Profile

Cover photo
Johnnie PiriyapongC.
Works at Studio Tree
Attends Chulalongkorn University
Lives in Bangkok, Thailand
554 followers|57,519 views
AboutPostsPhotosYouTube

Stream

Johnnie PiriyapongC.

Shared publicly  - 
 
Maximum Wild West Flavor in this track ...
1
Add a comment...

Johnnie PiriyapongC.

Shared publicly  - 
1
Add a comment...

Johnnie PiriyapongC.

Shared publicly  - 
1
Add a comment...

Johnnie PiriyapongC.

Shared publicly  - 
 
 
How ants walk (from #hn)
1
Blade Fury's profile photo
 
แบบนี้นี่เอง...
 ·  Translate
Add a comment...
Have him in circles
554 people
Kenryo Kanbara's profile photo
Satoshi Karukaya's profile photo
泉川福巳's profile photo
Ajarn Ake Krub's profile photo
กระบี่ แสนงาม's profile photo

Johnnie PiriyapongC.

Shared publicly  - 
 
 
ちょいTwitterであげた自分メモ。+書いてて思いついた補足なんかを混ぜこぜで

絵を書いててなんか顔のバランス悪いなぁ~と思うときは案外目と鼻の位置を直すと収まりが良かったりするので基本キャラの線画と表情部分を別レイヤーにしとくと楽です。
とかくワンドロ(60分でお題のカラーイラストを書く企画)の場合時間の制限もあるので顔の中の線画、目の白、目の黒は線画レイヤーと別にしといてあとで微調整とか。
(まぁ60分と言いつつロゴを事前に考えそびれたとか構図が決まらないとかで90分くらいになったりする場合もあるんですがその辺はご愛嬌)


具体的な顔の調整の例を今日のワンドロを作例にちと画像にしてみました。このように1枚で線画をやるのではなく、差分を作るときみたいな方法みたいに分けることを、カラー・モノクロ下書きペン入れ問わずやっておくと調整で書きなおす必要はなく移動のみで済むので非常に楽です。
ちなみに下書きの場合もいちいち細々直すのが面倒なんでこのやり方でレイヤーを分けつつベクターレイヤーでサクッと片付けるようにしていたりもしています。
そら一発でかけりゃそれでベストですが、作業する手はともかく頭(目)は精神状態や疲労で判断がおかしくなる場合もあるのでリカバリしやすい仕組みにしとくと楽かなぁという感じですかね。

(こっから追記)
で、まぁワンドロは60分で書かないといけないという時間的制限があるってところでもっと早く色を決めないと行けないしなかなか大変だなぁと思ったところにちょうど良いツールを思いつきまして「覆い焼きブラシ」と「焼きこみブラシ」の類を使うという方法です。
覆い焼きと焼き込みはフォトショのレイヤーの合成方式で良く使われる物ですが、それをようはブラシでその効果を描画レイヤーにブラシとして着色するという機能なのですが、
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=manga&illust_id=35243356
こんなかんじでまず影を決めた後にある程度タッチをつけるときに影の濃い部分は「焼き込みリニア」で影色と同じ色を塗るとやや濃くなって濃淡がつけることができて、逆に環境光などが入る部分には任意の色(壁の反射とか雰囲気作りの好みの色)を「加算(発光)」で軽く入れてやるとまーこれがさっくりとできちゃうわけですな。
なおこのブラシはイラスタでは単独ツールでしたがクリペでは単独ブラシではなくエアブラシツールのオプションになってるので図のほうで確認してみてください。
 ·  Translate
1
Add a comment...

Johnnie PiriyapongC.

Shared publicly  - 
1
Thunder Wolf (Sompop D)'s profile photo
 
น่วมเป็นแป้งเปียกแล้วมั้งนั่น -_-
 ·  Translate
Add a comment...

Johnnie PiriyapongC.

Shared publicly  - 
Not everyone works with models. A lot of photographers have the job of shooting with everyday people and we need to make them look like models. So how do you do that when the subjects have no experience posing or controlling their face for the camera? Here are seven tips to make your portrait subjects feel like models. | Difficulty: Beginner; Length: Quick; Tags: Shooting
1
Add a comment...

Johnnie PiriyapongC.

Shared publicly  - 
3
Add a comment...
Story
Tagline
Generic 3D Artist. Into Gadget, CG, Military, SciFi, AniManGame
Introduction
not-Obvious Geek. Sci-Fi, Music, Art, CG, Gadget, Technology, Military, History, AniManGame.
Bragging rights
Wanna be Game Tech Artist for for inter' game company
Education
  • Chulalongkorn University
    present
Basic Information
Gender
Male
Apps with Google+ Sign-in