Profile cover photo
Profile photo
asianpin_jp
11 followers -
the best kpop entertainment news in Japan!
the best kpop entertainment news in Japan!

11 followers
About
asianpin_jp's posts

Post has attachment
KARAハラ、ペ・ヨンジュン、キム・スヒョンらの所属事務所キーイーストと「協議中」。

ガールズグループKARAのメンバー、ク・ハラが現事務所DSPメディアとの契約が満了となるのに伴って、キーイーストと協議中であると報じられた。これに対しキーイースト側は「協議中ではあるが、契約確定ではない」とコメントしている。
KARAのメンバー、ハラ、スンヨン、ギュリの3人は2月にDSPメディアとの契約が満了となる。3人のうちハラが、ペ・ヨンジュンの所属事務所であるキーイーストと協議中であると報じられていて、キーイーストへの移籍が噂されている。
2007年にデビューしたKARAはKpopブームをけん引してきたガールズグループで日本での活動も盛んに行ってきた。ハラは2008年にKARAに加入、音楽活動のほか、バラエティタレントとして『青春不敗』や『拳を握って少林寺』などに出演するほか、ドラマ『シティハンター in Seoul』にも出演している。
今回キーイーストとの接触が明らかになり、ハラは今後女優として活動していくのではと注目されている。
キーイーストは、ペ・ヨンジュン、キム・スヒョン、キム・ヒョンジュン、チュ・ジフン、ソ・イヒョン、ハン・イェスルら主に俳優が所属する事務所である。

http://jp.asianpin.com/kara%e3%83%8f%e3%83%a9%e3%80%81%e3%83%9a%e3%83%bb%e3%83%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%b3%e3%80%81%e3%82%ad%e3%83%a0%e3%83%bb%e3%82%b9%e3%83%92%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%82%89%e3%81%ae%e6%89%80/

Post has attachment
キム・ソンリョン、『ミセス・コップ2』にキャスティング。シーズン制ドラマの新しいヒロインに。

キム・ヒエ主演で放送され、人気を得た『ミセス・コップ』がシーズン制ドラマになって再登場。新しいヒロインに、『野王』や『女王の花』で「第二の全盛期」を得ているキム・ソンリョンがキャスティングされた。
『ミセス・コップ』は、2015年8月にSBSで放送されたミニシリーズ。キム・ヒエが『仕事は100点、ママは0点』の強行犯係のチーム長であるシングルマザーの刑事を演じたドラマ。キム・ヒエの体当たりの演技が話題になり、人気を得た。
『ミセス・コップ2』はSBS地上波では初となるシーズン制ドラマとして再スタート。海外ドラマや映画の007シリーズのように全体のフォーマットと大まかなストーリーを維持しながら新しい人物を介してシリーズを形成していくという。
キム・ソンリョンのキャスティングに関して制作側は「キム・ソンリョンは2014年の映画『標的』で刑事役を演じ視聴者に深い共感を与えていることもあり『ミセス・コップ2』のヒロイン、ユンジョン役に最適の俳優である。また30~40代の男性から最も魅力的な女優といわれ、女性からも『歳をとるほど、より美しくなる代表的な女性』という評価を聞いているだけに、活発でありながら魅力的で美しい女性刑事を作り上げていくと確信している」とコメントしている。
『ミセス・コップ2』は、現在放送中の『恋人がいます』の後続として3月5日から土・日曜日の夜9時55分に韓国SBSで放送される。

http://jp.asianpin.com/%e3%82%ad%e3%83%a0%e3%83%bb%e3%82%bd%e3%83%b3%e3%83%aa%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%80%81%e3%80%8e%e3%83%9f%e3%82%bb%e3%82%b9%e3%83%bb%e3%82%b3%e3%83%83%e3%83%972%e3%80%8f%e3%81%ab%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%82%b9/

Post has attachment
1月3日はAOAソリョンの誕生日。バラエティ、ドラマ、映画へとマルチに活躍するナチュラルな天使!


