プロフィールのカバー写真
プロフィール写真
早稲田奉仕園(Waseda Hoshien)
フォロワー 6 人 -
早稲田奉仕園は貸会議室、ホール、セミナーハウス、ギャラリーの他、アジアの言語の語学講座、英語講座、日本語ボランティア養成講座など国際交流のための講座を開設するとともに学生寮も運営しています。
早稲田奉仕園は貸会議室、ホール、セミナーハウス、ギャラリーの他、アジアの言語の語学講座、英語講座、日本語ボランティア養成講座など国際交流のための講座を開設するとともに学生寮も運営しています。

フォロワー 6 人
基本情報
投稿

投稿に添付ファイルが含まれています
8月の練馬キングス・ガーデンに引き続き、9月13日にはフォレスト西早稲田に歌のボランティアに行ってきました。 フォレスト西早稲田で歌うのは2回目になりますが、今回は敬老会の特別ゲストとして呼んでいただき、紅白の垂れ幕の前で100名近くの方々に歌う機会となりました。     オープニングはみんながよく知っている「夏の思い出」。続いて「Sailing」、「翼をください」と歌いました。 4曲目の「お祭りマンボ」になると会場にも鈴が配られ、手拍子や掛け声もいただいて一挙に大盛り上がり。…
コメントを追加...

投稿に添付ファイルが含まれています
8月4日〜6日、第9回富士登山プログラムを開催しました。参加者は留学生7名、友愛学舎生1名、レジデントアシスタント1名、スタッフ1名、NPO法人ココロとカラダを育てるハッピープロジェクトから5名の計15名でした。 参加した学生からの感想を掲載します。 友愛学舎3年 横山…
コメントを追加...

投稿に添付ファイルが含まれています
2018年8月5日(日)から10日(金)まで、韓国の済州島にて、第7回アジア市民社会教育ネットワークCENA夏季学校を開催しました。 今年のテーマは「なぜ国家は人々を殺すのか」でした。国家暴力を考えながらアジアでの平和のあり方を考えました。 参加者は12か国からの大学生と大学院生50名と教職員11名の計61名でした。 CENAの歴史や共催団体などは昨年のブログをご覧ください。…
コメントを追加...

投稿に添付ファイルが含まれています
東京の最高気温が37.3度と報じられた8月2日、「スコットホールでゴスペルを歌おう」の受講生有志で、歌のボランティアに行ってきました。 練馬キングス・ガーデンは今回で4回目の訪問。中には顔なじみの方もいて皆様に笑顔で迎えていただきました。 オープニングはアカペラ曲の「This Little Light of Mine 」手拍子をいただきながら、「翼をください」、「Sailing」と歌いました。…
コメントを追加...

投稿に添付ファイルが含まれています
5/15~7/20に開催したチャリティー古本市の売上が68,900円となり、永山子ども基金に寄付先が決定し、先日催しの中で直接お渡しすることができました。 寄付先となる永山子ども基金は、永山則夫の「印税はペルーの貧しい子どもたちに」という遺言を受け、毎年催しを開催し、ペルーの働く子どもたちが自ら設立した「インファント永山」という基金を通じて、多くの子どもたちの奨学金として活用されています。…
コメントを追加...

投稿に添付ファイルが含まれています
奉仕園と同時期に、早稲田大学では写真展「イラク戦火の子どもたち」とシンポジウム「イラク戦争15年 最新現地報告と自衛隊日報問題」が開催され、徒歩7~8分の距離とはいえ、連日35℃越えの猛暑の中を行ったり来たりした豊田直巳さん、本当にお疲れさまでした! この写真展はクラウドファンディングにより全国巡回プロジェクトとして、聖心女子大学、恵泉女子大学、東村山市に次いで奉仕園で開催し(7/12~25)、8月以降も福岡県飯塚市など、全国での開催が決まっています。…
コメントを追加...

投稿に添付ファイルが含まれています
2018/7/6(金)今年の沖縄フィールドワーク参加者による報告会を行いました。 久々の再会となり、お互いの学びと楽しい思い出をシェアする会となりました。 当日は、参加者でタコライス(沖縄での思い出の味)を作り、見に来てくれた方に振る舞いました。 報告会では、参加者一人ひとりが沖縄で感じたことを発表しました。それぞれが沖縄に行く前から、目的意識をはっきりさせていたため、深い感想ばかりでした。 その中の一人、大学一年生の日本人学生の発表を抜粋して紹介します。  …
コメントを追加...

投稿に添付ファイルが含まれています
6/22(金)19:00~20:30、参加者が少なめだったので、ギャラリーの暖炉に向かってお話を聞くように椅子を配置。なかなかの雰囲気です。   南陀楼綾繁さんは出雲市出身で早稲田大学を卒業。大学在学中は「乱調社」という集まりでセミナーハウスの貸し会議室を借りて、月例会や講演会を開いていたそうです。1980年代のセミナーハウスには関心ごとを学ぶ集まりが毎日毎晩開催されていて、乱調社もその一つでした。  …
コメントを追加...

投稿に添付ファイルが含まれています
6月15日(金)にDiscover KABUKI―外国人のための歌舞伎鑑賞教室「連獅子」に行ってきました。国際寮の留学生15人、日本語ボランティアで勉強している学習者19人、友愛舎生5人、日本語ボランティアからの引率5人、奉仕園スタッフ1人の計45人でした。 歌舞伎鑑賞教室では、日本語と英語で歌舞伎の基礎知識を説明してくれました。 学習者さんや留学生だけでなく、私達日本人にとっても大変勉強になる内容でした。予備知識がベースになり、本番の歌舞伎をより楽しむことができたと思います。…
コメントを追加...

投稿に添付ファイルが含まれています
7月9日(日)から16日(日)まで、「日本文化体験研修プログラム」を開催しました。中国吉林省の延辺大学で日本語を学んでいる学生6名が参加しました。延辺大学は、民族特色のある大学であり、学生たちは日頃、中国語・朝鮮語・日本語・英語といった4言語に触れながら勉強しています。 本プログラムは、日頃頑張って日本語を学んでいる学習者たちに、実際に日本に来て日本文化を体験し、言葉以外のもっと多くのことを学び、日本文化・社会を理解する機会を提供するために企画されました。…
コメントを追加...
他の投稿を読み込んでいます。お待ちください