Profile cover photo
Profile photo
Akihiko Kodama
535 followers
535 followers
About
Akihiko's posts

Post has attachment
モバイル時代のUXデザインについて、体系だってまとめるとともに、実務レベルでの方法論や注意点をまとめた、稀有な本となっています。
日本のUXデザインの業界において、待望されていた一冊ということができます。

Post has attachment
大学のパイセンでデザイナー仲間の加藤康祐さんが感想を書いてくれました。

どう考えて書いたかの意図をとてもよく汲み取ってもらえてて、さすが康祐パイセン!

Post has attachment
今日、農業経営の専門学校である日本農業経営大学校で、松尾和典先生にお招きいただき、「アントレプレナー論」で講義をしました。「事業創造のための顧客体験デザイン」と題して、UXデザインの取り組みについてお話をしました。またカスタマージャーニーマップを作るワークショップを実施し、サービスデザインを体験してもらいました。

Post has attachment
個人的にはタイトルの割には目新しい話はありませんでした。

Post has attachment
アトモスが企画/開発をお手伝いした、株式会社スポーツITソリューション様によるVRスポーツコンテンツ「360°VRキックボクシングエクササイズ」が、10/22〜25に日本科学未来館にて行われるDIGITAL CONTENTS EXPO 2015のFeartures2015に選出されました。今年の注目テーマである「スポーツを変えるコンテンツ技術」6件の一つになりました。

会場では実際に体験していただけるため、VR技術を用いた未来のスポーツにご興味のある方はぜひご来場ください。

Post has shared content
やっと発表することができた。岩田さんが逝去された時も、公にメッセージを書いたりできなかった。その数ヶ月前にはお会いしていたというのに、だ。

東京、そして京都の任天堂での、ジョン・ハンケを交えての会議。

Ingressは、見過ごされていた街の小さな芸術、大きな芸術、人の創造力の素晴らしさに、テクノロジーの力で光を当てることができることを示した。もう一度、自分の立っている世界をよく見つめ、周囲に立っている人とつながること。国境や言語や文化を超えて、共に歩むこと。

この体験を子供の世界へとさらに広げていくことという挑戦に、岩田さんは、力強く頷いてくれた。特に、子供が自分だけでスクリーンの中にこもるのではなく、親と一緒に家族で世界を、楽しめるようにすることに、喜んでくれていたと思う。

岩田さんは、ポケモンを創りだした石原さんと最後までこのプロジェクトの成功へ向けた打ち合わせをされていた。
家族で楽しめること、子供が外に出て、世界の素晴らしさと出会えること。Wiiで様々な年代へとゲームの楽しさを取り戻した岩田さんの次の開拓を実現させること。

テクノロジーの力で、世界に情報のレイヤーを重ねていくこと。子どもたちはきっと、世界の素晴らしさや美しさ、無数の「可能性」に溢れた場所であること、世界は見えているままとは限らないことに、新鮮な空気を吸いながら、気づいていく。

子どもたちの80%が運動不足と言われている現代。
一方の未来には、子どもたちが、家で機械を被りスクリーンに没頭している世界がある。
一方には、スニーカーを履いて、友達と街へ飛び出したくてうずうずしているような、未来。テクノロジーを否定するのではなく、活用し、Niantic はパートナーたちとそういう未来の可能性を探ろうとしている。それが子どもたちの見つめる世界を、未来を、変えることにつながると、考えているのだ。

岩田さんが最後に遺した落し子が、世界の子どもたちと一緒に世界へと歩き出すその日が、僕は待ちきれない。
ようやくいうことができる。ご冥福をお祈りします。子供がみんな家に引きこもったいたら、天国からは見えない。一人でも多くの子どもたちの笑顔が岩田さんのいるところから見れるよう、微力を尽くしたいと思います。

Post has attachment
日本最大のデザイン情報サイトの一つJDNにて、「桐山登士樹が選ぶ 注目のデザイナー」に掲載していただきました。

これまでの仕事を始め、追ってクライアント様から正式なリリースが出ることになる、バーチャルリアリティを用いたスポーツコンテンツなどの新作についてもご掲載いただいています。

期せずして社会におけるデザイナーのあり方が話題になっているタイミングでの掲載となりました。私たちの取り組んでいるインタフェースデザインはまだ新しい分野ですが、これまでのデザインの伝統を受け継ぎながら、仕事を通して社会に価値を提供できるよう一層努めたいと思います。

Post has attachment
佐野研二郎氏のオリンピックロゴの取り下げと、組織委員会による記者会見を受けて。

Post has attachment
日本最大のHTML5関連開発者向けコミュニティhtml5jにて、Web Controller for V-Sido CONNECTについての発表を行いました。

開発者向けということもあり、これまででもっともWebRTCやWebGL等の技術の応用についての詳細を解説しています。

Post has attachment
この週末に日光駅で行われたNikko 20 years idea campというアイデアワークショップに参加しました。家族連れの方が多く参加し、日光の20年後を「ニッコリ」させるアイデアをグループで考えました。
Wait while more posts are being loaded