Profile cover photo
Profile photo
rin yano
4,096 followers
4,096 followers
About
Posts

Post has attachment
グレイテスト ショーマン に学ぶ、グレイテスト3か条
音楽で捩じ伏せてくるモーレツな映像体験ですね。ディズニー映画を実写で作るとこんな感じになりそうな。ミュージカルシーンには 随所にマイケル・ジャクソンのDNAを感じました。 面白かったです。映画で学んだグレイテストな点をまとめました。 歌って踊れるべし 妻に脱サラを宣言する際や、 有能なビジネスパートナーを説得するのにくどくど論理的に話した り、 パワポで事業計画を説明するのはグレイテストではありません。 ピッチに立ったらまず歌ってみる。それでもダメなら踊ってみる。 それが成功への鍵です。 友情や健康以外いっぺ...
Add a comment...

Post has attachment
母性大放出祭り。シェイプ オブ ウォーター&ワンダーウーマン
出張移動時に2作鑑賞しました。 どちらも大作らしい豪華さと作り込みの執拗さがある素晴らしい作品でした。 たまたま適当にこの2作選んだのですが、なんか、共通して、男性の登場人物(キャストがではなく、話の中においてのキャラという意味)が、、、なんというか魅力がイマイチというか、、、女性キャラのオマケみたいな印象で興味深かったです。 ワンダーウーマンは女人一族アマゾネスですから装甲下着で大暴れですし男性が影薄くなって全然当たり前なんですけど、なんかこう、小理屈なく「ほらあああああ!!!赤ちゃんがかわいそうじゃあない...
Add a comment...

Post has attachment
ニコニコ超会議2018 大島薫x加藤鷹x二村ヒトシ 鼎談<br>「"超セクシー男優"男塾」を観戦
ニコニコ超会議2018のトークイベントを観てきました。とてもためになるセッションでした。加藤鷹さんは言わずと知れた伝説のAV男優。大島薫さんは男性でありながら女性寄りの表現で活躍されているタレントさん。以前は「女装子(じょそこ)」さんというジャンルで活躍されていたそうです。可憐だけどハツラツと聡明な印象! 二村監督は現役のAV監督かつ男優そして人間関係の処方箋のような書籍の著者として有名です。縁あってトークイベントなどでご一緒させていただいたことがあるのですが、誠にセクシーインテリ紳士でいらっしゃいます。まる...
Add a comment...

Post has attachment
さよならヌーちゃん
今日は18年間飼っていた猫と最後の一日だった。 おとといの木曜日夜から歩きかたがおかしくなり、金曜日には彼女が我が子のようにかわいがってきた息子(私の長男)のベッドの下で寝返りは打つものの起きて歩くことができない様子だった。 そのような金曜の朝私は朝食の準備をしながら確かに彼女が階段を軽快に登っていつものように息子が朝勉強をするリビングに来るのを見た。 それは幻覚というか実態ではなかったが、確かに「来たな」と思った。 彼女は朝勉強する息子のノートの上に寝そべるのが日課で、息子は彼女の体を避けながら勉強をしてい...
Add a comment...

Post has attachment
「性格」が個人の生産性を評価する新しいものさしになるらしい
春はちょくちょく中学生の保護者会があって学年主任の先生のお話などを聞く機会があります。最近かなりの頻度で先生が「非認知能力育成の重要性」ということをおっしゃっていて、聞きなれない用語のわりにポンポンいうのでよっぽど大事な用語なんだろう。と思い、調べました。 非認知能力とは? 知能以外の能力のこと。端的にいうとパーソナリティ特性(性格)で測る ※「性格で測定する非認知能力」が状況により変化するものでなく、個人の行動を決定する測定可能で安定的な人間の性質であるという合意がごく最近形成されるようになった。個人レベル...
Add a comment...

Post has attachment
「自分にしかできない仕事」というものは無くて、あるのは「自分に合っている仕事」だけ
あけましておめでとうございます。 新しい年が始まると「今年はこういう仕事がしたい」とか言ったほうがいいんだろうなあ。と考えたりもするが、アウトプットをどうしたいということがまるで考えつきません。 そのかわり、わりと考えるのが、アウトプットの源である自分自身及び環境の調整についてです。いまのところ以下の点について重視したいと考えています。 ・今の自分が持つスキルを「職能」だと勘違いしない 周囲に求められているうちが職務を遂行する能力であり、今現在何ができるということ自体は特に重要ではない。周囲も含めて自分自身を...
Add a comment...

Post has attachment
かあさん部長として、とことん語り合う会に参加しました
セッション中やたらうろうろする娘。 ぬいぐるみが似合う司会の蝦名晶子さんと一緒に。 10月5日NPO法人あおもりIT活用サポートセンター主催「かあさん部長ととことん語り合う会」に講師として参加しました。 IT関連の話題というよりも、もうちょっと広く「仕事と家庭の運営ってどうやって両立してる?」といった大きい課題について、参加したみなさんの知見や経験を共有しよう!といった会になりました。 冒頭の数分は私の自己紹介も兼ねて私のキャリアと家庭的な変遷についてお話しして、そのあとは質疑応答だったり私が参加者のかたに質...
Add a comment...

Post has attachment
中国人と働くことの反省点
ごめんよチームメイト。 と、いうことで、5年目の反省点です。 私の勤務先や仕事するチームには中国人がたくさんいるんです。 私は中国語が話せないので日本語が喋れる中国人と仕事をしています。 外国語を母国語とするチームメイトと、母国語で仕事をするという点について、反省点が多いにあります。 つねひごろ難しい言い回しを使わないようにとか、新しい言葉(時事的なたとえとか)を使わないようにしたり、短いセンテンスを使うように気をつけているつもりです。 でも、そういう配慮以前にできてなかったことがあります。 と、あるとき。本...
Add a comment...

Post has attachment
勝手にしなさい
先日子供が熱を出したので明るいうちに家に帰ろうと歩いていたんです。 そのときひさしぶりにききました。「もう、勝手にしなさい」を。 例えば、職場で自分ではどうにもならない問題が発生したとして、それでも責任を感じながら、保育園のお迎えの時間がせまり、お迎えに向かいながらもそのことが気になって、そわそわイライラしていることを子供に悟られ、帰りに悟った子供がかまってほしくなり、自転車の子供イスから勝手に降り、走り回り、さらにいつもは欲しくもない自動販売機の前で、ほしいほしいといって泣きながら飛び跳ねて、もう遅いから行...
Add a comment...

Post has attachment
The Revenant イニャリトゥ、シャガール
「The Revenant(邦題:レヴェナント 蘇りし者」はディカプリオがはじめてアカデミー主演男優賞を獲得した作品ということで話題になりました。 西部開拓時代に毛皮貿易商人に雇われた伝説のハンター、ヒュー・グラスの実話を元に作った話だそうで、熊に襲われ大怪我を追いながら300キロ歩いて生還。という伝説の骨子は過去何度も物語化されています。 本作はその筋に、ネイティブアメリカンの妻を毛皮を巡る商人と部族の抗争のなかで失い、さらに息子も自身の旅の中で仲間のハンターに殺害されるというストーリーを加えた復讐劇です。...
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded