Profile cover photo
Profile photo
Xanth SY
7 followers
7 followers
About
Xanth's posts

Post has attachment
Public
DCMを用いた感情ラベリングの理解の進展
 (2013). Advancing understanding of affect labeling with dynamic causal modeling.  NeuroImage ,  82 , 481-488. 偶発的な感情制御のフォームのメカニズム的理解は感情科学における基礎的応用的研究への示唆を与える。本研究では、fMRIのDCMを表情ラベリングパラダイムに用いて前頭前野から皮質下への影響を検討した。感情ラベリングにはvlPFC、amygdala、ブローカ領域を含む4つの領域を用いた。64個のモ...

Post has attachment
Public
知覚された道徳への脅威が引き出す汚染関連強迫行為の傾向
Threats to moral self-perceptions trigger obsessive compulsive contamination-related behavioral tendencies Doron, G., Sar-El, D., & Mikulincer, M. (2012).   Journal of behavior therapy and experimental psychiatry , 43 (3), 884-890. 汚染恐怖に関連した強迫は日常生活を著しく害する。本...

Post has attachment
xbox360のコントローラーをPsychopy Builderで使用する
xbox360のコントローラーをPsychopy Builderで使用するには、ネットで調べてCode componentの埋め込みで十分動作することを覚えた。 正規品のコントローラーのみ動作したが、サードパーティ製のものはきちんと動作しなかった。無駄金を使ってしまった。 Codeコンポーネントに以下の記述をRoutineにいれることで左右のトリガーの動作確認したので、備忘録。 #Begin Experiment try:     from psychopy import visual, core     f...

Post has attachment
治療者の成り行き任せ(therapist drift)の復活:なぜ善意(?well-meaning)の臨床家は実証的な治療の遂行に失敗するのか、そしてどのように軌道修正するか
Waller, G., & Turner, H. (2016). Therapist drift redux: Why well-meaning clinicians fail to deliver evidence-based therapy, and how to get back on track.  Behaviour research and therapy ,  77 , 129-137. 治療者の成り行き任せは、臨床家が必要なツールを持っているにもかかわらず望ましい実証的治療を遂行するのを失敗し...

Post has attachment
TobiiをOpensesameで使用するために必要なこと:備忘録
Psychopyと同様Pythonで作られた刺激提示用プログラムにOpensesameというものがある。Psychopyと比較すると使用者は少ないと思われるが、GUIベースでありPsychopyのBuilderとはかなり構造が異なるが簡単である。これだけではOpensesame使用する理由には足らないが、Tobiiのアイトラッカーを導入したためPsychopyかOpensesameと同期させる必要が生じた。 TobiiはE-primeやInquisitといった商用ソフトとの連携は保証されている。しかし、これら...

Post has attachment
論文抄読会は批判的評価スキルの教育に効果的か?
Fu, Cynthia HY, et al. "Is a journal club effective for teaching critical appraisal skills?."  Academic Psychiatry  23.4 (1999): 205-209. 医学系ではEBMの知識・スキル向上のための教育と関連してこの手の論文が多いようだ。この論文では抄読会にはさほど参加者の能力向上には効果がないとのこと。別のシステマティックレビューではこの手の研究の方法や評価の一貫性の無さからまとまった結論...

Post has attachment
CARETの使い方
Using Caret for fMRI Visualization ://prefrontal.org/blog/2009/04/using-caret-for-fmri-visualization/ 比較的昔からあるツールだが、このチュートリアルを読んで使えるようになった。外側の皮質の活動は綺麗で美しい脳機能画像の図を作れる。しかし、皮質下領域や内側皮質の活動はよほど大きなクラスターでないと上手く視覚化されないし、座標がずれて意味がないので注意。

Post has attachment
PPI解析に関する有用なレビュー
O’Reilly, J. X.,
Woolrich, M. W., Behrens, T. E., Smith, S. M., & Johansen-Berg, H.
(2012). Tools of the trade: psychophysiological interactions and
functional connectivity. Social cognitive and affective neuroscience , 7 (5), 604-609. いろいろな意味で今更感はあるものの、...

Post has attachment
t-fMRIとr-fMRIのための結合性解析のtoolbox:Conn
Whitfield-Gabrieli, S., & Nieto-Castanon, A. (2012). Conn: a functional connectivity toolbox for correlated and anticorrelated brain networks.  Brain connectivity ,  2 (3), 125-141. いっぺんに色々とやってくれるので使い勝手が良かった。connectivity解析におけるnoiseを補正するので、検出力が高まるようだ。

Post has attachment
感情的な脳を訓練する:感情ワーキングメモリー訓練を通した感情制御の改善
Schweizer, S., Grahn, J., Hampshire, A., Mobbs, D., & Dalgleish, T. (2013). Training the emotional brain: improving affective control through emotional working memory training.  The Journal of Neuroscience ,  33 (12), 5301-5311. こんな面白そうな論文を見逃していた。後日、熟読しよう。
Wait while more posts are being loaded