1月3日は、AOAのソリョンの誕生日。1995年生まれなので満21歳になった。ソリョンは、ガールズグループ「AOA」のメンバーとして活動する一方、女優として、またバラエティタレントとしてもマルチに活躍している。
AOAとしてデビューしたのは2012年の7月だが、ソリョンはその少し前に所属事務所の先輩グループであるFTISLANDの「ものすごく」のMVにヒロインとして出演しているので、ある意味、女優としてのデビューが先だといえる。
AOAとしてデビューしてからもKBSの『いとしのソヨン』、SBSの『おバカちゃん注意報』などのドラマに出演、女優としてもキャリアを積んできた。
2013年の「揺れる」の大ヒットをきっかけに急上昇、今やガールズグループのトップに立つ人気を得たAOAだが、2015年はソリョンにとって飛躍の年になった。
イ・ミンホ主演の映画『江南ブルース』に出演、各映画賞で新人女優賞を受賞、KBSのドラマ『オレンジマーマレード』ではヒロインを演じ、ヨ・ジング、CNBLUEのイ・ジョンヒョンらと共演、KBS演技大賞で女性人気賞を受賞した。
また、KBSの仮想家族バラエティ『勇敢な家族』に出演し、カンボジア、ラオスで仮想家族生活体験を披露。ノーメイク姿や自然な振る舞いに注目が集まった。この人気に対してKBS芸能大賞では女性新人賞を受賞。演技大賞とダブル受賞となった。
『江南ブルース』のユ・ハ監督がソリョンをキャスティングした理由のひとつが「整形していないナチュラルな顔立ち」と話していたが、顔立ちだけでなく、たたずまいにも「ナチュラルさ」を感じさせる魅力を持つソリョン。演技もするアイドル「演技ドル」として、「次世代のスジ(missA)、IU」とも呼ばれることがあるが、バラエティタレントとして評価されているという点で彼女たちより広い活躍が期待される。
2016年はソル・ギョング、キム・ナムギルと共演する映画『殺人者の記憶法』にキャスティングされている。AOAの活躍とともに、女優、タレントとしてもさらなる活躍が期待される年になりそうだ。

http://jp.asianpin.com/1%e6%9c%883%e6%97%a5%e3%81%afaoa%e3%82%bd%e3%83%aa%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%81%ae%e8%aa%95%e7%94%9f%e6%97%a5%e3%80%82%e3%83%90%e3%83%a9%e3%82%a8%e3%83%86%e3%82%a3%e3%80%81%e3%83%89%e3%83%a9%e3%83%9e/

Post has attachment
『応答せよ』でも先輩後輩。ソ・イングク、パク・ボゴムのホットなツーショット。

ソ・イングクとパク・ボゴムのホットなツーショットがインスタグラムに公開された。
1日、所属事務所であるJellyfishエンターテインメントの公式インスタグラムを通じて公開された写真には「ソ・イングクとパク・ボゴム、写真を見て言葉を失ってしまった」というコメントが。
写真は31日に行われた『2015KBS演技大賞』のバックステージの一コマ。ふたりはKBSドラマ『君を覚えている』で共演している。
歌手としてデビューしたソ・イングクはtvNのドラマ『応答せよ1997』に出演して俳優としても人気を得ており昨年も『高校世渡り王』(tvN)、『王の顔』(KBS)に出演している。また、パク・ボゴムは現在放送中の『応答せよ1988』に出演、人気上昇中の俳優。KBSの音楽番組『ミュージックバンク』ではRedvelvetのアイリーンと共にMCを務めている。
31日に放送された『2015KBS演技大賞』では、パク・ボゴムはMCを務めたほか、助演男優賞、男性人気賞の2冠を獲得した。

http://jp.asianpin.com/%e3%80%8e%e5%bf%9c%e7%ad%94%e3%81%9b%e3%82%88%e3%80%8f%e3%81%a7%e3%82%82%e5%85%88%e8%bc%a9%e5%be%8c%e8%bc%a9%e3%80%82%e3%82%bd%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%af%e3%80%81%e3%83%91%e3%82%af/

Post has attachment
ユ・スンホ、パク・ボゴム、ソ・ガンジュン。ドラマ界をけん引する「93年生まれ」の男たち。



ユ・スンホ、パク・ボゴム、ソ・ガンジュン。いずれも93年生まれだ。彼らのテレビドラマでの活躍が注目されている。
子役としてデビュー、「国民の弟」と呼ばれたユ・スンホは93年8月17日生まれ。軍隊へ行ってきたあと「男」の魅力を漂わせて帰ってきた。2014年の除隊後、続けて三作に出演するなど、目覚ましい活躍を見せている。MBCエブリワン『想像猫」SBS『リメンバー』、さらに映画『朝鮮魔術師』に出演、まるで活動から離れていた時間を埋めるように休みなく演技を続けている。
とくに『リメンバー』では過度に記憶する資質を持っているがゆえに弁護士になった青年が、アルツハイマーに侵され記憶を蝕まれていく父親を救うために奔走するという難解な役柄を演じ、そうそうたる中堅俳優たちとの演技対決にも負けない演技力を見せており、評価を受けている。
パク・ボゴムは93年6月16日生まれ。現在放送中のtvNドラマ『応答せよ1988』に出演して大きな注目を浴びている。Girl’s Dayのヘリが演じるヒロイン、ドクソンに片思いする天才棋士チェテク役を熱演、ストレートな愛の表現に女心を惹きつけている。『応答せよ』の以前に、『のだめカンタービレ』の韓国ドラマ版『ネイルカンタービレ』に韓国オリジナルキャラクターであるチェリストのイ・ユヌ役で出演しているが、『応答せよ』への出演はドラマの人気と共に彼の人気も押し上げている。
また、KBS『ミュージックバンク』のMCも務めており、『2015KBS芸能大賞』では新人賞を受賞、また『2015KBS演技大賞』では、キム・スヒョン、タレントのチョン・ヒョヌと共にMCに抜擢された。
ソ・ガンジュンは93年10月12日生まれ。日本でも活動してる俳優のグループ「5prise(サプライズ)」のメンバーでもある。2014年に放送されたホームドラマ『家族なのにどうして』(KBS)に出演して注目を集め、現在は話題のドラマtvNの『チーズ・イン・ザ・トラップ』の放送を控えている。
ソ・ガンジュンはその製作発表会で、ユ・スンホ、パク・ボゴムと共に「93ライン」として注目されることについて聞かれた際、「彼らほど優秀ではないけれど、あえて言うなら『老け顔』であるということ。そのことで多くの役割を得ることができるという部分で強みだと思う」と話した。
『チーズ・イン・ザ・トラップ』は韓国で大人気を博したWEBコミックをドラマ化した作品。ソ・ガンジュンはかつて嘱望されるピアニストだったが、手のケガのため失業中というペク・インホ役を演じる。

http://jp.asianpin.com/%e3%83%a6%e3%83%bb%e3%82%b9%e3%83%b3%e3%83%9b%e3%80%81%e3%83%91%e3%82%af%e3%83%bb%e3%83%9c%e3%82%b4%e3%83%a0%e3%80%81%e3%82%bd%e3%83%bb%e3%82%ac%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%b3%e3%80%82%e3%83%89/

Post has attachment
『オー・マイ・ビーナス』で共演中。シン・ミナ&ソ・ジソプ、ツーショットで新年のあいさつ。

現在放送中のKBSドラマ『オー・マイ・ビーナス』で共演中のシン・ミナとソ・ジソプが、ツーショット写真を公開。新年のあいさつを伝えた。
31日に放送された「2015 KBS演技大賞」の現場で撮影した写真でソ・ジソプとシン・ミナは兄妹のような優しさを誇ってカメラに向かって微笑んでいる。
現在放映終了2回を控えたソ・ジソプとシン・ミナはドラマ撮影のために昼と夜の撮影に邁進している状態。二人は連休も返上してドラマの完成度を高めるために熱意を燃やしている状況である。
ソ・ジソプは「2016年きれいでセクシーな年になってほしいです」と『オー・マイ・ビーナス』のセリフを引用してセンスのある新年の挨拶を伝えた。
またシン・ミナは「『オー・マイ・ビーナス』を介して多くの愛を受けて一年を終えることができてうれしい」とし「ドラマのように、健康で、ヒーリングな新年になることを願い、また最後までドラマへの応援をお願いいたします」と伝えた。
製作会社側は「『オー・マイ・ビーナス』と2015年の終わりと2016年の新年のスタートを共に過ごしてくださる視聴者の皆さんに心から感謝の挨拶を伝える。放映終了2回を控えて完成度の高いドラマを作るために、残りの時間の間に最善を尽くしたい」と明らかにした。
『オー・マイ・ビーナス』は世界的に有名なイケメントレーナー(ソ・ジソブ) とプロポーションを崩して自信を失った女性弁護士(シン・ミナ) が運命的に出会い、ダイエットに挑戦して外見も心も癒やされていくヒーリング・ロマンチック・コメディ。現在韓国KBSで放送中だが、2016年春にCSチャンネル衛星劇場で放送予定である。

