Profile

Cover photo
Taichi Adachi
114 followers|1,361,336 views
AboutPostsCollectionsPhotosYouTube

Stream

Taichi Adachi

Shared publicly  - 
 
日本でも発売されたのか。でもMTの150って非力だからなあ、しかも空冷(;´∀`)
でも車重は135kgでPCX150と変わらないし、14psだったら一回りパワフル。しかも定価31万円って安い!
 ·  Translate
2
Add a comment...

Taichi Adachi

Shared publicly  - 
 
一昨日の朝から、三日連続の積雪。日陰はシャーベットが累積しガチガチの塊になってるし、路面はうっすらアイスバーン。歩いてもヌルヌル滑るレベル。

3日間連続で買い物も行けず、兵糧が尽きかけておる。信之、如何いたす?

ところで僕が高校の時は自転車通学だったけど、雪が積もった日は3年間で数えるほどしかなかった。父もノーマルタイヤのクルマで毎日通勤してたから、もしこんな状況なら大変な事になってたはず。
果たして地球は温暖化してるのだろうか?少なくとも日本は寒冷化してるのでは?
 ·  Translate
5
田中良実's profile photoTaichi Adachi's profile photo
2 comments
 
でも今日は気温が上がって雪がどんどん解けて買い物に行けました。
 ·  Translate
Add a comment...

Taichi Adachi

Shared publicly  - 
 
東京オートサロンで検索すると、殆どエロ・コスプレショーみたいな写真しかヒットしないんだけど、このクルマはなかなかキュート。量産軽トラもこういう路線で出せばよいのに。
 ·  Translate
ホンダアクセスの従業員有志「N Lab.」が今年も登場。今回のコンセプトは「働く車はカッコいい」。『アクティトラック』をベースに働くトラックの力強さを表現した「T880」を展示している。
1
Add a comment...

Taichi Adachi

Shared publicly  - 
 
夜が明けても未だ雪が降ってる。よりによってこんな日にセンター試験があるという。交通は麻痺するし、風邪引きやすい僕は基本的に体調悪かった。なんで一番寒い時期に受験なんてあるんだろうとよく思った。
 ·  Translate
5
Add a comment...

Taichi Adachi

Shared publicly  - 
 
戦闘機の大きさ比較。WW2のレシプロ機が小さいのはわかるとしても、ファイタージェット同士でもこんなに違うのはちょっと意外。

先ず、F108が想像以上にデカイ。ロシア系もベトナム戦争以降はデカイのが多い。特にフランカーってなんでこんなキャノピーが盛り上がってるの?
 ·  Translate
2
Add a comment...

Communities

7 communities

Taichi Adachi

Shared publicly  - 
 
元々パワフルだった690トリプルエンジンが更に排気量アップ&パワーアップかあ。しかし同一モデルに3つもエンジンセッティングのバリエーションが必要なのだろうか?

車体は相変わらず軽量・コンパクトなようで、乾燥重量166kgと言うことは「車両重量」(装備重量)だと185kgくらいかな?新型SV650と同じくらいってことか?

スペックシートを見るとSグレードだけシート高が15mm低いけど、写真ではシート自体は同じで、シートカウルとスイングアームのクリアランスが狭くなってるように見える。

キャスターもSだけ寝ているということは、同じ車体が尻下がりになってると思われる。つまりハンドリングはSが比較的落ち着いていて、逆にRとRSはシャープな特性を狙ってるようだ。
 ·  Translate
トライアンフモーターサイクルズジャパンは、パワフルで俊敏、直感的なパフォーマンスを誇るストリートバイク、新型「ストリートトリプル」シリーズを発表した。 MAX123馬力の新設計3気筒エンジンはタイプごとに異なる味付け 完全新設計の3気筒エンジンは765ccで、クランクやピストン、アルミメッキシリンダーなど80以上のパーツを新しく採用。 軽量化したエキゾーストシステムと改良されたエアボックスも相まって、パワー・トルクともに向上し、「RS」で123馬力を11,700回転で発生する。 エンジンの最高出力は「S」、「R」、「RS」の3タイプごとに異なり、エンジンのキャラクターもそれぞれ違うものとなっている。また、新設計のギアボックスと新設計のスリップアシストクラッチでライダーの操作感も向上させている。 軽量な車体にハイスペックな足回りを採用 クラス最軽量レベルの車体重量はフレームにアルミを採用しており、乾燥重量で166kg。足回りにはショーワ製サスペンションを前後に装備。「RS」ではリアにオーリ...
2
Add a comment...

Taichi Adachi

Shared publicly  - 
 
前から言ってるけど、ストロングハイブリッドが専用車しか売れないのは、同モデルのガソリン仕様があるとHVとの価格差が大きいことがバレてしまうから。

このビッツだって、同グレードで大体50万円の開きがある。HVとは言え、ビッツに200万円も払って乗ろうという人がどれだけ居るのかという事。

逆にアクアはHV専用車だから売れてるけど、もしガソリン仕様もあったらやはり140-150万円くらいの平凡なコンパクトカーだろう。だからHV仕様があったとしても、「あのアクアに200万円近く払うのか」と皆思って売れないよね。
 ·  Translate
2
Add a comment...

Taichi Adachi

Shared publicly  - 
 
これが近所の公園です。@大阪のヒマラヤ
 ·  Translate
3
Add a comment...

