Profile cover photo
Profile photo
noriko Shiozawa
26 followers
26 followers
About
noriko's posts

Post has attachment
今年は酉年
2017・1・6   http://smccoffee.lolipop.jp 明けましておめでとうございます。 暖かな三が日を過ぎたら、また冷たい北風の吹く東京に逆戻り。 日本も世界も大きく変化しそうな時代になった気がする。大きく変わるのは、まずアメリカではないか。大統領の交代で、日本への影響が懸念されているが、どのように変わるかが読めない。 若者はどの位政治に興味を持っているのだろうか?最近は新聞を読んでいる姿を、すっかり拝見しなくなった。電子新聞というのも普及したためかもしれないが、どうなのだろう。 わが...

Post has attachment
師走の始まり
2016・12・1  http://smccoffee.lolipop.jp/ 立冬が過ぎて師走に入ると、いよいよ冬将軍の到来である。ハロウィンの飾りが外されると、 いきなりクリスマスの装飾となる。 さらに12月になれば、一緒にお正月製品も陳列され、にわかに慌しい装いの町並みとなる。 寒さも増し、インフルエンザの流行が聞こえ出す。 二十四節気でいうと、「小雪」の時期にあたる。そもそも二十四節気とは、太陽の動きを元にした 季節の目安とされている。 地球が太陽の周りを1周することを「一年」とし、一年を二十四分割し...

Post has attachment
気温の寒暖差が激しい年
2016・10・28   http://smccoffee.lolipop.jp 10月も残すところ数日となった。今年は気温の寒暖差が非常に激しく、体調管理に 本当に気をつかう毎日だった。 熊本や鳥取・島根に大きな地震も起こり、日本列島もどこで地震が起きても不思議では ない、要注意となる国土になってしまうのだろうか。 ハウスでは、結婚ラッシュである。昨今の時代、自分を第一に考える風潮があるが、その中でも 人を思い、優しく接する娘たちは、伴侶を見つけて幸せな生活を築いていった。 逆に、問題を起こす子も増えている...

Post has attachment
気温の寒暖差が激しい年
2016・10・28   http://smccoffee.lolipop.jp 10月も残すところ数日となった。今年は気温の寒暖差が非常に激しく、体調管理に 本当に気をつかう毎日だった。 熊本や鳥取・島根に大きな地震も起こり、日本列島もどこで地震が起きても不思議では ない、要注意となる国土になってしまうのだろうか。 ハウスでは、結婚ラッシュである。昨今の時代、自分を第一に考える風潮があるが、その中でも 人を思い、優しく接する娘たちは、伴侶を見つけて幸せな生活を築いていった。 逆に、問題を起こす子も増えている...

Post has attachment
お久しぶりです
2016・10・6  http://smccoffee.lolipop.jp// 1年近くのご無沙汰となる。巷では、有名人のブログやインスタグラムが注目を浴びているが、 一般人の私の話などは、興味が無いであろうと筆が遠のいていた。 ところがハウスでめぐり合った娘たちは、卒業して他所に住み、結婚しさらに母となってそれぞれの 人生を送るなかでも、私のブログを見ていてくれたのだ。 こんな私を、「東京のお母さん」と慕ってくれ、「元気かしら?」などと気遣ってくれていた。 本当に嬉しくてありがたい結びつきである。 ブログ...

Post has attachment

Post has attachment
季節が替わって秋
2015・10・28   http://smccoffee.lolipop.jp// 厄介な病を患い、長い期間不自由な思いを余儀なくされた。日常は容赦なく通り過ぎ 仕事は主人や息子の助けで、必死にこなす結果となった。 風邪のような症状から始まり、アレルギーが酷くなり、下半身が異常なほど浮腫んだ日々となった。結論から書けば、加齢と使いすぎで、リンパに異常が発生した。 悪性の病気だと怖いので、

Post has attachment
体調優れず
2015・6・8   http://smccoffee.lolipop.jp/ 2月以来、体調が戻らず四苦八苦している。アレルギーに加えリンパが鈍くなったのいか、足の浮腫が治らない。悪い病気だと困るので、東大の「血管外科」まで受診してリンパの流れを検査した。 結果、流れはゆるいがチェックポイントにおいては、全て通過しており手術などの必要はないとの 診察をされ、何も施術をされず帰宅した。 出来る事は、ただひたすら圧迫靴下をはき、リンパをマッサージするのみ。朝には治るが、起きていると次第に浮腫みだし、夕方には大変...

Post has attachment
 「 三寒四温の日々 」
2015・3・21 
今日は立春、そろそろ水ぬるむ季節となってきたが、気温がめまぐるしく上下して上着を着たり脱いだりの調整が毎日必要である。

花粉の多さにまいっているのか、気温の変化に順応出来ないのか、はたまた年齢的な変調なのか、2月の初めから体調がいまいちスッキリせず、元気が出ない。

日ごろはあまり体調を崩す事は少ない方だが、アレルギーが出たり、花粉に反応したり、喘息になったりと、最悪の体調のまま3月も半ばを過ぎてしまった。

続きを読む・
http://smccoffee.lolipop.jp/burogu_a-kaibu/h-burogu-137

Post has attachment
 「 花粉がひどい!」
2015・3・12  http://smccoffee/lolipop.jp/
空気が乾燥し、冷たい。風が強いので、花粉の飛散量が例年より多いように感じる。鼻水より目が異常に痒く、目薬で対応しきれない。いよいよ本格的に花粉のシーズンになった。

最近は「花粉症」という言葉も、誰にでも通じるようになったが、私が発症した1970年代は、まだ詳しく耳鼻科医も分かっていなくて、「アレルギー性鼻炎」と診断された。

診断も「朝夕の温度の差によるもの」などと、こちらの症状と違う判断をして、アレルギーのパッチテストをしたのは、さらに数年後のことだった。

私の場合は「杉花粉」によるものであったが、鼻の中の粘膜が敏感になってしまっているので、煙や匂い、香辛料などでも異常な反応を示してしまい、厄介である。

これを防ぐには、早めの対処が大切である。症状が出るまえに防御しなければ意味がないのだ。
12月頃から、薬やサプリメントをとると、楽な春を過ごせる。粘膜に炎症を起こさせない事が一番
大切な行動となる。粘膜が一度傷つき、炎症を起こすと治りにくいためなのである。

鼻詰まりのような感覚が、鼻の中にあるが、これは詰まっているのではなく、炎症による腫れのため詰まっているように感じてしまうからなのだ。杉花粉のとげとげのような角が、粘膜を刺激して
アレルギーを引き出してしまう。杉よりきついのは、ヒノキの花粉である。

風の強い日は、レインコートやヤッケのようなツルツルの素材の上着が良い、ウールのコートには
沢山ついてしまうので、吸い込みやすくなる。帽子も有効である。外出から帰ったら、早めにシャワーを浴び洗髪すると楽になる。マスカラは上に溜まるので、この時期お勧め出来ない。
Wait while more posts are being loaded