Profile cover photo
Profile photo
阿智胡地亭辛好
2 followers
2 followers
About
Posts

Post has attachment
*福島原発事故が起きて5年経過した2016年01月01日から01月09日の「阿智胡地亭の非日乗」の記事  その1    *
2016年01月09日(土) 本サイトは本日から新サイト「阿智胡地亭の非日乗Ⅲ」へ移転しました。 合わせて過去記事は、 2005年5月19日から2011年3月11日までの分を 「 阿智胡地亭の非日乗Ⅲ 」 へ、 2011年3月12日から2016年1月8日までの分を「 阿智胡地亭アーカイブス 」へ順次移しています。 ☆ブログ運営者のZAQから、2017年1月31日にブログサイトを廃止すると公式発表があったためです。一年先のことではありますが、それまでの掲載記事もすべて削除されることになりますので、本日をもって移...

Post has attachment
福島原発事故が起きて5年経過した2016年01月01日から01月09日の「阿智胡地亭の非日乗」の記事  その2
2016年01月04日(月) 原発と国家 第6部 原子力マネー  ①原発輸出の内幕 官民一体の巨大ビジネス  福島事故後もシナリオ継続 ベトナム・ハノイでチュオン・タン・サン国家主席(右)と握手する関電の森詳介会長= 2011年11月21日 「関西電力には40年以上、安全に原子力発電所を運転してきた経験がある」。2011年11月21日、ベトナム・ハノイ。関電会長の森詳介は国家主席チュオン・タン・サンに強調した。 ベトナムへの原発輸出は、民主党政権が新成長戦略の柱に据える官民一体型のインフラ輸出の第1弾だ。1基...

Post has attachment
*福島原発事故が起きて4年経過した2015年12月26日から12月30日の「阿智胡地亭の非日乗」の記事  *
2015年12月30日(水) 原発と国家 第5部 「原子力の戦後史」  ⑥遠のいた新規立地 集中立地が残った。70年代以降ほぼ全滅。 原発阻止を訴える反対派住民の看板=1990年、石川県珠洲市高屋町 「1979年の米スリーマイルアイランド原発事故、86年の旧ソ連のチェルノブイリ事故で反原発の運動が高まりを見せ、時代は変わった」。 電力業界のある関係者は原発の新規立地の難しさを嘆いた。日本で稼働、または建設中の商業原発は、後発として原子力に参入した電源開発(Jパワー)大間原発(青森県)を除き、 すべて1960年...

Post has attachment
福島原発事故が起きて4年経過した2015年12月21日から12月25日の「阿智胡地亭の非日乗」の記事  その1
2015年12月25日(金) 原発と国家 第5部 「原子力の戦後史」  ②対日世論工作 米機関が反核封じ込め、平和利用に冷戦の影 東京で開かれた原子力平和利用博覧会(左上)と原水爆禁止の署名を整理する東京都杉並区の主婦ら(右下、杉並区提供)、アイゼンハワー(右上、AP)、正力松太郎のコラージュ(敬称略)  「日米合同原子力平和利用博覧会の開会は、両国民の歴史における一つの道標です。この博覧会は、原子の偉大な力が今後は平和のためにささげられるべきだという両国相互の決意を示す表徴です」  1957年6月15日。初...

Post has attachment
福島原発事故が起きて4年経過した2015年12月21日から12月25日の「阿智胡地亭の非日乗」の記事  その2
2015年12月22日(火) 原発と国家 第4部 「『電力』の覇権」   ⑥政治家を操る 迫られた“踏み絵”、選挙支援と引き換え 2010年の参院選の投票所(上)と伊方原発(下)のコラージュ 「前は社民党にいたあなたは、原発を一体どう思っているのか」。 2010年の参院選愛媛選挙区に民主党から出馬した元NPO法人理事の岡平知子は、松山市の 四国電力労働組合の事務所 で、居並ぶ5人の労組幹部から問いただされていた。  電力会社や関連産業の労組がつくる四国電力総連から推薦を得るための"面接試験"。結果次第では推薦...