Taichi Adachi

Shared publicly  - 
 
これは僕も無謀だと思った。選手側もせめて帽子とか、防寒ランニングウェアとか用意していかないのかなあ?
 ·  Translate
1月15日に開催された京都駅伝は豪雪にもかかわらず、なぜ中止されなかったのか。放送事故級の大惨事となってしまっ…
1
田中良実's profile photoTaichi Adachi's profile photo
8 comments
 
この「専門家」の記事はちょっと説明になってませんね。冬は脱水症状になりにくいというのが理由なら、全ての耐久系スポーツは冬にやるべきとなります。

確かに真夏は熱的に過酷ですが、真冬はいくらウォーミングあっぷをしても、常に寒風にさらされていたら、筋肉の故障のリスクは高まります。
なので、バランスをとって春か秋にやるのが常識でしょう。世界のメジャーマラソンで冬に開催されるのは東京だけです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%83%A1%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%BA

大体スポーツ中に水分補給をしないと脱水症状になるのは当然で、水分補給しないという前提がおかしいです。真冬に薄着でしかも水分補給無しで走らせるのは、昔の心身鍛錬の名残だと思うんですよね。

駅伝のルールなのか暗黙の了解なのか知りませんが、雪が舞い散る中、ルーズな短パンとタンクトップでやる競技なんて他にないでしょう。
 ·  Translate
Add a comment...

Taichi Adachi

Shared publicly  - 
 
何とMTBタイヤが1本1,200円!以前紹介したスペインの通販会社も安かったけど、送料が2,000円以上したので断念。しかしこの通販は英国で、送料900円台らしい。

生産国は同じはずなのに、なんで日本の通販は高いんだろう?
 ·  Translate
Black Jack は、Active Line の新商品です。 多用性のある形状でグリップ力もあり、転がり具合も快適です。 軽量で、LiteSkin サイドウォールを採用、高品質の 50 EPI カーカスには、Kevlar Guardの耐パンク性が強化されています。
1
Add a comment...

Taichi Adachi

Shared publicly  - 
 
さっき、クルマの税金の話から任意保険の話になったので、実際にどんな車種が高いのか調べてみた。

下のリンクは販売台数順の車種(型式)毎の料率係数で、数字が大きいほど保険料が高くなるようだ。
その係数は損害率できまるというが、これって1台あたりの保険料請求額かな?
 ·  Translate
2
田中良実's profile photoTaichi Adachi's profile photo
4 comments
 
それか、この料率は2015年の元日に改定されたものなので、スイスポがまだあまり市場に出回っておらず、事故のデータが十分集まってなかったとか。
 ·  Translate
Add a comment...

Taichi Adachi

Shared publicly  - 
 
発売は4/17かあ、中国ではもう売ってるのに気を持たせるなあ。

価格は50万円を切ったと言っても税抜きの話で、税込みだと527,040円。ライバルR25(ABS無し)は556,200円だから、消費税分くらいは安いみたい。値引きを含めた実勢価格だと10万円くらい差がつくかも。

気になる重量はGSXが178kgなのに対し、R25は166kgかあ。これは主にエンジン+ミッションの差だろうね。今のGSR250が重いのはマフラーとか車体もあるけど、このパワートレーンが結構重いのかも。

とは言え、フルカウルのGSX250で178kgと言うことは、ネイキッドバージョン(次期GSR250)は170kgくらいに収まってくれるでしょう。
 ·  Translate
スズキは、街乗りにおける日常的な扱いやすさを追求した、250ccの新型ロードスポーツバイク「GSX250R」を4月17日より発売する。 カラーはGSX-R750を彷彿とさせる「クリスタルブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト」と、往年のヨシムラスズキのレーサーのようなレッドカラー「キャンディカーディナルレッド/パールネブラーブラック」、ベーシックな「パールネブラーブラック」の3色展開だ。 販売価格は527,040円(消費税抜き 488,000円)となっており、価格面でも他の250ccモデルよりもリーズナブルであり、魅力的な新型モデルとなっている。 【関連ニュース】 ◆公道での扱いやすさを高めた「GSX250R」 コンセプトに拍手を送りたくなった ミラノショーで発表した新型「アーバンアスリート」 「GSX250R」は、2016年11月にイタリア・ミラノショーで発表したロードスポーツバイクのグローバルモデルで、同じエンジンを搭載する「GSR250F」と比較して11kgの軽量化を実現。街...
3
Add a comment...
Taichi's Collections
Communities
7 communities
Story
Tagline
Motorcyclist, engineer, web designer, music composer.
Introduction
バイクインプレ、電気バイク自作、技術解説、イベントレポ、そして音楽など色々やってます。

ここではバイクを中心に時々ITや音楽関連で、サイトの記事にする程でもない、日常のつぶやきやトピックについて書こうと思います。

所有バイク歴:DT-50→セロー225W→SV400S→Z750→DR-Z400SM→PCX150

試乗したバイク:多分250台以上^^;

元々、軽くて安くて乗りやすいバイクを好むが、加齢と共にその傾向が増している。
Bragging rights
試乗したバイクの数の多さと、その割に物持ちが良い所。
Basic Information
Gender
Male
Other names
MCタイチ
Work
Occupation
web designer/developer, mechanical engineer, music composer
Skills
web開発、機械設計、発明、作曲