Profile cover photo
Profile photo
サーチサポーター
16 followers
16 followers
About
Posts

Post has attachment
はてなブログに投稿しました。
【書評】「ExcelVBAを実務で使い倒す技術」で日々の実務を楽にして資産にしよう

このブログでは2冊目となる書評エントリーをお送りします。
マクロ、ExcelVBAをこれから学ぶ、プログラム自体を初めて学ぶという方には本書はかなり難しい内容ですが、日々Excelに触れ、業務を楽にしたいという気持ちがある方は是非読んで実践してみることをおススメします。
ExcelVBAはどんな業種、職場でも重宝するスキルといっても過言ではありません。
習熟出来ればあなたのExcelVBAのスキルは格段に上達し、そのExcelVBAのソースコードは確実に資産となるでしょう。
Add a comment...

Post has attachment
久しぶりのブログ更新です。
【SEO】Googleは使っていない指標のMozドメイン・オーソリティを気にする必要はない

Mozが提唱しているドメイン・オーソリティ、ページ・オーソリティは、GoogleのSEOとは一切関係がない、使っていないとGoogleのジョン・ミューラー氏も明言しています。
ドメイン・オーソリティーに限らず、不正確な指標、数値を元にしてしまうと再現性が乏しくなるどころか、(そもそも考え方が間違っているのですから)結論も間違ったものになってしまいます。
本来の目的は「検索ユーザーの意図を汲み、ユーザーの満足度を上げるサイトを作ること」であり、「ドメイン・オーソリティ、ページ・オーソリティの数値を上げる」ことではないとしっかり理解しましょう。
Add a comment...

Post has attachment
久しぶりにはてなブログに投稿しました。
【SEO】クロールされたページ数が多いとSEO効果が現れる?いいえ、クロール数ではありません

「毎日記事を更新することは検索評価を上げる」のではなく、「毎日記事を更新することは評価機会が増えるだけ」だと言えます。
更新頻度によって増減するクロール回数こそ「インデックスされる機会が増える」だけのことであり、クロール回数が増えた(クロールされたページ数が多い)ことによって検索順位が上がるということは全くありません。
検索流入は更新頻度ではなく検索クエリ(を検索するユーザー)に依存することが理解出来ていれば、毎日更新とかクロール数などに拘ることもなくなるでしょう。
Add a comment...

Post has attachment
はてなブログに投稿しました。

今日はいつもと違い、当ブログでは初の試みとなる書評エントリーを書いてみます。
マーケティングの知識、考え方を知れば、アクセス解析の本質、目的は「ただデータを集めて眺める」ことではないと分かります。
その集めたデータを元に改善案を出すのはもちろん、仮説を立てて検証する、結果を確認することこそがアクセス解析の本質、目的だということも理解できるでしょう。

…ちなみに本題とは全く関係がありませんが、当ブログ『検索サポーター』が去る2017年7月1日に開設三周年を迎えました。
今後も『検索サポーター』をよろしくお願いいたします!
Add a comment...

Post has attachment
はてなブログに投稿しました。

「継続は力なり」「自分が好きな事を書く」
この2つのアドバイスはもはや鉄板、お約束だと言っても過言ではないくらいに同じアドバイスを実際に受けたことが必ず一度はあるのではないでしょうか。
残念ながらこのアドバイスは不正解であることが多いです。
なぜならば、その言葉は「あなたを慰めるべく送られた善意の言葉、応援」であったとしても、「あなたの悩み、問題を解決するべく(目的を達成するべく)送られた具体的な方法」ではないからです。
また、結論を「自分が楽しめばよい」としてしまうと、当初の目的から「楽しむ」ことが目的に変わってしまうので、結果が出なくても「でも楽しいからいいや」と自分を誤魔化してしまうことにもなってしまいますよ。
Add a comment...

Post has attachment
はてなブログに投稿しました。
http://s-supporter.hatenablog.jp/entry/seo-search-snippets-Inflow-increase

私なりのメタディスクリプションの作成方法は、「120文字以内に収める」「オチを含める」ことを常に意識して作成しています。

メタディスクリプションが「コンテンツ(内容)を短い文字数で的確に表したもの」であり「正確で分かりやすく、かつ、検索ユーザが求める情報がある」ことを体現しているからこそ検索ユーザーはクリックorタップして流入してくれると私は確信しています。
Add a comment...

Post has attachment
はてなブログに投稿しました。
【SEO】「ユーザーのためのコンテンツを作ること」がSEOやマーケティングの答えである理由

あなたがもし「ユーザーのためのコンテンツを作れ」というアドバイスは聞き飽きた、うんざりしているというのなら、SEOはおろかマーケティングには向いていないと言わざるを得ません。
考えたからといって絶対的な正解が出る問題ではない、シチュエーションによって最適な方法も変わってくることを分かった上で絶えず考えることが出来るか?
少なくともそれが出来る人はSEO、マーケティングに向いていますし、「自分が理解、納得が出来る自分なりの正解には辿り着くことが出来る」ので、「ユーザーのためにコンテンツを作る」ことこそが答えとなるのだと私は確信しています。
Add a comment...

Post has attachment
はてなブログに投稿しました。
【SEO】Googleがフェイクニュースや不快なコンテンツを低品質と扱う「アウルアップデート」を実施

「Project Owl(プロジェクト アウル)」と呼称されたこのプロジェクトによって行われたアップデートは、「フェイクニュース」や「不快な、嫌悪感を煽るコンテンツ」を検索結果に表示するべきではないものと定めました。
今回のアウルアップデート然り、RankBrain然り、Googleが検索順位アルゴリズム変更を常に行う理由は、正しい情報を知らない人がGoogleの検索結果を信じてしまうことで問題となることを防ぐのはもちろん、Googleも検索ユーザーに対して「信頼」という評価を積み重ねようとしているからなのです。
何事も「信頼という評価は積み重ねるもの」です。
私達も常に検索ユーザーに対して信頼を積み重ねていけるよう、サイト(ブログ)を運営していきましょう。
Add a comment...

Post has attachment
はてなブログに投稿しました。
【報告】セミナー「読まれる記事と実践的なSEO」に登壇しました

去る2017年4月22日「読まれる記事と実践的なSEO」というセミナーにて、私、敷田憲司が登壇いたしました。
私は「ペルソナと時系列に沿ったキーワード選定と記事の書き方」をテーマとして、お話しさせていただきました。
今回のセミナー、そしてこのエントリーが今後のあなたのサイト(ブログ)運営の一助となれば幸甚です。
Add a comment...

Post has attachment
はてなブログに投稿しました。
【SEO】Googleが検索品質評価ガイドラインを更新。攻撃的や不正確、ヘイトなコンテンツは低品質と扱われます

エイプリルフールにあえてこの内容をアップしました。
Googleはコンテンツページだけでなくサイト全体を評価するように、本日(4月1日)にアップされたコンテンツは、ちゃんと「エイプリルフール」であることを踏まえた上で(日頃の行いを踏まえた上で)コンテンツページの評価を行うでしょう。
つまり、Webサイトに限らず信頼と言う評価は積み重なるものであり、いつも炎上を狙った、嫌悪感を煽るだけのサイト(ブログ)は逆に低評価が積み重なって、次第に検索結果に表示されなくなっていくと私は確信しています。
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded