Profile cover photo
Profile photo
iTEM 東京事業所 株式会社アイテム
1 follower
1 follower
About
Posts

Post has attachment
センター試験廃止の目的は「日本の大学レベル向上」と「グローバル人材育成」
2020年、東京オリンピックが開催される年に大学入試センター試験が廃止され「大学入学共通テスト」が新たにスタートします。 廃止の理由や新しい試験の期待については、2015 年度名古屋大学学生論文コンテストで佳作をとった「 なぜセンター試験は廃止されるのか 大学入試改革について 」が参考になるので一読することをおすすめします。 ①センター試験の一発勝負に付随して起こる問題は何か、②受験では受験生の総合的な判断がなされるべきではないか、③今の受験勉強に何の問題があって、大学入試制度を変えることで高大接続がどのよう...

Post has attachment
『クレーム対応ドットコム』クレームを宝に変えるオウンドメディアをサポートしていきます!
写真右:株式会社C-SOS 代表取締役社長 地村健太郎 氏 写真左:株式会社C-SOS 取締役 友廣真也 氏 当サイト「スマートデバイスで仕事を変える!」を運営しているホームページ制作会社「株式会社アイテム 東京事業所」は、5月9日にオープンしたオウンドメディア『 クレーム対応ドットコム 』の運営をお手伝いすることになりました。 http://itemtokyo.tumblr.com/post/160252575185/クレーム対応ドットコム クレーム対応をビジネスにしているユニークな会社との出会い オウンド...

Post has attachment
「国産・快適・高品質の肌着/下着」気がつけば"グンゼ"、いつのまにか"GUNZE" 夏編
湿度が高くジメジメとした蒸し暑い夏。 冬は逆に乾燥して、喉にキツイし、空っ風が寒さを一層強調。 そう、日本の夏と冬は過ごしにくいのです。 肌着のセレクトで暑さ寒さを少しでも快適に ところで、必要以上に「暑い、暑い」や「寒い、寒い」を連呼している人って身近にいませんか? そういう方々の服装をよく観察してみると、「暑い」の人は、以外に薄着だし、「寒い」の人は、着ぶくれしていることが多いと思います。 一見、なぜ?と思うのですが、これは肌着の選択を誤っているからなのです。 スーツの下に着る襟付のシャツ(Yシャツ)は、...

Post has attachment
マスターテープの音が家庭で楽しめる?話題のハイレゾ32bit float音源を試聴!
ハイレゾもスペック戦争に突入か?32bitPCMの逆襲 つい最近まで、ハイレゾ音源の最高峰はDSDだと確信していましたが、ここにきてそれが揺らぎ始めてきました。というのも、ハイレゾでメジャーなPCM音源がハイスペック化して、とうとう32bit音源まで登場してきたからです。 ビット数が増えるほどダイナミックレンジが大きくなる ダイナミックレンジの事を詳しく説明すると、ちょっと複雑になりすぎるのでカンタンに説明しますとデジタル音源の場合、16bit、24bit、32bitをビット数が大きくなるほどダイナミックレン...

Post has attachment
「It's a Sony」おすすめのBluetoothスピーカーが「SRS-X1」一択の理由
SONYといえば「It's a Sony」 このキャッチフレーズはあまりにも有名ですが、当サイトは最近のSONYに大注目しています。 ソニーの業績が伸びている。2018年3月期は、本業のもうけを示す連結営業利益(米国会計基準)が5000億円程度と前期推定比で約8割増えそうだ。スマートフォン(スマホ)のカメラに使うCMOSセンサーなどエレクトロニクス事業の利益拡大がけん引し、過去最高を記録した1998年3月期(5257億円)に迫る。~日本経済新聞 SONY創業者の盛田昭夫氏はスティーブ・ジョブスに大きな影響を与...

Post has attachment
RAW現像・レタッチやPCオーディオに最適「中古格安デスクトップPC」を活用しよう!
ノートPCは、全世界で6.7%減の2億100万台、日本が15.1%減の940万台。デスクトップPCは、全世界が3.3%減の1億1,200万台、日本が24.4%減の325万台となった。~2015年度AV&IT機器世界需要動向調査-先進国~新興国の製品別市場分析及び需要見通し- パソコンが売れてませんね~。特に置き場所に困るデスクトップPCは、家庭では不人気のようで出荷台数が激減しているようです。 デスクトップPCは、まだまだ活用できる PCが売れなくなった理由は、携帯性に優れたスマートフォンやタブレットが高性能...

Post has attachment
スマホ時代だから"デジタル一眼レフ"で思い出に残る写真を撮ろう!
『スマホ時代だから"○○"しよう』第5弾です。 スマートフォンのカメラ機能がどんどん良くなるのに比例して、SNS利用率が増しています。特に写真を共有する「Instagram」は、ユーザー数が920万人(2015年9月)から1600万人(2016年12月)と急増。 *数字はfacebook発表 スマホで撮った写真をその場でアプリで編集して、これまたInstagramアプリでUP。便利でカンタン!すばらしいサービスです。 これでけ写真のシェアが増えているのであれば、デジカメ市場はさぞ賑わっていると思いきや... ...

Post has attachment
もはや比較不要!写真保存に最適なオンラインストレージは『Amazon プライム・フォト』
企業が経験したデータ・ストレージ問題が家庭でも発生 デジタル化の弊害はいくつかありますが、取り扱うデータの急増によるデータ・ストレージ問題がいよいよ一般の家庭でも顕在化してきました。 家庭で取り扱うメインのデータは、ビデオカメラで撮影した動画データ、スマホやデジタルカメラで撮影した写真データだと思います。 特に写真は、フィルムカメラの時代と違って枚数を気にすることなくバシャバシャと気軽に写真が撮れるので、ついつい枚数が増えてしまいます。 このグラフは、デジカメや携帯電話・スマホカメラの画素数と撮影した1枚アタ...

Post has attachment
タンブラーや加湿器など冬のおすすめアイテム!気がつけば『象印』いつのまにか『ZOJIRUSH』
地球温暖化が叫ばれていますが、2016年の1月は40年ぶりの大寒波襲来か?ではじまり、2017年も数年に一度の大寒波といわれる状況からスタートしました。 凍える寒さに強い味方のステンレス製魔法瓶 寒いときに外出すると暖かい飲み物が欲しくなりますが、自販機のホット飲料はすぐに冷めてしまうので、サーモス(THERMOS)を代表とするステンレス製魔法瓶の水筒にコーヒーや紅茶をいれて持ち歩く方も多いと思います。 いわゆる魔法瓶は、1904年にドイツのテルモス社(現:サーモス)が商品化に成功。昔のガラス製魔法瓶ですね。...

Post has attachment
ビジネスにも役立つ!著書「治るという前提でがんになった」と映画「オデッセイ」の共通点
ある日突然、自分が逃れようのない危機に陥ったとしたら、あたなはどう対応しますか? ・強烈なプレッシャーからパニックに陥り、逃げ出す。 ・冷静に状況を把握し、できることから対処していく。 「仮の問い」であれば、大半の方が後者の行動を取ると答えるでしょう。しかし、実際に危機に陥った場合は、大半の人がプレッシャーに押しつぶされ逃げ出してしまうと思います。予測していなかったこと、初めてのこと、ものすごく困難なことに対して恐怖するのは、人間なら当たり前です。 幻冬舎から出版された『 治るという前提でがんになった 情報戦...
Wait while more posts are being loaded