お題:言行不一致する(げんこうふいっち)
[スタンダードバージョン]


「これを今月中にやり遂げます!」
「もうそれは今後一切やりません!」

時にそうやって、口で言うことを、
実際そのとおりに行うことがあれば、
逆に行わないこともある。


じゃあ、
言うことと行うこととに食い違いがあり、
言行不一致することに
フォーカスしてみるとどうだろう。

もし、そうするからこそ、
もたらされるギフトがあるとしたら、
それって一体何だろう。


頭を柔らかくして
色んな視点から、
価値を発掘してみよう☆


1. もし、それが無かったとしたら、みんなが、どのように困るのか?

 ・柔軟な対応ができない

 ・その時一番大事だと思う事を優先できない

 ・まぁ、ある意味助かります。全部有言実行されると、みなすので。全部、言ったことは実行しなければいけないので、ストレスになる。

 ・みんな、ストレスが溜まって、爆発しそう。

 ・四角四面の人間ばかりで、つまらないかも


2. 逆に、それがあるだけで、実はみんなにとって、どのように役立っているのか?

 ・人間らしいなぁと思い、「ほっ」とする

 ・臨機応変な対応ができる

 ・その時一番大事な事を、優先できる

 ・周りの人は、『だらしない』『大丈夫かしら、この人』『信用ならない』とか、思うかもしれないけど、言行不一致している本人は、自由であまり疲れないかも。
  →マイペースに過ごせる

 ・気持ちが、曖昧で『やっぱ、やーめた』と思ったら、実行しなくても気は楽。

 ・逆に、言行不一致なのが、気になって頑張って、事を進める。
  →仕事が進む。気になっていた物事が、なくなって安心。
   →次の仕事に取り掛かれる
    →エネルギーの垂れ流しを防げる
     →夢の実現に一歩近づく

 ・自分、大丈夫かしらと考えられる。
  →考えの整理ができ、何がしたいのか、解るかも

 ・現実逃避できる
  →一時のストレス解消になる

 ・気楽に目標を決められる
  →目標を見直し、訂正できる
   →気持ちのストレスが少なくてすむ

 ・自分の思い通りに行動できる

 ・できなかった人を許す心の広さが生まれる

 ・自分がとりあえず一生懸命やっていることをアピールできる
  →周りの大らかさや優しさによって、その場を凌げたり延命できたりすることもある

 ・その人に合った世界に落ち着く、流れが起きる
  →全体の中で新陳代謝が進み、細胞が入れ替わっていく
   →また全体が健全に活動できるようになる

 ・その人の能力や思いの強さが分かる


3. では、それが無ければ、今まで与えてもらっていた価値を、みんなが自分で全部、どのように満たしていけば良いのか?

 ・自分の思いに素直に行動する

 ・自分のやることに集中する

 ・リフレッシュする

 ・自分自身、能力を知る

 ・本当にやりたいことなのか、人に話してみる(コーチング受けてみたり、カウンセラーに相談したり。)


4. 改めてイメージしてみると、それがそこに存在できているのは、その周りの誰が(あるいは、何が)支えてくれているお陰なのか?

 ・言行一致することに疲れること
 ・できないことを許してくれる環境
 ・目標を高くもつ
 ・自分の能力を知らない
 ・自分に優しい
 ・体力がない
 ・とりつくろいたい気持ち
 ・何かをやりたいという気持ち
 ・見栄を張りたい気持ち
 ・波風を立てたくない気持ち
 ・世間体
 ・現状を維持したい気持ち
 ・不自然さ
 ・期限
 ・先祖
 ・両親
 ・神様
 ・脳
 ・これを、やろう。実現しようと思う気持ち
 ・やっぱ、やりたくないという気持ち
 ・迷う気持ち
 ・焦る気持ち
 ・どうにかしたい気持ち
 ・逃げたい気持ち
 ・夢と現実の狭間



-------

答えに正解間違いは、一切ありません☆
当お題より、あなたらしい感じ方で、1つだけでも新たな価値を発掘できたら、以下のコメント欄、または投稿フォームより、気楽に投稿してください(^^)b
(投稿フォームでは、匿名にてご投稿いただけます)

https://docs.google.com/forms/d/1aDxPhaJdoFqWXfLUFS3ZRioUdwGPEVwjO0rzEK-JU4w/viewform
Shared publiclyView activity