Profile cover photo
Profile photo
長谷川恵子
2 followers
2 followers
About
Posts

Post has attachment
夕暮れ間近の関内。湿度の高い日は、木々がうれしそうです。 (関内<かんない>という地域名の由来:江戸幕府が横浜を開港した時、隣町の神奈川宿(寒村だった横浜村よりずっと栄えていた)に外国人を入れないために、間を流れる吉田川の上に橋をかけ、そこに「関門」という関所に似たものを設けていました。その横浜側の地域を「関内」と呼んだのが始まりだそうです。現在は、川は埋められ、橋も道路と一体化して、当時の面影はありません。) 本郷台あたりの夕焼け。薔薇色の雲がきれいでした。…

Post has attachment
私は昔、兄から譲られた太宰治全集を、「やっぱりいい」と返したことがあります。 中学の時に読んだ『斜陽』(十四かそこらで内容が理解できていたと思えませんが)に始まり、『女生徒』やら、一時期は熱心に読んでいました。 が、いつの頃からか、本棚にどーんと並んだ函入りの太宰治全集から「女々しいオーラ」が漂ってくるように感じて、持っているのがイヤになってしまったのです。…

Post has attachment
ある日の元町商店街の夜。 メインストリートのお店は閉店が早く、7時台ですでに静かです。 昼間とは違う、もうひとつの顔。 なつかしのハマトラ御三家のひとつ、フクゾー洋品店。 1枚目と反対方向。つきあたりまで歩いて右折するとみなとみらい線の駅です。 こんな元町商店街に、にぎやかな一夜が訪れるらしい、というお話。 横浜開港155周年を記念して、5月31日(土)・6月1日(日)の2日間「元町サンクスデイズ」というイベントが行われ、5月31日は、店舗の営業も歩行者天国も9時まで続くそうです。…

Post has attachment
タクシーには進んで乗らないほうです。 先日、必要に迫られて久しぶりに利用した時のこと。 乗り場に待機していた車に乗り込むと、運転席には、恰幅のいい、コワモテの男性。 声をかけてもなかなか気づかず、行先を告げても無言のままで発進するようすに、「ハズレ」という言葉が頭をよぎります。し~んとした車内で「やっぱりタクシーは苦手」などと思いかけたところで、はっと我に返りました。 「(イヤだけど)しかたないから乗ろう」→「ハズレだ」→「やっぱり苦手」、この負の思考の連鎖を断ち切ってみよう。…

Post has attachment
咲き誇る:花が誇らしげに咲く。美しく盛んに咲く。見事に咲いた花なら、一輪だけの場合でも。 咲き揃う:花が全部咲く。一斉に咲く。多くの花、あるいは、多種類の花が同時に咲いているようす。 咲きこぼれる:花があふれるほどに咲く。 咲き乱れる:花が盛んに咲く。いろいろな花が入り乱れたように咲く。 山下公園の薔薇は、今が満開です。 満開:花が十分に開くこと。一輪だけの花の場合ではなく、多くの花が十分に開いている場合に用いる。 ※広辞苑第五版と類語例解辞典を参考にしました

Post has attachment
お皿の上にきつねのお面? いえいえ、手のひらほどもある、おせんべいです。 昨日は、月に一度、日本筆跡学院の世田谷本校の研究科で学ぶ日。休憩時間のおやつで出していただきました。 学院長の故郷、京都伏見の伏見稲荷大社の参道で売られているそうです。関東の瓦せんべいと似ていますが、それより少し薄く、甘味もさっぱりと軽い感じです。 学院長によれば、関西でおせんべいと呼ぶのは、こういう小麦粉でつくったものなのだそう。 えっ。では、関東人がふつうに「おせんべい」と言っている醤油味や塩味の丸いものは何なのですか?…

Post has attachment
昔ながらのはたきを使っています。 白木屋傳兵衛製の、羽二重正絹はたき。やわらかな生地で気軽に洗濯もできる優れモノです。柄は煤竹。渋いです。 これが、ちょっと高い所や、小物を置いた机などのホコリをはらうのに、実に具合がいいのです。 本棚でも大活躍です。本を傷めることなく、隙間もきれいにおそうじできます。 はたきで思い出すのが、近所の本屋さんで毎日のように立ち読みしていた中学生時代。 行けば必ずはたきを持ったおじさんが近づいてきて、棚を無言でパタパタとはたかれました。…

Post has attachment
みなさま、連休はいかがお過ごしでしたか? なんて今頃書いているのは、ボケている証拠ですねぇ。 私は平日も休日もあまり関係なく生きていますので、今年もあまり実感がなかったです。 例によって、地元の神社仏閣にお参りしたり、 コメダ珈琲でくつろいで、あまり必要でないかもしれない豆知識を得たり、 連休が明けてからは実家の留守番要員として駆り出されました。 庭の芍薬が咲きはじめていました。 もちろんお仕事もしていましたよ。 本も何冊か読みました。…

Post has attachment
金曜日、ザ・ビューティフル<英国の唯美主義1860-1900>@三菱一号館美術館の会場で、なつかしい名前を見つけました。 イギリスの画家、ケイト・グリーナウェイのタイル絵が展示されていたのです。 ケイト・グリーナウェイと出会ったのはもう遠い昔。数えきれないほど読み返した「マザーグースの絵本」という本の、愛らしい挿絵を描いていたのがこの人でした。 帰宅してから、本棚の奥から取り出してみました。…

Post has attachment
某ペットショップにて。
Wait while more posts are being loaded