Profile cover photo
Profile photo
ミラクリ
32 followers -
鬱から成功するブログ
鬱から成功するブログ

32 followers
About
Posts

Post has attachment
「誰の役にも立っていない」という感覚に襲われたら、日常の些細なことに目を向けてみる。人が喜んでくれることのタネは、そこらじゅうに転がっているのだから。

http://enrique5581.net/post-26686/

Post has attachment
悲しいことがあったときは、ちゃんと落ち込むこと。「仕事にプライベートを持ち込むな」という意見もあるだろうが、元気なときにやるべき仕事があるなら、悲しいときにしかできないこともあるはずだ。

http://enrique5581.net/life-goes-on/

Post has attachment
白髪を見つけたときに「理想に到達できないことを実感したとき、人は白髪が生える」という言葉を思い出した。おそらく地に足の着いた人間になりなさい、ということなのだろう。

http://enrique5581.net/post-26586/

Post has attachment
SNSで「自分語り」を見かけたり、誰かのセルフィーにいいね!するのがあたり前になった。たまに恥ずかしくなったり、疲れたりもするが、この先はどうなるのだろうか?

http://enrique5581.net/post-26551/

Post has attachment
「会社を辞める」というのは大きな決断だが、きっと前向きな状況ばかりではないだろう。だからこそシンプルに考えること。その場で踏ん張ることだけが全てではないのだから。

http://enrique5581.net/post-26509/

Post has attachment
「嫌な気持ちになるもの」をわざわざ見に行くメリットは1つもない。情報を遮断するのが難しい時代だからこそ、ちゃんと取捨選択をすること。そして凛としていること。

http://enrique5581.net/post-26463/

Post has attachment
「これをやりたい」という直感が「失敗するかもしれない」という不安によって打ち消されてしまうなら、まずは明るい未来だけを考えること。リスクなんか、走り始めてから考えればいい。

http://enrique5581.net/post-26438/

Post has attachment
「イライラ」しているときは生活リズムを変えがちだが、できるかぎりいつも通りに過ごすこと。自分を奮いたたせるための行動は、逆効果になることが多いから。調子が良くないときほど丁寧に。

http://enrique5581.net/post-26419/

Post has attachment
どれだけ辛いことだって、嫌なことだって、5年もたてば忘れる。忘れられなくても、思い出す回数は減っているはずだから、ゆっくりと受け入れること。「心の傷が癒えた」と言える日は必ず来る。

http://enrique5581.net/post-26379/

Post has attachment
いわゆる「熱さ」は、「私はこれに賭けている」という姿勢から生まれる。全てを賭けている人には敵わない。逆にいうと、前のめりな姿勢さえあれば、凡人だって、おじさんだって、何かを変えられる。

「私はこれに賭けている」という姿勢から、熱さが生まれる http://enrique5581.net/post-26212/
Wait while more posts are being loaded