この文章は日本語版ウィキペディアにかかわる人に宛てたものです。それ以外の人は無視してください。
----
ウィキペディア日本語版に対する考え

つい最近、ある件について、とても残念な反応をもらったので、長文を一般公開できるようGoogle+に書きます。コメントは、このコメント欄か、Twitterまで。ウィキペディアの会話ページはちょっと遠慮させてください。ぐだぐだ書きなので、わかりにくいかも。事実誤認があったら、指摘してくれると助かります。

それは、「とある人がウィキペディアの運営会社について日弁連に申し立てを行った」とされる件です。そもそも日本でウィキペディアの運営にかかわる法人は存在しない、ましてや私的な企業ではないので、この記事はどうもおかしい。この件を受けて、僕は日弁連に電話し、その記事を書いた新聞社にもメールを送りました。どちらも、十分な返事はありませんでした。まあ、それは仕方ない。

ところが、それをTwitter上で話題にすると、一部から「なんかあるまで放置で良い。法的なことなら財団が処理することになるから」と言われました。これはとても残念に思いました。

ウィキペディアに関する話題って自分たちのことなんじゃないんだっけ? どうしてそれを放置できるの?

そもそも法的な問題を財団に依存するのは、あくまで自分たちで問題を処理できるようになってからです。自分たちの問題を自分たちで解決できるからこそ、財団が肩代わりしてくれる価値が出るのです。何もかもおんぶに抱っこであれば、それは単なる子分に過ぎません。ウィキペディアの運営をコミュニティに任せるって、そういうことなんだっけ? 正直、ここ数年、こういう反応をもらうのは、その度に残念に思ってきました。

日本語版ウィキペディアは、正直言って、こういう外とのコミュニケーションが本当に苦手です。ウィキペディア内で起こったトラブルの解決にはみなさん非常にがんばっているし、警察周りで動いている人もいるのも知っています。でも、その外で起こったことについては、なぜか皆さん何もしません。

そのために、いろいろな誤解や軋轢が起きています。クラシック・ジャーナルという雑誌でウィキペディアの間違いを募集するという企画があったり、某雑誌で「ウィキナオシ」なる企画があったりしますが、それだって、日頃からウィキペディアに関する誤解を説いて、そういう人たちにもっとウィキペディアに参加してもらえていれば、起きなかったものです。僕は目の前で「ウィキペディアって、嘘ばっかり書いているところでしょ?」なんて言われたこともあります。

そういうことって、皆さん、悔しいと思わないのですかね? こういう評判をどうやって修正していったらいいか、考えることはしないのですかね?

そういうことが僕はいやなので、2006年からウィキマニア報告会をしたり、ウィキメディアカンファレンスを企画したりしました。その後、関西と北海道に小さいながらも組織ができたことはうれしく思っています。

でも、残念ながら、両組織ともこういう問題を自主的に解決したり、誤解を解くようなことはしていないようです。

なぜみんなこういう問題解決を嫌がるのか。どうして誤解を誤解のまま放置しているのか。

みなさん、なぜなんでしょうか? 自分たちの目指すところは、どこなんでしょうか? 評判の悪い百科事典を作るのが目的なんでしょうか?
Shared publicly