Profile cover photo
Profile photo
Umihiko Namekawa
2,997 followers -
滑川海彦 著書「ソーシャル・ウェブ入門」(技評)他 訳書「フェイスブック 若き天才の野望」(共訳・日経BP)他 TechCrunch Japan翻訳中。
滑川海彦 著書「ソーシャル・ウェブ入門」(技評)他 訳書「フェイスブック 若き天才の野望」(共訳・日経BP)他 TechCrunch Japan翻訳中。

2,997 followers
About
Umihiko's interests
View all
Umihiko's posts

Post has attachment
#tcjp トランプ大統領、マクマスター陸軍中将を安全保障補佐官に―未来志向の学者肌だが大のスライド嫌い http://jp.techcrunch.com/2017/02/22/20170221hr-mcmaster-trump-national-security-flynn-replacement/

日本にとっても非常に影響が大きいアメリカの大統領安全保障担当補佐官の後任がハーバート・マクマスターに決まった。アメリカがベトナム戦争の泥沼にはまった過程を鋭く分析した著書で著名な「軍人学者」だ。

記事のとおり、今後どういう役割を果たすことになるのかはしばらく待たないと分からないが、「パワポ嫌い」というのは納得できる。ジェフ・ベゾスも会社のミーティングでスライドを使うのを禁止していた。

テクノロジーも(PowerPointも)悪用されることがあるというのは自動車からスマホまで人間が作ったあらゆるツールの例にもれない。



Post has attachment
#tcjp ボーイング、3Dプリントで衛星の小型化と製造のオートメーション化を目指す http://jp.techcrunch.com/2017/02/22/20170221boeing-wants-to-turn-satellites-into-a-cheaper-highly-automated-business/

SpaceXでは近くブースター再利用を開始するようだ。成功すれば宇宙産業のビジネスモデルを激変させるコストダウンになる。宇宙航空産業の巨人、ボーイングも3Dプリンティングやモジュールの採用など衛星事業の改革に乗り出した。

日本でJAXAが地道な努力を続けてH2Bを世界でも有数の信頼性ある衛星打ち上げプラットフォームに育てたが、SpaceXのようなスタートアップに対抗する方法となるとまだよく分からない。

日本企業に新陳代謝の波が押し寄せているようだが、ともかくJAXAには良い方向に乗り切ってもらいたものと思う。

Post has attachment
#tcjp 尻尾を振るRoombaに注目―IEEEが効果的インターフェイスだと重視 http://jp.techcrunch.com/2017/02/21/20170220fluffy-dog-tails-could-be-the-next-step-in-robot-human-interaction/

いつも面白い記事を載せるIEEE Spectrum発の情報。マニトバ大学のグループはロボットの内部状態を知らせるために「犬の尻尾」を取り付ける実験をしていた。

IEEEのページを見ると尻尾のメカニズムはごくシンプルかつ周囲の人間に安全だ。しかも人間に共感、愛着を呼び起こす能力がある。この方式はもっと多くのロボットで利用されてもいいように思う。

ちなみに記事で言及されていた人気おもちゃのHatchmalは日本ではタカラトミーの「生まれてう~も」だそうだ。

Post has attachment
#tcjp WhatsAppが加工写真共有のStatusをスタート―Snapchatクローンだが暗号化 http://jp.techcrunch.com/2017/02/21/20170220whatsapp-status/

Facebook傘下のWatsAppでデコ写真、ビデオが共有できるようになった。

24時間で消滅するチャット・プラットフォームは先行するSnapchatと追うWhatsAppの間で熾烈な戦いとなっている。Facebookというモンスター的な体力のあるグループをバックにしたWhatsAppに対して最近上場したSnapchatが今後どこまで対抗できるか注目だ。



Post has attachment
#tcjp HealthTapの人工知能ドクターがAlexaをサポート―手が不自由なユーザーに朗報 http://jp.techcrunch.com/2017/02/21/20170220hey-alexa-does-this-look-infected/

TechCrunchではRemedyなどのヘルスケア・サービスを紹介してきたが、そのひとつHealthTapがAlexaバージョンをリリースした。Android、iOS版と異なり音声で作動するので手が不自由なユーザーに朗報だ。

アメリカでも(日本ではさらに)法的問題の多い分野だが、ニーズがあることは間違いない。単に既得権を守るという発想ではなくユーザーの健康増進や医療費削減につながる方法を考えていくことが重要だろう。


Post has attachment
#tcjp 東工大の人工知能スパコンはNvidiaチップを使う http://jp.techcrunch.com/2017/02/18/20170217tokyo-institute-of-technology-taps-nvidia-for-japans-fastest-ai-supercomputer/

この夏稼働する東工大のTSUBAME 3.0はNvidiaのGPUを採用とのこと。AIがトレンドになったためNvidiaは人工知能企業になりつつあるらしい。

Post has attachment
#tcjp イーロン・マスクは本気でトンネルを掘り始めた―ロサンゼルスで掘削デモ http://jp.techcrunch.com/2017/02/17/20170216elon-musk-doesnt-just-want-to-bore-tunnels-he-wants-to-make-boring-better/

Tesla、SpaceXに続いてマスクは地下トンネルで都市交通の改革に乗り出す。トランプ政権で交通インフラの整備加速が約束されたことも追い風とブルームバーグ記事は解説。

「空飛ぶタクシー」が仮に実現しても輸送力はトンネルの100分の1以下だろう。SpaceXで発揮されたイノベーションの能力がトンネル掘削でも発揮されることを期待。日本は地下交通先進国だが、マスクが成功すれば波及効果あるはず。


Post has attachment
#tcjp YouTube、毎日ビデオ10億本を自動字幕化と発表 http://jp.techcrunch.com/2017/02/17/20170216youtube-says-it-now-has-automatically-captioned-1b-videos/

Googleの音声認識テクノロジーの発達でYouTubeの自動字幕も大幅に進歩。記事末に使い方や関連リンクを付記しておいた。

Post has attachment
#tcjp Microsoft、ドローン、自動運転車のシミュレーター・ソフトをオープンソース化 http://jp.techcrunch.com/2017/02/16/20170215microsoft-open-sources-a-simulator-for-training-drones-self-driving-cars-and-more/

なるほど「黒い壁」と「壁の影」を見分けるのはドローンシステムにとって重要だ。われあれは路上の水たまりを見て「浅いから平気」と判断して車を走らせたりするが、これも自動運転にとっては大きなハードルになる。

しかも仮想世界ではなんどクラッシュしても危険がないため機械学習の訓練にも適してきいる。自動車メーカーはおちろん独自の実験環境を整備しているだろうが、スタートアップはそういうわけにはいかない。

このVRテストシステムは人間に混じって働くことができるロボットの開発に役立つかもしれない。

Post has attachment
#tcjp Pokémon GO、今週末最大のアップデート―任天堂は80匹以上の新顔を追加 http://jp.techcrunch.com/2017/02/16/20170215pokemon-go-gen-ii-update/

依然大勢がプレイしているポケモンGOだが、ここ数日中に新顔モンスター80匹以上が登場するそうだ。

日本でもスーパーの駐車場でポケボールを投げているらしい人影を見かける。レジの行列でポケモンGOをプレイしているお客もけっこうみかける。

公式予告編ビデオでは山や森でプレイしていることについてクンパラク記者が「ウォルマートの駐車場ならいくらでいるのに」と書いていたので笑った。モンスター発見率の悪い地域にもプレイ範囲が広がるならグッドニュースだろう。


Wait while more posts are being loaded