Profile cover photo
Profile photo
nobuyuki kokai
1,209 followers -
I like creative movie, painting, and photography.
I like creative movie, painting, and photography.

1,209 followers
About
Posts

Post has attachment
世界経済フォーラムが発行する「仕事の未来」レポート2018年版によると、人工知能(AI)と仕事に関する最新の予測によれば、今後10年も経たないうちに、職場の仕事(タスク)のほとんどは人間ではなく機械が実行するようになるということです。人間は現在(2018年)、仕事全体の約71%を担当していますが、2025年までに人工知能(AI)/機械と人間の仕事量が逆転すると予測しています。2025年までに7,500万件の雇用が失われ、一方で新たな仕事(役割)が1億3,300万件ほど創出される可能性を指摘しています。
Add a comment...

Post has attachment
赤ちゃんや子どもの写真、ビデオなどの成長記録には何があるのでしょうか? ショーン・ワン(Sean Wang)さんが制作したショートムービー「1990-」を観ていると気付かされます。人は例外なく小さな命から成長しました。私たちは世代を超えて「小さいときの成長記録」を共有しています。
Add a comment...

Post has attachment
スペイン史上初の女性ギター職人が伝統的なフラメンコギターを手作りしているムービーを、Bloombergが公開しています。ギターに使われる木材は、30年以上の時間をかけて乾燥されたもので、そのほとんどがマリアさんの祖父が仕入れたものです。
マリアさんは「私はいつも魂を込めてギターを作っています」「フラメンコは私にとって故郷そのものです」と語っています。
Add a comment...

Post has attachment
Googleは、北海道胆振東部地震で震度7を記録し、大規模な土砂崩れがあった厚真町周辺等の衛星写真を公開しました。公開した写真は 2018年9月11日に撮影されたものです。スマートフォン(Android / iOS)向けの Google Earthアプリでも同様に確認できます。
地震発生の前後を簡単に比較ができ、同レイヤのチェックボックスからチェックを外して(地震前)ください。土砂崩れの凄さが解ります。
Add a comment...

Post has attachment
全米オープンテニスは、9月8日に女子シングルス決勝が行われ、大会第20シードの大坂なおみ(20歳)は、第17シードで元世界1位の女王セレーナ・ウィリアムズを 6-2、6-4のストレートで破り、日本人として初めて4大大会(グランドスラム)を制覇しました。
大坂なおみさんは「セレーナと決勝で対戦するのがずっと夢でした」と言って、セレーナさんの方を向き、「あなたとプレーできたことに心から感謝します。ありがとう」と告げました。
Add a comment...

Post has attachment
最大震度は震度7で北海道では初めて観測されています。震度7を観測した厚真町では大規模な土砂崩れが起き、警察や自治体(9月7日まで)によりますと、周辺の自治体も含めてこれまでに18人が死亡、2人が心肺停止、19人の安否が分かっていません。
Add a comment...

Post has attachment
1930年、コンピュータという道具がない時代は、専門(職人)の人が必要に迫られて道具(ツール)を作っています。歯車とカム機構を組み合わせて、均一で綺麗な他種類の点線を描く、キツツキみたいな楽しく面白い製図道具です(YouTube)
Add a comment...

Post has attachment
欧米では常識となりつつある「合意のない性行為はたとえ知人相手でも強姦」なのだという考え方について、日本の大学生は教わったことがない。また、日本の強姦罪(現・強制性交等罪)は2017年の法改正まで100年以上変わらず、強姦は窃盗より刑罰が軽かったなど、日本社会で性暴力が軽視されてきたことも紹介しています。
Add a comment...

Post has attachment
8月30日、Googleアシスタントは、さらに賢くなってバイリンガルになったと発表しました。公開されたアップデートでは、Google Homeアプリでカスタマイズ設定のシスタントの言語から、英語とスペイン語、日本語と英語、フランス語と日本語のように2つの言語を選べるようになりました。Googleアシスタントはどちらの言語による音声コマンドにも反応します。
日英バイリンガルで会話するのも楽しそうです(^^)
Add a comment...

Post has attachment
常紋トンネルは、凄惨過酷なタコ部屋労働で建設されたことでも有名です。本州から集められた「タコ」とよばれた労働者は、わずかな食事と過酷な労働から、1912年3月から1914年10月の工事完了までの間に100人を超える死者を出しました。施工当時、重労働と栄養不足による脚気から労働者は次々と倒れ、倒れた労働者は治療されることもなく体罰を受け、遺体は隧道や現場近くの山林に埋められたと言われます。
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded