Profile cover photo
Profile photo
楠浦崇央
13 followers
13 followers
About
Posts

Post has attachment
「自分なりの方法」を見出す ~ 京都大学「ものつくりセミナー」報告/発明塾第398回・第399回(投資部第28回)
10 月 11 日に、無事、京都大学での講義を終えました。 10 月11 日京都大学機械系「ものつくりセミナー」でお会いしましょ う せっかく京都へ訪問しましたので、短い時間でしたが、交流会も行いました。 参加してくれた学生の方、 OBOG の方、ありがとうございました。 講義の内容、終了後にいただいた質問に対する回答、および、補足を簡単に記載させていただきます。 ● 講義内容 基本的な構成は昨年と同じで、最先端技術の動向を、特許情報と投資情報の、いわゆる 「エッジ情報」 をもとに、知っていただく形にしました...
Add a comment...

Post has attachment

Post has attachment
米国の減税政策と「ラッファー」~発明塾第397回/発明塾投資部第27回
今回の投資部の討議では、論文情報などアカデミック寄りの活動も分析対象に取り入れました。 討議のプロセスは、別途小塚さんに整理していただける予定です。 今後も、多様な情報源について、それぞれの特徴を踏まえた分析に取り組んでいきたいと考えています。 ご協力を、お願いします。 さて、発明塾は、 「成果を出しながら、様々なことを学び、全員が成長する」 ことを、原則にしています。 投資のための情報分析を加えたことで、経済学などを取り入れることができるのが、大きなメリットだと、僕は以前から考えていました。 (工学部の学生...
Add a comment...

Post has attachment
産学連携/アライアンスと「発明力」~原理原則に遡り「要素技術」を深堀する(発明塾第396回/第395回:投資部第26回)
参加メンバーの都合で、発明塾/投資部を連続で開催したため、報告もまとめて、にて失礼します。 投資部の方では、 「歯科分野」 の急成長企業について討議しました。データ/AIの活用などで、今後も大きな変化が訪れる分野だと、予想しました。 今後も、急成長分野、および、急成長企業がフォーカスしている 「課題」 について、討議を行っていきましょう。 発明塾の討議では、今回特に、僕の口癖である 「原理原則(Principle)」 が問われたのではないでしょうか。 原理原則に立ち返らないと、どうしても、 ・小手先の発明 ・...
Add a comment...

Post has attachment

Post has attachment

Post has attachment
10月11日京都大学機械系「ものつくりセミナー」でお会いしましょう~ 発明塾第395回/第394回(投資部第26回)
投資部ご出席の皆さん、および、発明塾での討議出席の皆さん、それぞれお疲れ様でした。 投資部では、日本の「介護福祉」関係の、ユニークかつ大きな成長が見込める企業について、討議できました。 また、発明塾でのアイデア討議は、 課題解決思考(2) で繰り返し紹介している通り、まず 「技術進化の流れ」 を整理することが、アイデアを生み出すために非常に有効であることが、改めて確認できました。どのような 「流れ」 があると捉えたか、自分なりに整理しておきましょう。 ● 今年も「ものつくりセミナー」で講義を行います 塾生さん...
Add a comment...

Post has attachment
【投資部】9月3日 リアル開催&OBOG会開催のお知らせ(新規参加/見学希望募集)
前回7月23日に引き続き、またもやショートノ—ティスで失礼します。 以下、簡潔に。 ● 隔週で遠隔開催している「発明塾投資部」の リアル開催です。 ● 9月3日(日)15:00-18:00 開催です 。 ● 今回は、渋谷駅付近(東京)の会議室を押さえています。セキュリテ ィーの問題があるため、会議室の場所詳細と入場方法は、 参加者に別途連絡させていただきます。 ●  参加費は無料です。   (PC持参以外のご準備は不要ですの、お気軽にお申し込みを)  ●  投資初心者でも問題ございませんし、投資経験者も歓迎し...
Add a comment...

Post has attachment
「言葉」と「リズム」の力~教材改訂で思ったこと
私はもともと、あまり人付き合いはよい方ではありませんが、特にこの3年ほど、 本当に人付き合いがよくありませんでした。 その理由の一つが、弊社教材( e発明塾 )の改訂です。 教材をゼロから作るという作業自体は、以前からご紹介している通り、 大学時代にかなり経験しましたので、苦になりません。 (むしろ、作品の完成度が高まることを実感できるという意味で、楽しい作業でもあります) 企業内発明塾等の合間を縫っての作業となるため、短いものでも3か月、長いものでは 1年半近い期間をかけて、改訂を行っています。 丁度先日も...
Add a comment...

Post has attachment
「キャリア」ではなく「死ぬまでに何をしたいか」で考えて欲しい ~ 発明塾第394回
今回は、アイデアコンテストの説明と、既に最終段階に入っている発明提案書の仕上げ作業を行いました。 発明提案書は既に仕上げてもらっていますので、僕の方で、校正確認を行って、提出しておきます。 お疲れさんでした。 今回の発明の経緯を、是非振り返って、自分なりの方法を確立する一助にしてほしいと思います。 さて、今週はたまたま、外出続きだったため、その間に考えたことの一つを備忘録代わりに記載しておきます。 ● 働く場所(企業や組織)、あるいは、何をするか、を決める基準について 以前も言ったかもしれませんが、僕は自発的...
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded