Profile cover photo
Profile photo
something _
1 follower -
I'm a japanese man in internet
I'm a japanese man in internet

1 follower
About
Posts

Post has attachment
東京都による「子供の声等に関する規制の見直し」についての幾つかの疑問と問題点
 先日、東京都が子供の声を「騒音」規制対象外にとする報道があり( 子どもの声を「騒音」規制対象外に 東京都が条例改正へ:朝日新聞デジタル )、東京都環境局でこれについてパブリックコメントを募集するとの知らせがあった( リンク )。合わせて提示された見直し案を読んだところいくつか疑問と問題があるように思ったのでそれを記したい。 ・日程の問題 まず性急に見える日程について。朝日の報道によると2月の都議会で提案の予定とある。これが事実であれば、1月13日提出期限のパブリックコメントも形式的なものに過ぎないという印象...
Add a comment...

Post has attachment
「無責任化」する保育事業主
平成26年10月24日(金)に行われた第19回子ども・子育て会議( リンク )の議事録では駒崎氏のみが子供の騒音について言及しているようだった。これも 前回 と同様引用して私見を述べてみたい。 駒崎委員: そして、認定こども園という問題に直接かかわりつつ、また認定こども園だけでなく多くの保育所、幼稚園にかかわることですけれども、前回も提起させていただきましたが、騒音問題に関してぜひ御検討いただきたいということを重ねて申し上げたいと思っております。 実
は、今、複数の基礎自治体の方とお話ししていく中で、保育課の...
Add a comment...

Post has attachment
[マスク等で口を封じて遊ぶサイレントキッズ
「子どもが遊ぶ声がうるさい」との苦情を受けて「声を出さない」ようにマスク等で口を封じて遊ぶサイレントキッズの姿。その光景は怖いものがあるが、こうしたクレームへの過剰反応を見て、何の痛痒も感じない「大人」が増えていることがピンチだと思う。 — 保坂展人 (@hosakanobuto) 2012, 8月 25
Add a comment...

Post has attachment
「子供の騒音」について当事者である保育事業関係者はどう考えているか
平成26年9月17日に行われた、第18回子ども・子育て会議の議事録が公開になっていた。( リンク )「子供の騒音」についても話題になったようなので該当部分を引用して私見を述べてみたい。彼らの意見が保育事業者や保育に関心のあるマスコミの総意とは思わないが、何を考えているかの一助にはなると思う。引用した委員は以下の通りである。肩書きは子ども・子育て会議にある「委員一覧」のものを使用した。駒崎、山口氏は保育所の経営者でもある。榊原氏は子育てや幼児教育に継続的に取り組んでいる記者のようである。 (NPO法人全国小規模...
Add a comment...

Post has attachment
議事録に見る「子供の騒音」に関する東京都環境局の見解
 http://ta34bj.blogspot.jp/2014/10/blog-post_21.html 前のエントリーの補足 報道発表という形では存在しないが議事録として残されているもの。 報道の検証という意味もかねて東京都環境局の見解が主眼であるので、質問は要点のみを引用した。引用されなかった部分にも議員の問題意識が表現されていると思うので、気になる方はリンク先から確認してください。 予算特別委員会速記録第二号 http://www.gikai.metro.tokyo.jp/record/yotoku/2...
Add a comment...

Post has attachment
「子供の騒音」の件で東京都に電話で訊いてみた
東京都環境局に電話で訊いた ・「騒音規制から子供の声を除外する方針で検討」との報道は事実でしょうか? 「騒音規制から子供の声を除外する方針で検討」というのは事実ではない。具体的方針を定めたというような段階ではない。「今回、報道がそのように出てしまった」というような表現。 都議会で問題視する質問があった等の経緯があり、調査の結果、多くの市区でそのようなやトラブルがあるという事情をかんがみて、広くどうすればよいかというのを検討している。特定の方針が定まったという段階ではない。 ・条例の改正は法律の範囲内ということ...
Add a comment...

Post has attachment
Add a comment...

Post has attachment
優しさについて 子供の騒音問題をめぐって
優しさについて 子供の騒音をめぐる議論や感想を見ていると、世の中には法と対立し、それを超越する道徳があるのではないかと思うようになった。これを優しさといってもいい。 どういうことか。例えば親や子がなにか物を盗んできたとする。親は子の将来を思い、子は親のためを思う。それを互いのために世に隠す。互いに相手を思いやる美しい親子の愛情のありようである。子の将来を思えばこそじっと世に隠す。子を警察に売るなんて論外である。そのような「優しさ」を良しとする道徳があるのでないかということ。 これはつまり盗みは良くないとする法...
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded