Profile cover photo
Profile photo
小松一也
1 follower
1 follower
About
一也's posts

Post has attachment
4月は忙しい
4月はいろいろと忙しい。ほんまにありがたいことです。 ちょこっとレポートを。 4月15日、16日は北新地グリーンフォークにて、殿村ゆたか劇場「カウンター」に呼んでいただきました。前半35分のお芝居は平本茜子さん作演出の「カウンター」。殿村さんと浅雛拓さんと西原希蓉美さんが演じる。前半のちょっとコミカルな感じが後半一気にシリアスな雰囲気に変わる。狂気ともいえるような結末だけど、ピュアな心の人達が引き起こした悲劇。びっくりするような急展開だけど短編のお芝居の醍醐味ですね。 後半30分は西原希蓉美さんの歌謡ショー。...

Post has attachment
4月は忙しい
4月はいろいろと忙しい。ほんまにありがたいことです。 ちょこっとレポートを。 4月15日、16日は北新地グリーンフォークにて、殿村ゆたか劇場「カウンター」に呼んでいただきました。前半35分のお芝居は平本茜子さん作演出の「カウンター」。殿村さんと浅雛拓さんと西原希蓉美さんが演じる。前半のちょっとコミカルな感じが後半一気にシリアスな雰囲気に変わる。狂気ともいえるような結末だけど、ピュアな心の人達が引き起こした悲劇。びっくりするような急展開だけど短編のお芝居の醍醐味ですね。 後半30分は西原希蓉美さんの歌謡ショー。...

Post has attachment
「五感をさする vol.1」終了しました
4月8日(土)、「五感をさする vol.1」(四貫島PORTにて)終了しました。 雨の中、来てくださった皆様、ほんとにありがとうございました。暖かい空間にしていただけて感謝してます。 今更ですが、ちょっとだけレポートを。 18時開場なのですが、その前からお客さんがチラホラ。開場時間を決めていても入れるんですよね。このユルさはいい感じです。 19時からはライブが始まりました。1組目は誠司さんの二胡演奏。 衣装に着替えて気合入ってます。 目の前に劇団超人予備校の役者、鉄平さんが座っていて、しゃべることにいちいち受...

Post has attachment
夕暮れ
前回、「生活の柄」について書いたけど、もう一つ、高田渡の曲で好きな曲がある。 「夕暮れ」という曲。これは詩人の黒田三郎が書いた詩を歌えるように少し変えたもの。 まず黒田三郎の書いた詩を見てみよう。 夕暮れ 夕暮れの街で   僕は見る   自分の場所からはみ出てしまった   多くのひとびとを   夕暮れのビヤホールで   彼はひとり   一杯のジョッキをまえに   斜めに座る   彼の目が   この世の誰とも交わらない   彼は自分の場所をえらぶ   そうやってたかだか三十分か一時間   夕暮れのパチンコ屋で ...

Post has attachment
生活の柄
「生活の柄」という歌がある。高田渡の代表曲。 この曲を初めて聴いたのは、大工哲弘の「ジンターナショナル」に収録されたもの。 三線で朴訥に歌う。このディスクの中でもすごく光っているところで、1つ目のハイライト部分。それで原曲を調べると高田渡に行き当たった。 歌詞は山之口獏という沖縄出身の現代詩人が書いたものを元に歌いやすくしたもの。    歩き疲れては    夜空と陸との 隙間にもぐりこんで    草に埋れては 寝たのです    処かまわず寝たのです    歩き疲れては    草に埋れて寝たのです    歩き疲...

Post has attachment
沖縄
三線を買いに行った20代前半、沖縄音楽ブームがありました。もちろん僕の中だけですよ。そのときから買い集めたCDをざっと見てみよう。 ネーネーズ「IKAWU」 これはメジャーデビュー前のCD。1991年、ディスクアカバナーからリリース。「月ぬ美しゃ」で心を鷲掴みされるぞ。ご注意。メンバーが民謡界出身者のみで構成されている。今はポップス畑の人もいるらしい。というか初期メンバーは1人もいない??? このCD、誰かに貸したまま返ってきてない。貸した誰か、返して〜! 知名定男「島うた」 ネーネーズのプロデューサーである...

Post has attachment
おはなしえん春編1回目終了しました
おはなしえん春編の第1回目(3月12日)が終わりました。 来ていただいた皆様、ありがとうございました。 今回は、台本が早めに出来ていたにもかかわらず、仕上がりが遅くてハラハラしました。 音楽もほとんど合わせていません。合同稽古の時にやったぐらいです。 出演者の人たちはお仕事が忙しいので、こういう演劇やイベントと掛け持ちするのは、なかなか大変です。いうまでもなく僕だけは相変わらずヒマでしたが。。。 そうそう、この前観に行った、ステージタイガーの「ダイバーシティ」もそういうことをテーマの1つにしていました。ステー...

Post has attachment
おはなしえん春編1回目終了しました
おはなしえん春編の第1回目(3月12日)が終わりました。 来ていただいた皆様、ありがとうございました。 今回は、台本が早めに出来ていたにもかかわらず、仕上がりが遅くてハラハラしました。 音楽もほとんど合わせていません。合同稽古の時にやったぐらいです。 出演者の人たちはお仕事が忙しいので、こういう演劇やイベントと掛け持ちするのは、なかなか大変です。いうまでもなく僕だけは相変わらずヒマでしたが。。。 そうそう、この前観に行った、ステージタイガーの「ダイバーシティ」もそういうことをテーマの1つにしていました。ステー...

Post has attachment
三線
20代の頃に手に入れた三線。 ニシキヘビの本革のものは鱗がなんとなく気持ち悪くてビニールの偽革のやつ。当時、普通の楽器屋では売っていなくて、わざわざ沖縄まで買いに行った。お土産やさんで売ってる安いやつより1ランク(ぐらい?)上のちゃんとしたやつ。三線屋では一番安かった。(沖縄は普通の楽器屋の他に三線を専門に扱う三線屋がある。それも結構な数ある。) 三線屋さんでお菓子(アメリカのお菓子でした)をいただきながらいろいろと教えてもらっていると、店にはいろんな人が寄っていく。だいたいは地元の人。その日は民謡コンクール...

Post has attachment
流動体について
今日はいい日だった。 朝、メールを見ると「ペンギンは空をめざす」の第6話が。今度の「おはなしえん」の演目。それにこれから音楽をつける。わくわくするような仕事。 電車に乗っているときに読んでいる「月刊佐藤純子」。震災の後のことを描いた漫画が載っていて、そのときのいろいろな思いに感動。いつものような、なんでもない事を愛おしく思う内容に感動。 その後CDショップを冷やかしに。 小沢健二ニューシングル「流動体について」。 理科系的なタイトル。なんと19年ぶり。 サイズが昔のドーナツ盤ぐらいのサイズなので、CDなのかア...
Wait while more posts are being loaded