Profile cover photo
Profile photo
北九州の弁護士 小倉駅前法律事務所
12 followers -
北九州で弁護士をお探しの方のための法律事務所です。
北九州で弁護士をお探しの方のための法律事務所です。

12 followers
About
北九州の弁護士 小倉駅前法律事務所's posts

【成年後見人とは?】
成年後見人という制度をご存知でしょうか。
成年後見人というのはその人に代わって契約などができる人を指します。

たとえばマンションを持ってらっしゃる方が高齢で、認知症によって判断能力をなくしてしまった場合などにおいては、家賃を滞納したりして払ってくれない住人に対し、支払いを催促することができます。

家賃に関する契約などについて後継者の方などが、その息子などの親族を「成年後見人」として指定しておくことで、家賃を払ってくれない人に対してその契約を解除したり、訴訟を起こしたりできるようになるわけです。

http://www.kokura-law.com/service8/cont3.html

Post has attachment
【北九州で交通事故問題を扱う弁護士をお探しの方へ】
北九州で交通事故の問題を取り扱う弁護士をお探しでしたら小倉駅前法律事務所へどうぞ。また交通事故以外にも様々な法律相談をお受けしております。ぜひお気軽にお問い合わせください。

【自己破産とは?】

自己破産とは、借金が返済不可能なほど多額である場合に、その方の財産を精算してできる限り借金の返済にあてた上で、残った借金の支払い義務をなくす(免責)という、裁判所の手続きです。

全ての借金を払わなくても良くなるという意味で、借金整理のための最も強力な手段であると言えるでしょう。

自己破産の手続きを行うためには、裁判所に、あなたの借金の状況や財産・収入などの状況をまとめた書類を提出し、「破産の申し立て」をしなければなりません。
裁判所が、あなたの借金を「支払不能」と認めた場合には、「破産手続開始決定」が下ります。

「破産手続開始決定」が下ると、財産を精算する手続きが始まります。
あなたの財産に、ローンのついていない土地など「換金できる財産」があるときは、「管財人」という方が選任され、この「管財人」が貴方の財産をお金に換えて債権者の皆様にお配りするなどした上で、破産手続きが終了することになります。
もっとも、家財道具など「生活に必要最低限の財産」は換金しなくて良いことになっているのでご安心下さい。

もし、あなたの財産が「生活に必要最低限」のものしかなく、換金できるような財産が存在しない場合には、「管財人」は選任されず、直ちに破産の手続きが終了します。
このように、破産の手続きが開始と同時に終了することを、業界用語で「同時廃止」と言っています。

そのように破産の手続きが終了した上で、破産した経緯について、特に不誠実な事情(財産隠

「民事」と「刑事」

交通事故の法的手続きのうち、被害者に関連のあるものとしては、「民事」と「刑事」の手続きがあります。

「民事」とは、被害者が交通事故で失ったもの(財産)について加害者が補償するかどうかという、「被害者と加害者の間のお金の問題」です。
当サイトでは、主に「民事」の手続きについて説明しています。

一方、「刑事」とは、国が、事故を起こした加害者に対して制裁(刑罰)を加えるかどうかという、「国と加害者の間の処罰の問題」です。

Post has attachment
任意整理とは

任意整理とは、債権者(金融業者)との任意の交渉により、借金の金額を減額してもらったうえで分割返済する等の合意を交わし、支払い可能な程度に圧縮をして支払っていくという手続きです。

自己破産や民事再生とは異なり、裁判所の手続きではありません。ご本人が行うことも可能ですが、多くの場合は弁護士や司法書士を介して行います。

Post has attachment
3ヶ月の「熟慮期間」

相続は、土地建物や預金などプラスの財産だけを相続する訳ではありません、住宅ローンや事業上の借金のようなマイナスの財産も、同じように相続の対象になります。
我が国の民法では、相続人が財産を受け継ぐかどうかについて、「承認」、「放棄」、「限定承認」という3つの対応を定めています。
プラスの財産が多いときは相続を「承認」し、マイナスの財産が多いときは「放棄」の手続きを検討します。どちらが多いか分からないときは、「限定承認」も考えられます。
相続人は、上記3つの対応のどれにするかを、故人の死亡後3ヶ月以内に決めなければなりません。
この3ヶ月の期間を、相続するかどうか熟慮する期間ということで「熟慮期間」と呼んでいます。

Post has attachment
【交通事故と保険の重要性】

交通事故の賠償金は、被害者が死亡したり重い障害を残した場合、1億円を超える金額になる場合もあります。
加害者本人の財産でこのような金額を支払うことは困難ですので、「保険からお金が出るかどうか」を検討する必要があります。

例えば、あなたが自動車に追突されてケガを負った場合、下記のような保険からお金が出ることが考えられます。

Post has attachment
<任意整理とは>

任意整理とは、債権者(金融業者)との任意の交渉により、借金の金額を減額してもらったうえで分割返済する等の合意を交わし、支払い可能な程度に圧縮をして支払っていくという手続きです。

自己破産や民事再生とは異なり、裁判所の手続きではありません。ご本人が行うことも可能ですが、多くの場合は弁護士や司法書士を介して行います。

弁護士介入と過払い金の計算

例えば、弁護士に消費者金融業者への「過払い金」の問題をご依頼いただいた場合、弁護士は速やかに、その業者に対して「弁護士介入通知」を送り、お客様とその業者との貸し借りが記録された「取引履歴」の提出を求めます。

しばらくすると、消費者金融から、「取引履歴」が送られてきますので、その内容を分析し、正しい「利息制限法」にのっとって計算をし直します(このことを、利息制限法による「引き直し計算」といいます)。
その結果、「消費者金融からは50万円を請求されていたが、実は既に返済が完了しており、むしろ30万円も払いすぎていた」というような判断が可能になります。

Post has attachment
【Q】自己破産をしたら、自宅の家具、家電製品とか、僅かな現金なども、全て取り上げられてしまうのでしょうか。

【A】そのようなことはありません。

福岡地方裁判所の運用では、家財道具や、少額の現金、預貯金などについて、取り上げるようなことはしていません。

また、破産をした方の「家財道具」、「現金」、「預貯金」などの財産を合計しても50万円を下回るケースでは、その方の財産を換金する手続き自体を行わない「同時廃止」というやり方で処理される場合があります。

このように、自己破産をしても、「生活に必要な最低限度の財産」は、取り上げられないのが通常ですので、ご安心下さい。

具体的に、どの程度の財産を持ったまま破産できるかについては、借金問題に詳しい弁護士にご相談下さい。

(よほど高価で売れるような家具であれば別ですが、破産をされる方はそのような家具を持っていないのが通常です。)
Wait while more posts are being loaded