http://jp.asianpin.com/%e3%80%8e%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%bb%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%82%b9%e3%80%8f%e3%81%a7%e5%85%b1%e6%bc%94%e4%b8%ad%e3%80%82%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%83%9f%e3%83%8a/

Post has attachment
夢のキャスティング!カン・ドンウォン、イ・ビョンホン、キム・ウビン、映画『マスター』で共演

カン・ドンウォン、イ・ビョンホン、キム・ウビンが、映画『マスター』への出演を確定し、夢のキャスティングが実現する。
『マスター』は韓国最大規模の詐欺事件を巡り、犯人を追う知能犯罪捜査隊と、希代の詐欺師、そして彼のブレインの追撃を描いた犯罪娯楽アクション映画だ。2013年、洗練された演出力で観客と評論家から好評を受け、550万人の観客を動員し『監視者たち』のチョ・ウィソク監督が手がける、2作目の犯罪アクション映画として期待を高めている。
最近観客500万人を突破し“チェ輔祭”ブームを巻き起こした『黒い司祭たち』のカン・ドンウォンは、希代の詐欺事件を追う知能犯罪捜査隊のチーム長“キム・ジェミョン”役を務める。隙のない作戦で捜査を率いる知的で洗練されたカリスマ性、更には強い相手であればあるほど、より強固な姿勢で向かっていく猪突性と大胆性を備えたキム・ジェミョンに扮するカン・ドンウォンは、生涯初の刑事キャラクターを通じて新しい変身を披露すると期待を集めている。
徹底した計画と華やかな話術、完璧なネットワークで最大規模の詐欺事件を引き起こすウォンネットワークの“チン会長”役はイ・ビョンホンが務め、カン・ドンウォンと初めて共演する。最近の出演作『内部者たち』で見る者を圧倒させる演技力を再び証明したイ・ビョンホンは、特有の爆発的なエネルギーと強烈なカリスマ性で、カン・ドンウォンと激しく対立しながら映画をリードしていく。
生まれつきの頭脳とテクニックでウォンネットワークを育てた張本人であり、チン会長のブレインである“パク・チャングン”室長役としては、20代最高のスター俳優キム・ウビンが合流し『マスター』の華やかなキャスティングをさらに引き立てる。ウォンネットワークに対する捜査網が迫ってくると、警察とチン会長の間で葛藤することとなる“パク・チャングン”役のキム・ウビンは、ストーリーの緊張感と面白さを倍増させると見られる。
「マスター」は2016年上半期にクランクインする予定だ。

http://jp.asianpin.com/%e5%a4%a2%e3%81%ae%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%81%e3%82%ab%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%83%89%e3%83%b3%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%b3%e3%80%81%e3%82%a4%e3%83%bb%e3%83%93/

Post has attachment
パク・シネ、BEASTジュンヒョンと東京でデート? ツーショット写真公開「眉毛がないよ」

パク・シネがBEASTのメンバー、ヨン・ジュンヒョンと東京で会った、と自身のインスタグラムにツーショット写真を公開した。
日本で休暇を過ごしているパク・シネは、自身のインスタグラムを通じてその様子を公開しているが、26日にBEASTのヨン・ジュンヒョンと一緒に撮ったセルカを公開した。
「韓国でも会えない君に東京で会った」というコメントと共に4枚の写真が公開されているが、ふたりは眉毛に手をやっている。「まゆげがないよ~」というタグがつけられていて、ジュンヒョンが眉毛も金髪に染めていて、眉毛がないようにみえることから、そのポーズをしているようだ。
交友関係が広いことで有名なパク・シネだが、ジュンヒョンとも親しく交流しているようだ。
パク・シネは、映画『兄貴』(チョ・ジョンソク、EXO D.Oと共演)の撮影を終え、休暇中。新ドラマ『女チンピラ ヘジョン』への出演を検討中であると報じられている。
またジュンヒョンの所属するBEASTは、19日に幕張メッセイベントホールでジャパンツアーファイナルを行った。

