Shared publicly  - 
 
プロ生ちゃん.mag

本件は "プロ生ちゃん Advent Calendar 2016"の 22日目の投稿になります。

唐突ですが、MAGという画像フォーマットをご存知でしょうか?日本では嘗て可逆形式の代表的な画像フォーマットの一つ、だったのではないかと思います。Wikiによると、1991年に公開されたそうですので 25年も前になります。今回、プロ生ちゃんを、そんな時代の画像フォーマットに変換しちゃいます。
併せて、同じ可逆形式の PNGとサイズを比較します。実は、その PNGも 1996年に Ver.1.0の仕様書がリリースされたのだそうで、やはり 20年も前なんですね。

素材としては、プロ生ちゃんの公開壁紙集から "2014-06_1920x1080_wakamuraP.png"を選定させていただきました。ファイルサイズは 1,788,315 Byteです。

1,788,315 2014-06_1920x1080_wakamuraP.png

.magに変換した結果は以下の通りです。

652,848 2014-06_1920x1080_wakamuraP.mag
※ コンバートには、うちじゅう 様の G・こんばーちゃ♪(Ver.2.04)を使用させていただきました

36.5%になりました!優秀じゃないですか?いえ、、、実は MAGは 16色 or 256色のみ対象で、今回 256色に減色しています。PNGも同じインデックスカラーモードの 256色にして条件を合わます。

401,471 2014-06_1920x1080_wakamuraP(8bits).png
※ GIMPにより減色、圧縮(レベル 9)して保存

MAG形式の 61.5%になりました。残念。


しかし、MAGは Archiverによる再圧縮が可能なんです。当時はテキストドキュメントを同梱して配布する習慣が有りましたし、CPUやMemoryの制限を考慮すれば、そこそこの圧縮率と展開の軽さを優先する事は妥当だったと思います。今回は、ZIPで圧縮して比較してみます。

450,788 2014-06_1920x1080_wakamuraP(mag).zip
400,818 2014-06_1920x1080_wakamuraP(8bits).zip

差は 88.9%まで縮みました。再圧縮時、PNGが 99.8%に留まるのに対し、MAGは 69.0%です。如何ですか?

最後に、時代を超えて MAG形式になったプロ生ちゃんを、更に時代を超えて FreeDOS上で 16色ディザ減色表示してみたいと思います。うひゃー。

[ 動画 ]
http://goo.gl/eb2fwY

それでは、Happy Holidays! =)
Translate
1
Add a comment...