Profile cover photo
Profile photo
Atushi Iizuka
340 followers -
文筆業 / カレーライター
文筆業 / カレーライター

340 followers
About
Atushi's posts

Post has attachment
ippinで書きました。パウダータイプのマッサマンカレーです。これ、便利。

Post has attachment

Post has attachment
【公開書簡(仮)】そういえば弓月ひろみ嬢からの質問に答えていなかった。/イイヅカ
弓月ひろみ嬢とこの公開書簡をやりとりし始めたのだが、だらしない私はさっさと更新を止めてしまっていた。 せっつかれて書き始めたが、せっつかれるタイミングがよかった。ちょうど仕事のトラブルで色々なものが中断、その中断したものが再開、片付いたところに催促がきた。さっさと書いた1本。が、彼女からの質問に答えるのを忘れていた。 「そんなわけだから、はぴさんにきいとくね。はぴさんは何で、カレーが好きなの?どうしてカレーを好きになっちゃったの?いつも、どんな気持ちで、連載記事を書いてるの?」 ときた。 これはもう何度も聞か...

Post has attachment

Post has attachment
【公開書簡(仮)】弓月ひろみ嬢を見ているのは楽しい、嬉しい。/イイヅカ
弓月ひろみ嬢がインタビューって話題で書いていた。 吉田豪氏にインタビューをされるような自分になりたい、ということだ。吉田豪氏が書くインタビューはいくつか読んだことがあるが、あまり詳しくない。 弓月ひろみ嬢は現在でも十分、そのパーソナリティを発揮しており興味深い存在だ。 友人であり、理解はしているつもりだが、ある一線をどこかに強く敷いており、そこからは何人たりとも通さない、という場所も持っている。まあ人として当たり前であるかも知れぬ。 しなやかな女性ではあるが、実は頑固なんじゃないだろうかと疑っているところもあ...

Post has attachment
【公開書簡(仮)】弓月ひろみ嬢と会うと長くなる。/イイヅカ
弓月ひろみ嬢と会うと長くなるんだよな。毎度そうなんだよ。 それはそれなりに忙しい二人で、それはまあ大人やってて時間をひねり出すってのはけっこう大変なことだと思う。フリーランスは時間イコールオカネ、的なところがあってシビアになることも多いんだけどさ。シビアになるくらいお仕事多いといいよね、お互い。 弓月ひろみ嬢と会うと長くなるんだよ。 なんでかっていうと二人ともけっこうしゃべる。それで、久しぶりという状況がほとんどだから言いたいことも溜まってる。ちょいと戦友っぽいところもあって、お互いの戦果、戦況なんかを報告し...

Post has attachment
これいいよ。ひらくPCバッグ使ってる人はぜひ使ってみてほしい。

Post has attachment
バード電子のひらくPCバッグ用 カーゴ ストラップが良かった。
先日バード電子の斉藤社長からこれが届いた。これは最高だった。 商品名はひらく PC バッグ用 カーゴ ストラップ( 2 個セット)だ。 CS-MB-2 という型番がついている。 ご存知いしたにまさきさんのところのヒットプロダクト、ひらく PC バッグに装着できるストラップ。こんなにいいとは思わなかった。 ひらく PC バッグは本当によく出来たプロダクトで、ちょっと後から色々するようなカバンじゃない。完成度が異常に高いのだ。だからいじりづらい。せっかくの完成品を色々するのはもったいない。 しかし、そこはさすがの...

Post has attachment
スーパーアマチュアの時代。
ちょっと面白い動画を見た。 BS アニメ夜話、カウボーイビバップの回だった。ずいぶん前の動画だ。 カウボーイビバップはとても好きなアニメーション作品だ。スタイリッシュで音楽もよくてリズムがあってかっこいい。大人が見ても十分な見応えがあると思う。凝った作品だなあ、と思っていた。 いろいろな話や意見が出た中で、ひどく耳に残った数十秒があった。 BS アニメ夜話ではこんな話が出ていた。 『カウボーイビバップは全てが過剰なのだ。いい意味でスーパーアマチュアの作品だ。本筋、骨太のストーリーがなく、番外編ばかりを集めたよ...

Post has attachment
叔父の家。
なぜそんなことをこのタイミングで思ったのかは、よくわからない。 台風の午後、車で通りかかった千葉の少し外れの古いベッドタウン。そこがわたしの叔父が住む家のそばだと急に気がついた。 実は妻の実家がここから車で 10 分ほどの場所にある。妻の実家の義父と義母にはたいへんによくしてもらい、暖かく扱ってもらっている。ここら辺はいつ来ても心地よい場所だと感じていた。 叔父の家がそのそばにあることをわかっているはずだったが終ぞ思い出したことがなかった。なぜなのかはきっと深層心理なんぞをそちらの専門家に見て貰えばすぐにわか...
Wait while more posts are being loaded