストーブにたどり着いた次第です。ブログを読ませて頂いて私も何とか試作してみようと思い材料を買いに走りましたがこちらのホームセンターではなかなか揃いません仕方なくネットで求めています 本題の聞かせてほしい事はU字溝同士の接着に使うセメントの接着強度はどの程度有るものなのか知りたいです商品もシール接着用は見あたるのですが何を使ったらよいのか教えて頂けたら嬉です又接着後本体を横に寝かせたりするだけの強度があるのかも知りたいですそんなことも知らないでやろうとしてるんですかと言われそうですが宜しくお願いします! 家族には”火事いかさんといてや”と言われてますそらそうですね・・・・慎重に致します

A;セメントは比較的強度がある接着剤(?)ですが、逆に衝撃には弱いと考えてもらうと良いでしょう。

しっかりと接着乾燥させた後、本体を横に寝かせたりするというケースを考えると、ゆっくりと衝撃が加わらないようにすれば大丈夫かもしれません。

どうしてもその点が気になるようでしたら、一度どの程度の接着力があるか実験してみるといいでしょう。

実験せずに大失敗する前に、実験して小さな失敗を積み重ねていった方が、最終的に費やすお金も、災害に発展するリスクも小さくすることができます。

何事も思いついたら実験をしてみて、現実に起こる現象を理解し、その現象が引き起こすリスクもう踏まえて自己判断していく癖を身に付けていくと良いと思います。

【お問い合わせに対する回答】
Q;ロケットストーブマニアさん、はじめまして。ロケットストーブや井戸堀でいつも参考にさせていただいていますたきと申します。

初めてロケットストーブをこちらのサイトを参考にまったく同じものをつくり、この冬はリビングで運用させていだきました。非常に温かく過ごさせていただきました。

使ってみて、次回もし再度ロケットストーブを作るときは、100mmの煙突ではなく、120mmの煙突で燃焼室とヒートライザー部を作ろうと思うのですが、その場合ヒートライザーで引きに必要な上昇力が得られるかが心配です。ただし、煙突部分は106mmで考えています。

そこで燃焼室とヒートライザーを100mmから120mmに広げることに対してロケットストーブマニアさんのご意見がお聞きたいのですが、率直なご意見をお伺いできると幸いです。よろしくお願いします。

A;燃焼室とヒートライザーを径120mm、室内外煙突部を径106mmで構成した場合、径の小さい煙突部における煙が流れる際に発生する抵抗が大きくなる可能性があります。

このレベルの径の違いであれば、すぐにどうこうという程度ではないと思いますが、煙突内部の排気が滞りやすく(ススが付きやすく)なるため、煙突掃除の回数を増やす必要が出てきたりするかもしれません。

この構成でロケットストーブを運用し始めた場合、このブログで紹介している内容も同じではありますが、定期的に煙突内に溜まるススやタールの量をウォッチしながら、煙突火災を起こさないように、そのリスクを自己管理していくことが大切だと思います。

ヒートライザー部における上昇気流の大きさについては、燃焼室内の温度をしっかりと上げてあげれば、言い換えると径100mmの時より薪を多めに入れて炉内の温度をしっかりとあげることができれば、問題なく機能すると思います。(あくまでも推測ですが・・・。)

燃焼室やヒートライザー部の径を大きくしたいというのは、ロケットストーブで得られる熱を多くしたい(暖房能力を上げたい)ということだと思います。

私個人の考えとしては、燃焼室やヒートライザー部を大きくしたい(暖房能力を上げたい)のであれば、煙突部も同等の径のものを採用し、室内側の熱交換部の煙突長を長めに取りつつも、排気の効率を落とさないようにしていった方がトラブルも少なくて済みそうだなぁと感じます。

これはあくまでも推測の範囲ですので、実際に実験をしてみたりして、予算や煙突掃除などの運用面、そしてリスクなどを総合的に判断して運用してみてはいかがでしょうか?

