Profile cover photo
Profile photo
Kenta Suzuki
162 followers -
Love Data, Love Classical Guitar.
Love Data, Love Classical Guitar.

162 followers
About
Kenta's posts

Post has attachment
問題を解くこと
最近考え事が増えたので久々につれづれと書いてみようと思う。 今日は、「間違った問題を解くことは、エンジニアにとって最も怖いことだ」という話をした。 --- 4月になり、新しいメンバーも増え、チームとしてもまた新たに活気づく時期になった。うちだと4月は査定の結果が共有される時期ということもあり、半年ごとの振り返りとともに、また新たに次の半年に向けて歩みを変え始める時期でもある。こと給与に関して言えば上がったり下がったりするわけども、振り返りをして、じゃあそれを受けて自分自身が次の半年でまた何をするかというのは自...

Post has attachment
Goについて思うこと 2016
あんまりこういう内容のポエム的なものは広まってほしくないなあ・・と思うのでこっちにひっそり書くことにする。 今年は僕にとってはGoの存在がとても大きい年だった。 5年前、僕が書くのはWebアプリケーションが中心で、PHPをメインで触っていた。それが気がつけばエンジニアリングのレイヤが広がったなあという所感があって、ここ最近Goがそれを加速してくれた。第二の言語としてのGoはとても良くできていて、小回りが聴くし、ミドルウェアをちょろっと書くにも心地よい。やっぱり最近の言語ならではの良さがある。たとえば、 * テ...

Post has attachment
リベルテ the 13th concert に出演します
来月 2017/1/21 (土) に所属しているマンドリンオーケストラ、リベルテの演奏会があります!相変わらず私はクラシックギターで出演します。是非おこしくださいませ。 ビートルズの編曲作品を3つ演奏します。これは作曲家の松波さん、田口さん、そしてリベルテの客演指揮者でもある鷹羽さんによる編曲です。 マネンテ作曲の華燭の祭典は日本のマンドリンオーケストラでよく演奏される作品です。リベルテでは委嘱作品以外でマンドリン曲を演奏するのは珍しく、私がリベルテで演奏するのは初めてです。今回はメンバーにとってめでたい一年...

Post has attachment
ケアンズにいってきた
10月末から5日ほどケアンズに行ってきた。夏休みが余ってしまっていたのと、オーストラリアもいったことないし行ってみるか、ということで。初めて家族での海外旅行だったのだけれど、なかなかよかった。 成田からの夜便でいった。ケアンズはオーストラリアの中でも北のほうに位置している。そのため日本からも7時間ほどでつく。0時発7時着のJetStarで行った。JetStarに乗ったのは初めてだったのだが、機内サービスのムービー視聴が有料だったり、機内食がオプショナルだったりして新鮮だった。JetStarはじめ、LCCは成田...

Post has attachment
継続すること
継続することはやはり難しいことだと、また思うようになった。 自分よりキャリアの長いプログラマの方というのはたくさんいる。私もプロのエンジニアとして働き始めて数年が過ぎた。ある一定のものを作れるようになったという感覚もあるし、自信もある。それでもまだ一桁年である。私が尊敬するエンジニアには、親の世代の人たちも数多くいる。 文章やコードを書いたりしながら、次に書くものが自分にとって面白いか否か、ということを気にしながら続けてきた。取り組むべき問題であるか、面白い問題か、そこに時間をかけるべきかを考えてから着手する...

Post has attachment
プログラムからどう学ぶか
ソフトウェアエンジニアをやっていてよかったと思えるのは、自分よりすごいと思える人が山程いることだ。たくさんいる。使っているライブラリや言語、OSを作っている人たちがいて、「ああわたしは今のままじゃこういう設計はできないだろうな」ということをよく思う。 前回の記事 でも書いたのだけど、ビジネス的なエンジニアリングはそれはそれで必要な仕事がある。とはいえ一個人のプログラマとしては、 それはそれでものを実装するということ自体で価値を出し続けたいのである。 これは演奏にも近い。私はクラシックギターを弾くけれど、「ああ...

Post has attachment
技術を言葉に
木曜日と金曜日に合宿があった。しばしオフィスから離れて、経営課題と解決策、次なるアプローチを考えるためのミーティングをするためにである。こういった合宿にいくのは久しぶりで1年半ぶりほどであった。当時は http://suzuken.hatenablog.jp/entry/2014/12/18/221610 に書いてあったような一年で、マネージャとエンジニアを兼任していた。今はエンジニア業だけに専念しているのだけれども、久々に話にきたらということで呼ばれていった。結果的には色々発見があってよかった。 議論した内...

Post has attachment
働くということ
天気もよく気持ちよかったので、たまにいく近くの寿司屋さんでランチを食べた後にふらっと散歩をした。GWも原稿を書いていたので、昨日今日は比較的まったりしている。もうちょっと文章を書かないと終わらないのだけど、なかなか気が乗らないし、まあだいたい目処がついてきたし、気持ちを少しまったりさせたいなあというときがある。平日と休日のテンションが全然ちがっていて、なかなか思うように進まないということもある。 学生の頃から試験前はすごくぴりぴりしていた。とくに、中学や高校のころというのは時間に余裕がないものだった。私はサッ...

Post has attachment
ベストはない
日々仕事をしていると日常の素晴らしさを感じるのです。サクサクと仕事を進めて、しっかりと成果を出していく。チームメンバーとの関わりを深める中で、自分の役割を果たして、設計をプロダクトに反映して使ってもらう。そのための基礎としてのエンジニアリングがあって、着実に成果を出していく。それは日々の屋台骨を支えていて、活動を見守っていく。 私にとっては毎日が変化に富んでいるのです。毎日コードを書いているだけに見えても、それは全く違うものです。楽器の練習をしていてただ毎日ドレミファソラシドを弾いているように見えても日々変化...

Post has attachment
お世話になったの退職について徒然と書いてみる
お世話になった先輩が退職される ということでちょっと何か書いてみようかと思いPCに向かってみている。 私が今のVOYAGE GROUPに入社したのはもう4年前になる。4月から5年目となる。その時のOJTが小澤さんだった。私が入社した時にはそれなりに組織も大きくなっていて、私は新規プロジェクトの方を色々担当していた。 SVNからgitに移行したりとかCI改善やったりしつつHadoopでの分析基盤作ったり ・・色々やらせてもらったのが初年度だった。色々やりつつも事業との方向性を合わせながら試行錯誤していた。そんな...
Wait while more posts are being loaded