Profile cover photo
Profile photo
takao yokota
About
takao's posts

Post has attachment
Start a new blog !!!
As I start a new blog, I write what I think to do. - Communication with actors, directors, trainer and any experts in theater. - Develop the performing arts : how we make the best performance, what we should do for theater etc. - Sharing the situation of th...

Post has attachment
What we do in the rehearsal.
When the actors start to work in the rehearsal room, I notice what is good and bad for the production.   The audience don't want to see the hiararcy of actors class. The stage should be free for the class. And also in the rehearsal room, the actors should a...

Post has attachment
スカラシップ H30公募内容
「上演芸術研究のための私設スカラシップ」 1.助成概要 広義の「上演芸術」を研究する個人に対して、助成金を支給する。 これまで、大学機関ではなかなか研究対象にしずらかった「上演」に対する研究の土壌を広げることを目的とする。 助成額:10万円(年間) 対象者:一名 2.研究テーマ ・「上演芸術」を対象にするもの。音楽や演劇、舞踊などが中心的なテーマとなるが、先の芸術ジャンルに捉われなくても良い。 ・研究方法は、理論的な研究、フィールドワーク的方法、歴史的な研究など、いずれでも可。 ・尚、「演技術」「表現技法」(...

Post has attachment

Post has attachment

Post has attachment
エッセイ集『エロスとオカルト』発売中!
●エッセイ集『エロスとオカルト』(2015年発行、価格1,200円) 約3年振りに、エッセイ集を発行します! フランス留学で学んだ一年間、パリの劇場やプロテスタント教会に通った日々などを克明に綴っています。また、今まで書き溜めていた演劇論・文芸論も多数収録。付録には戯曲『日曜日』と翻訳戯曲『縛られたプロメーテウス』を収録しています。 B5版300ページに及ぶエッセイ集です。どうぞお手にとっていただければ幸いです。 -- <購入方法> ①欲しい商品名をタイトルに、メールを送る。 メールアドレス:nudo.eng...

Post has attachment
**
「上演芸術研究のためのスカラシップ」ご寄付のお願い 本年2016年より、BARACKEでは新しい企画として「上演芸術研究のためのスカラシップ」を始めることにしました。 これは一重に、今日本の人文学が立たされている状況を憂いて、何かアクションを起こさなければと思ったからです。私は、文化の衰退と政治の悪化は並行的な現象だと思っています。私個人の問題設定・興味関心は、1990年代以降の日本の極端なまでの新自由主義化、その原因を探ることです。ネグリとマイケルハートの『<帝国>』が予言したように、そして日本の多くの知識...

Post has attachment
「上演芸術研究のための私設スカラシップ」スタート!
上演芸術を研究する個人に、助成金を支給します。 BARACKEが、助成事業を始めます。 昨今、グローバリゼーションの一つの運動の中で、人文学が大学機関から衰退しつつあります。音楽や演劇、舞踊などの上演芸術も、当然その中の一つに数えられるでしょう。一時期、公立劇場が研究機関を持ち、ワークショップや演劇教育を盛んにするような期待もありましたが、それすらも衰退の一途を辿っています。 もはや、公的機関に上演芸術の未来を託せなくなってしまったのでしょうか。 かつて、偉大な坪内逍遥のような人ばかりではなく、私財を投げ打っ...

Post has attachment
**
「上演芸術研究のためのスカラシップ」ご寄付のお願い 本年2016年より、BARACKEでは新しい企画として「上演芸術研究のためのスカラシップ」を始めることにしました。 これは一重に、今日本の人文学が立たされている状況を憂いて、何かアクションを起こさなければと思ったからです。私は、文化の衰退と政治の悪化は並行的な現象だと思っています。私個人の問題設定・興味関心は、1990年代以降の日本の極端なまでの新自由主義化、その原因を探ることです。ネグリとマイケルハートの『<帝国>』が予言したように、そして日本の多くの知識...

Post has attachment
「上演芸術研究のための私設スカラシップ」スタート!
上演芸術を研究する個人に、助成金を支給します。 BARACKEが、助成事業を始めます。 昨今、グローバリゼーションの一つの運動の中で、人文学が大学機関から衰退しつつあります。音楽や演劇、舞踊などの上演芸術も、当然その中の一つに数えられるでしょう。一時期、公立劇場が研究機関を持ち、ワークショップや演劇教育を盛んにするような期待もありましたが、それすらも衰退の一途を辿っています。 もはや、公的機関に上演芸術の未来を託せなくなってしまったのでしょうか。 かつて、偉大な坪内逍遥のような人ばかりではなく、私財を投げ打っ...
Wait while more posts are being loaded