Post has attachment
【お問い合わせに対する回答】
Q;初めまして、ブログ大変興味をもって読ませて頂いてます。
最近ロケットストーブ作りが楽しくなり、野外用の物を主に作成しています。
燃焼を安定的に行うのにY字の管を取り入れたいのですが、入手先や入手方法がなかなか見つかりません。見つけてもかなり高価なものばかりで手が出せないような感じです。
どこで購入されたか教えて頂けないでしょうか?それと空気の取り込み調整が行える蓋の部品の購入の方も併せてお願いできますでしょうか?
よろしくお願いします。

A;ロケットストーブの材料に使っている部品は、すべて近所にあるホームセンター(カーマ、コメリ、ビバホーム、カインズホームなど)で購入しています。

ロケットストーブの材料にカギっていえば、ネットで購入しようとすると、逆に高くついてしまう物が多いと思います。

ホームセンターを探すコツとしては、大工さんや空調設備関係などのプロが材料を購入するために訪れるような比較的規模が大きなホームセンターか、または資材館(プロ向けの資材が売られている場所)を併設しているようなところを探すと、効率よく、かつ安くロケットストーブの材料を探せると思いますよ。

ちなみに、ロケットストーブを作るために必要な材料などは、こちらの記事を参考にしてみてください。

>>http://rocket-stove.info/zairyou/

Post has attachment
【お問い合わせに対する回答】
Q;はじめまして。
ロケットストーブに関して、非常に多くの情報が丁寧にまとめられており、とても勉強になりました。ありがとうございました。
WEB上で、情報の質・量ともに、こんなに充実しているところは他には見つけられません。
ところで、1点、教えてください。
30年ぐらい前、私が子供のころに読んだ戦争中の思い出話のような文章では、海で拾った流木を薪としてかまどに使ったら、鍋釜の傷みが激しくなった、というような記述があったような記憶があります。当時の鍋釜といったら、材質はおそらく鋳物でしょう。そこで、土地の古老の話を聞いて、川の水で塩出しをしてから流木を使うようにしたら、鍋釜の傷みが緩和した、というような内容だったと思います。なにぶん、大昔に読んだ文章なのでうろ覚えですが、この記述があった本はまだどこかに保存してあるはずなので、探せば正確な記載内容も発掘できるはずです。
そこで質問なんですが、海で拾った流木を使って、ロケットストーブの耐久性に問題はないのでしょうか。鋳物の成分(というのかな、炭素分とか鋳造温度とか)が当時と今とでは全く違うとか、ロケットストーブとかまどでは燃焼温度が違うとか、そもそも塩分で劣化するような金属部材はロケットストーブでは使っていないとか、いろいろあるかと思います。
以上、もし情報をお持ち合わせでしたら、ご教示いただけると幸いです。
A;いい質問をしていただいて、ありがとうございます。
流木には塩が含まれているため、金属を劣化させる作用があります。
それに加えてロケットストーブの燃焼室などは高温になるため、燃焼室にステンレス煙突など金属製の部材を採用すると、高温の熱と塩による酸化ですぐに劣化してしまいます。
そこで、今回このブログで紹介しているロケットストーブでは、燃焼室の周り(ステンレス煙突とU字溝の間)にパーライトを混ぜ込んだ耐火モルタルで固めることにより、ステンレス煙突が劣化した後もその耐火モルタルが燃焼室の壁の役割を果たす仕組みにすることとしました。
その辺りの詳しい内容はこちらの記事をご覧ください。
>>自作薪ストーブは耐久性に難有・・・燃焼室を改良することで実用化に成功(http://rocket-stove.info/zisaku-makistove-taikyuusei/
気をつけてもらいたいのは、一般的な鋳物の薪ストーブの薪に流木など塩を含んだ木材を使わないでほしいということです。
ロケットストーブは自分で作ったものですし、ホームセンターに売っている安い部材の組み合わせ、かつ、その構造も至ってシンプルなので、例え少々劣化が早く進んだとしても、それを自分でメンテナンスするのは簡単です。
ですが、既製品の薪ストーブの場合はそう簡単にはいきません。
特に高級な薪ストーブになると構造が複雑(2次、3次燃焼機構、触媒など)ですし、それらの部品を交換しなければならなくなった場合、結構な費用がかかってしまいます。
基本的に薪ストーブ屋さんに取り付けてもらうような鋳物の薪ストーブを使う場合は、薪ストーブ屋さんが推奨している薪を使用し、本体をいたわるような使い方をしていった方がいいと思います。
もちろん、ロケットストーブの場合も流木のような薪を使わなければ多少は素材の劣化を先延ばしする効果はあるとは思いますが、だからといってメンテナンスフリーになるというわけではなく、自分自身の手でしっかりと点検、メンテナンスをしていかなければならないという点においては同じなので、流木を使うかどうかは考え方次第だと思います。
私が海で薪拾いをしていると、海辺を散歩している年配の方から「私も子供の頃は毎日のようにここで薪を拾ってかまどに火を入れていたわ。なつかしいねぇ。」なんて声を掛けられることがよくあります。
昔は薪を使ってかまどで料理したり、お風呂を沸かしたり、それが当たり前の時代だったんですね。
ちなみに、昔の人は流木を使う前に水で塩出ししてから使って、鍋などの金属素材の劣化を軽減さるという生活の知恵を使っていたこともあるようですね。
「30年ぐらい前、私が子供のころに読んだ戦争中の思い出話のような文章では、海で拾った流木を薪としてかまどに使ったら、鍋釜の傷みが激しくなった、というような記述があったような記憶があります。当時の鍋釜といったら、材質はおそらく鋳物でしょう。そこで、土地の古老の話を聞いて、川の水で塩出しをしてから流木を使うようにしたら、鍋釜の傷みが緩和した、というような内容だったと思います。」
ただし、この水抜きの方法を実践する場合は、煙道火災を防ぐために塩抜きした後の薪をしっかりと乾燥させてから使うようにしてください。
>>薪ストーブの煙突火災を防ぐための5つのポイント(http://rocket-stove.info/enntotukasai/)

【お問い合わせへの回答】
Q;はじめまして。ロケットストーブについて最初に知ったのは『里山資本主義』だったと思います。しばらく忘れていたんですがまた気になり始めていろんなサイトを見ているうちにたどりつきすっかり拝見させていただきました。とてもわかりやすく参考になりました。何度も何度もブログの文章を読んで1ヶ月ほど前にとうとう自作してみたんですが時々いやなにおいがして困っています。
 実はパーライトと耐火セメントを流す下にU事項の底にコンクリートブロックではなくホームセンターで目に付いた防犯の砂利というものを敷いています。メーカーのサイトに商品の問い合わせフォームがあったので聞いてみると加熱しても(材料は焼成処理をしたリサイクルガラス)有害なガスは発生しないとのことだったのですが匂いがしないとは答えにはありませんでした。緩やかに焚いているときはにおわないのですが、ガンガン焚いて本体が熱くなってくると、発泡スチロールでも燃やしたような・・・カメムシのような臭いがしてきます。
 他に何か考えられる原因ってありますか?解体して作り直すしかないんでしょうか?

A;このサイトで紹介している方法で作ったロケットストーブに関して言えば、一番最初に煙突に塗った耐熱塗料が乾くまでの間に若干においがした記憶があります。1ヶ月ほどその状態が続いているのであれば、耐熱塗料が乾く時に出る臭いではなさそうですね。もし、その防犯砂利が臭いの原因として怪しいと思っているのであれば、一度その防犯砂利だけをライターやガスバーナーなどで熱してみて、同じような臭いがするかどうか検証してみてはいかがでしょうか?なお、これは個人的に興味があるのですが、そのロケットストーブの中で高温にさらされたガラスは投入した時と同じような状態にあるのか、つまり、そのような高温環境の中で溶けださずに、ヒビが入ったり、割れたりせずに耐えられるような材料なのか興味がありますので、もし解体することになった場合はぜひその辺りの結果を教えてくださいね。

Post has attachment

Post has attachment
【お問い合わせへの回答】
Q;初めまして、ブログ大変興味をもって読ませて頂いてます。
最近ロケットストーブ作りが楽しくなり、野外用の物を主に作成しています。
燃焼を安定的に行うのにY字の管を取り入れたいのですが、入手先や入手方法がなかなか見つかりません。見つけてもかなり高価なものばかりで手が出せないような感じです。
どこで購入されたか教えて頂けないでしょうか?それと空気の取り込み調整が行える蓋の部品の購入の方も併せてお願いできますでしょうか?
よろしくお願いします。

A;T字の管(スパイラルダクト用Y管)や空気の取り込み量の調整ができる蓋(丸型レジスター)は、ネットで購入すると高くついてしまいます。近くに大型ホームセンターの資材館(大工さんなどが部材を購入するところ)があれば、それらを安く手に入れることができます。詳細は、以下の記事をご覧ください。

>>http://rocket-stove.info/zairyou/
Wait while more posts are being loaded