今日は比較的のんびりとした1日で、これまでに溜め込んでいたペーパーワークなどを一気に処理することが出来ました。

打ち上げまで1年を切ってくると、訓練以外にも様々な準備を始める必要があります。
その一つに、宇宙食の選定があるのですが、そのNASA側の担当者との打ち合わせが今日ありました。

宇宙食はスタンダードメニューと呼ばれる標準食に加えて、各クルーメンバーが9箱ずつ中身を選べるCrew Specific Menu(個別メニュー)があります。
日本人宇宙飛行士の場合、標準食はアメリカの食事になるので、私はこの9箱の個別メニューに関しては、8箱を日本食、残り1箱をロシアの宇宙食を持っていくことにしました。
このあたりは本当にクルーによってまちまちで、バラエティ豊かに色々な組み合わせで持っていく人もいれば、とにかく自分の好きなものを9箱に詰めて持っていく人などなど。

8箱の日本食に関しては、もうずっと前からJAXAの担当者が手配を始めてくれているので、もう第1便がここヒューストンに到着しています。
その中身に関しては、私が試食して特に美味しいと感じたものを、担当の方がバランス良く詰めてくれています。
もちろん、「これは多めに」とリクエストしたこだわりのメニューもあります。

残りの1箱、ロシアの宇宙食についても、今日の打ち合わせでどのメニューをどれくらい持っていくかを決めました。
これは、以前に星の街で試食した際につけた採点表を元に、満点の9点を獲得したメニューで固めてあります。
中でも若田さんも古川さんも大絶賛していたロシアのトヴァロークと呼ばれるコテージチーズについては、1箱のうち半分をそれにしてもらうようお願いしました。
そして残りの半分を、他の9点獲得メニューの中から適当に選んでもらうことにしました。
何せ、9点獲得メニューの点数が多いので、恐らく全種類搭載することは出来ないでしょう。

さらに、飲み物についても希望を聞いてもらえました。
コーヒー・お茶の中から、1日につき3杯分自分で選べるようになっているのです。
例えばコーヒーなら、ブラック、砂糖入り、砂糖・クリーム入りなどを選べますし、お茶なら緑茶、紅茶、レモンティー、砂糖有り無しなどを選べます。
これは結構迷いましたね。
私は元々コーヒーは大好きで毎日飲みますが、お茶も好きです。
迷った挙句、午前と午後に1杯ずつということで、コーヒーを1日2杯、お茶を1杯という内訳にして、お茶に関しては緑茶と紅茶とレモンティーを日替わりで飲めるようにしてもらいました。

決めるに当たっては、オフィスで隣の席に座っている、超ベテランのジェフ・ウィリアムズ飛行士にも相談しました。
彼とは、第48次長期滞在で一緒にISSに滞在する予定です。
既に長期滞在を2度経験しているので、色々な面で貴重なアドバイスをもらうことが出来ます。

ジェフ「おれはコーヒーに目がなくてな。コーヒーがなくなると機嫌が悪くなるんだ」

私「はあ、そうですか。。。(´・ω・|||) (絶対きらさないようにしよう)」

食事にしても、飲み物にしても、納得のいくセレクションが出来たのではと、自己満足しています。
元々、そこまで飲食にこだわりがある方でもありませんし。
あ、食べるのは大好きですよ。
ただ、大概のものは美味しく食べられるので、「これがないとダメ!」という事態にはならないと思います。
でもジェフ曰く、「宇宙に行って、味覚がすっかり変わることもある」らしいので、こればっかりは行ってみないとわからない、ということですね。
そういう変化も、楽しみの1つです。

最後に、先日ISSにドッキングしたHTV5号機の写真を2枚、お届けします。
とっても綺麗だと思いませんか??
光を反射して金色に輝いている様は、まさに油井さんの言う「Golden treasure box」と呼ぶに相応しいですね(^^)

それでは皆さん、どうぞよい週末を♪
Photo
Photo
2015-08-28
2 Photos - View album
Shared publiclyView activity