http://jp.asianpin.com/%e3%83%91%e3%82%af%e3%83%bb%e3%82%b7%e3%83%8d%e3%80%81beast%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%b3%e3%83%92%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%81%a8%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e3%81%a7%e3%83%87%e3%83%bc%e3%83%88%e3%80%80%e3%83%84/

Post has attachment
パク・ボゴム、AOAソリョン、2015KBS芸能大賞で新人芸能賞受賞。

『2015KBS芸能大賞』で、パク・ボゴムとAOAのソリョンが新人芸能賞を受賞した。
26日KBS新館公開ホールから生放送された『2015KBS芸能大賞』で、AOAのソリョン、俳優のパク・ボゴムが新人賞を受賞した。
ソリョンは、仮想家族を通じて、外国の家族生活を体験するバラエティ『勇敢な家族』で、初のリアリティ番組に挑戦した。一方パク・ボゴムは、KBSの音楽番組『ミュージックバンク』のMCでの活躍が評価された。ほかに『カン・ホドンの芸・体・能』で活躍した俳優のイ・ジェユンも受賞した。
AOAのメンバーとして活動しているソリョンは、バラエティ、ドラマ、映画など幅広く活躍。KBSのドラマ『オレンジマーマレード』にも出演しており、演技大賞とのダブル受賞も注目される。
またパク・ボゴムは、現在tvNで放送中の『応答せよ1988』に出演中。番組の人気と共に注目を集めている。

http://jp.asianpin.com/%e3%83%91%e3%82%af%e3%83%bb%e3%83%9c%e3%82%b4%e3%83%a0%e3%80%81aoa%e3%82%bd%e3%83%aa%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%80%812015kbs%e8%8a%b8%e8%83%bd%e5%a4%a7%e8%b3%9e%e3%81%a7%e6%96%b0%e4%ba%ba%e8%8a%b8%e8%83%bd/

Post has attachment
『2015KBS演技大賞』、BTOBソンジェ&キム・ソヒョンがコラボステージを披露。

31日に放送される『KBS演技大賞』のラインナップが発表され、授賞式の祝賀公演で、BTOBのソンジェとキム・ソヒョンがコラボステージを披露することが分かった。
2人のステージは2部の冒頭、子役俳優キム・ヒャンギのスペシャルステージの後に披露される予定。ふたりは今年初夏に放送されたドラマ『Who are you ? ~学校2015』で息の合った演技を見せて人気を得た。
また、キム・ソヒョンは、KBSアナウンサー出身のチョン・ヒョンム、俳優パク・ボゴムと共にMCも務める。
『Who are you ? ~学校2015』は、1999年から断続的に放送されているドラマ『学校』シリーズの6作目。前作の『学校2013(原題:日本放送時『ゆれながら咲く花』)』ではキム・ウビン、イ・ジョンソクが出演して話題になるなど、過去の作品でも若手俳優の登竜門的に位置付けられているドラマ。
『Who are you ? ~学校2015』は、日本でも『恋するジェネレーション』というタイトルで2016年1月からDATVでの放送が予定されている。
『2015KBS演技大賞』は、12月31日夜8時30分からKBS別館公開ホールにて行われ、240分生放送される予定だ。

http://jp.asianpin.com/%e3%80%8e2015kbs%e6%bc%94%e6%8a%80%e5%a4%a7%e8%b3%9e%e3%80%8f%e3%80%81btob%e3%82%bd%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%82%a7%ef%bc%86%e3%82%ad%e3%83%a0%e3%83%bb%e3%82%bd%e3%83%92%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%81%8c%e3%82%b3/
Wait while more posts are being loaded