Profile cover photo
Profile photo
現代俳句協会青年部
1 follower -
現代俳句協会青年部委員
現代俳句協会青年部委員

1 follower
About
青年部's posts

Post has attachment
第148回現代俳句協会青年部勉強会 【かぞ句会 ~坊や良い子だ句会しよう~】
第148回現代俳句協会青年部勉強会 【かぞ句会 ~坊や良い子だ句会しよう~】 2016年12月18日(日)、杉並区・セシオン杉並にて開催されました! 大人13名、子ども7名、おなかの赤ちゃん1人の大盛況。 句会場は和室がマスト! 子どもたちの遊び場を、机で囲んだ真ん中に作成。 絵本を読んだり、おもちゃで遊んだり、父や母のところへちょっかいを出しに行ったり。 パパも参加。     やはり、投句に思いのほか時間がかかる。  清記用紙はコピー、選句タイム。 見守られているのは、子どもか、それとも大人のほうか。 ...

Post has attachment
第25回現代俳句協会青年部シンポジウム【不易流行―俳句と時代が向き合うとき―】
第25回現代俳句協会青年部シンポジウム【不易流行―俳句と時代が向き合うとき―】 2016年12月10日(土)午後、中野サンプラザにて、開催されました!      堀下翔さん。 池田澄子さん。 鴇田智哉さん。 3人のパネリストに、司会・神野紗希を加えて、最後に一枚。 今回の勉強会の報告は、『現代俳句』誌上に掲載する予定です。 twitterに、反響等を少しまとめています。→ @genhai_ ご登壇いただきました皆さま、 お越しくださった皆さま、どうもありがとうございました! ★★★ 今後も青年部による勉強会等...

Post has attachment
第148回現代俳句協会青年部勉強会 【かぞ句会 ~坊や良い子だ句会しよう~】のお知らせ
【企画概要】 子どもを産んでみて、よくわかりました。子どもを連れて出かけられる場所が、いかに限定されているかということが。 みなさん、わりと「いいよ、子どもも連れておいでよ」と誘ってくださるのですが、騒ぐのが必至と分かっている親としては、二の足を踏んでしまうのが現実。子どもを連れて句会なんて、夢のまた夢……なのか……いやいや、そんなことはないはず。この日本に育児中の親がどれだけいるんだっつーの。その中に句会やりたい人だっているでしょ、絶対。 ということで、子連れで参加するのが基本の句会を企画しました。子連れで...

Post has attachment
第25回現代俳句協会青年部シンポジウム【不易流行―俳句と時代が向き合うとき―】のお知らせ
【企画概要】 今の時代を代表する一句、と言われたとき、あなたは誰のどの句を思い浮かべるだろうか。時代を色濃く反映しているとしたら、その句はいつか古びてしまわないのだろうか。そもそも、ある俳句を新しいと感じたり古いと感じたりするのは、なぜなのだろう。新しいって、俳句において、価値あること? いかに現代から隔たろうとしても、生きている以上、俳人も、時代と無関係ではいられない。時代と切り結びながら、不易を志すとき、私たちは何を、どう、何のために、詠むのか。現代の先端を駆ける三人の作家と、俳句と時代のかかわりようにつ...

Post has attachment
第147回勉強会 【受容される俳句 ―フランス二〇世紀詩との邂逅―】
第147回勉強会 【受容される俳句 ―フランス二〇世紀詩との邂逅―】 、おわりました! 今回の勉強会につきましては、 生駒大祐による報告を『現代俳句』誌上に掲載する予定です。 twitterに、反響等を少しまとめています。→ @genhai_ ご講演いただきました金子美都子先生、 お越しくださった皆さま、どうもありがとうございました! ★★★ 今後も青年部による勉強会等の開催を予定しています。 告知等は、このブログ・twitter・『現代俳句』誌・現代俳句協会HPなどで行います。  これからもどうぞよろしくお...

Post has attachment
第147回勉強会 【受容される俳句 ―フランス二〇世紀詩との邂逅―】のお知らせ
【企画概要】 今や世界中で愛好されている「HAIKU」。その短さゆえに、欧米では詩としてなかなか認識されなかったといわれているが、世界で初めて本格的に俳句を紹介・導入した二〇世紀フランスは、いかに俳句を受容したのだろうか。今日、俳句が世界中で愛好されているのはなぜなのだろうか。 今回は、第37回ジャポニスム学会賞受賞の『フランス二〇世紀詩と俳句 ジャポニスムから前衛へ』(平凡社、2015)著者、金子美都子氏を迎え、フランス詩と俳句の影響関係を紐解き、そこから見えてくる俳句の本質について迫る。  〈講演〉 金子...

Post has attachment

Post has attachment
【於 仙台】第146回青年部勉強会「高野ムツオの世界―『萬の翅』を読み直す―」
 佐藤鬼房に師事し、東北の地で風土に根ざした句を詠み続けてきた高野ムツオ。風土や震災の問題がその読みにどう関わってくるのか。第五句集『萬の翅』を中心に論じ合い、高野ムツオの世界を読み解く。 第一部では、若手俳人四名のパネルディスカッション、第二部では高野氏を交えて論じ合う。   〈ゲスト〉  高野ムツオ  〈パネリスト〉浅川芳直・福田若之・神野紗希・千倉由穂(司会) 【日時】 2016年9月19日(月・祝) 13:30~16:30(受付13:15~) 【場所】 仙台文学館 講習室 〒981-0902 宮城県仙...

Post has attachment

Post has attachment
第145回勉強会【私の思う現代の俳句150句】
第145回勉強会【私の思う現代の俳句150句】 、おわりました! 今回の勉強会につきましては、 黒岩徳将による報告が『現代俳句』誌上に掲載される予定です。 twitterに、反響を少しまとめています。→ @genhai_   パネリストの片山由美子さん、榮猿丸さん、 企画・司会の宮﨑莉々香さん、青本瑞季さん、青本柚紀さん、  お越しくださった皆さま、どうもありがとうございました! ★★★ 今後も青年部による勉強会等の開催を予定しています。 告知等は、このブログ・twitter・『現代俳句』誌・現代俳句協会HP...
Wait while more posts are being loaded