Post has attachment
福島原発事故が起きて4年経過した2015年12月16日から12月20日の「阿智胡地亭の非日乗」の記事  その1
2015年12月20日(日) 原発と国家 第4部 「『電力』の覇権」   ④「やらせ」の源流 民意の演出、連綿と。 逆風化で工作も 1973年9月、福島市の県農業共済会館で開かれた「原子炉の設置に係わる公聴会」  東京電力福島第1原発の運転開始から2年がたった1973年、反公害運動の高まりを背景に原発増設への不安が広がっていた。国は初の公聴会を第2原発(福島県楢葉、富岡町)建設計画があった地元で開き、原発を推進する側は賛成の"民意演出"に手を染める。 ごまかし  波乱の幕開けだった。会場となった福島市の県農業...

Post has attachment
福島原発事故が起きて4年経過した2015年12月16日から12月20日の「阿智胡地亭の非日乗」の記事  その2
2015年12月17日(木) 原発と国家 第4部 「『電力』の覇権」  ②官界へ影響力行使 「あんたも移動だよ」 人事も盾に官僚操縦 電気事業連合会が入る経団連会館=東京・大手町 「夕方に発表があります。あんた異動ですわ」。2004年夏の昼下がり、経済産業省の幹部官僚に電話してきた電気事業連合会(電事連)の男は信じ難いことを口にした。その時点で事務次官か官房長しか知らないはずの「人事異動表」を持っているという。「送ってあげまひょか」。官僚は、卓上のファクスに送信されてくる紙を屈辱的な思いで見つめた。 電力辞令...

Post has attachment
福島原発事故が起きて4年経過した2015年12月11日から12月15日の「阿智胡地亭の非日乗」の記事  その1
2015年12月15日(火) 坐禅と遍路から観えた釈尊の教えと 釈尊が現代のわれわれに問いかけること  #16 山内庸行 作成 参考情報篇 その6 ②縁起の本当の意味は、進化論を読めば分かる? 縁起、特に因果と聞くと、良いことをすれば良い結果が生まれる善因善果・悪因悪果と解釈されています。必ずしもそうではないのではないかと思います。 ダーウインの進化論の話しを100分で名著の時間で聞いただけですが、進化は決して個や類なりが、環境に適応しようとし努力した結果ではないと言うのです。もちろん個も類も生き延びることに...

Post has attachment
島原発事故が起きて4年経過した2015年12月11日から12月15日の「阿智胡地亭の非日乗」の記事   その2
2015年12月12日(土) 沖縄が背負わされた「不平等な歴史」は今に始まったわけではない、MAG2 戦前、戦後と沖縄が背負わされ続けた、不平等な歴史。沖縄の普天間基地問題は、国が沖縄を訴える裁判へと発展し、解決の糸口が未だに見えません。メルマガ『ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」』では、沖縄が歩んできたこれまでの歴史を紐解くことにより、その問題の根本に迫っています。 沖縄が背負わされた不平等な歴史は今に始まったわけではない 沖縄と言えば、普天間基地を巡る対立は国が沖縄県を訴える異例の裁判に突入。先週行なわれ...

Post has attachment
福島原発事故が起きて4年経過した2015年12月06日から12月10日の「阿智胡地亭の非日乗」の記事  その1
2015年12月10日(木) 坐禅と遍路から観えた釈尊の教えと 釈尊が現代のわれわれに問いかけること #12 山内庸行 作成 参考情報篇 その2 1. 釈尊の“地動説(コペルニクス的転回)”の確かさを示唆するもの 承前 ⑤9月20日 NHKスペシャル『老衰死』 この番組で、Quality of Death(死をの質)と言う言葉を初めて耳にしました。この番組によると、特に死因となる病気も無く自然に死んでいく老衰死が世界的に増えており、老衰死では、細胞数が自然に減少するので食べても体重が減る現象が死の前の一定...
Wait while more posts are being loaded