Profile cover photo
Profile photo
ma-x papalagi
262 followers
262 followers
About
ma-x papalagi's posts

Post has attachment
DPT-RP1 が早くもハックされた模様。
予想通りの Android ベース。
kindle 使えるのならいっちゃうけどな。

Post has attachment
あまりに突然でびっくり。

Post has attachment
これいろいろとすごいな。
SCSIの信号線をラズパイの GPIO に接続し、SCSIをハードウェアエミュレート。
そこまでにとどまらず、リモートデバイスやらイーサネットまで実装しちゃうという。
すげーなコレ。
XM6 ってエミュレータのディスクイメージ方式が由来とか、なんか往年の「ないものは作る」の文化を思い出す。

途中にある SxSI ってのは、初期のモデルには SASI っていう規格が実装されてて、SCSI は利用できなかった。
それをコネクタ形状が一緒で接続できるからと、デバイスドライバでもってムリヤリ使えるようにしたもの。
私も昔、大変お世話になりました。
もう一生目にすることはないと思っていたが。

なお、当時はそういう今では考えられないような、アイデア一発のムチャなのがたくさんあっておもしろかった。

Post has attachment
クルトガとかオレンズとかデルガードとか。
芯の折れにくいシャープペンが人気。
この春に出た オレンズの高級モデル orenznero なんて 3000円もするのに品薄状態らしい。

まあ私はシャーペンとか使わないんですが、高2のチョウナンが学生の例に漏れずシャーペン派。
チョウナンも私と傾向が似てて、こうした道具にこだわりが強く、クルトガの 0.7mm がベストとのこと。
しかしながら、いい感じの高級モデルがラインナップされてない。
まあその分安いけど。

そんなクルトガを銃器のような質感に変えるアルミカバー。
シャーペン本体がリフィルって考え方なのか。
まあ、落としてペン先やられてパーになることを考えると、シャーペンの場合、高級モデルより理屈にあってるかも。
ついでに、削れて地肌が出てくると、銃器のようなエージング感も期待できるかも。

なお色はシルバーと黒。デルガード向けもあるよ。

Post has attachment
マジかー。
HP200LXとかモバイルギアとか、そういうの思い出させるな。
キー配列が日本語なのが気に入らないが、RK3128(1.3GHz)に 512MB のメモリってことは、ラズパイZero ぐらいのパフォーマンスは期待できるか。
ポメラとして使うと、液晶は白黒っぽいが、実は STN のカラー液晶だったのね。

Post has attachment
スタパさんのシャワーキャップ活用術。
確かにコンパクトだし、いろいろ活用できるな。

Post has attachment
酒のんで寝ぼけてる時に、ヨメはんが「ジョン・キャメロン・ミッチェルが来るらしいぞ」と言ってて、ホンマかいなーなんで今頃?とか思ってたのを思い出して調べたらホントだった。
先行終わってるし。

http://gadget.hrksv.com/2017/07/07/post-6125

Oneplus5 は jelly scrolling の問題があって周囲では熱冷め気味。

コレは液晶パネルであるところの AMOLED を上下逆に設置し、kernel でディスプレイコントローラを180度反転させているのが原因ではないかとなってる。
パネル自体は 3T も同じものなのだけど、コネクタ位置を変更したくて、こうした工夫をしたらしい。
その結果、想定してたのかしてなかったのかわからないが、スクロールするとブルブルする現象が起きてる。
youtube にも動画あがってるので、気になる人は調べてみるといいと思う。
対策はいずれも簡単にはできないように見えるので、しばらく様子見。
値下がりが早いかもしんないし、マイナーチェンジ版(5T?)が出るかもしれんし、はたまた改修できるかもしんないし。

それでも B19 使えるのは 3T にはできないしなあ(いわゆるxiaomi端末のような手法では改造できなかった)と思っていたら、リンク先でついに変更する方法が見つかった模様。
ホントは 5 で、WCDMA のプラスエリア化するのが動機だったぽいけど。
えらいことめんどくさそうだけど、できるのとできないのじゃ差があるよね。

Post has attachment
Oneplus5の情報がチラホラと入り始めた。
au SIM は条件付きで利用可能。
980円/月の LTE音声のみ契約があれば、適当な MVNO と組み合わせて2枚差しとかいけるか。
もうそこまでするまでもなく、十分音声付 MVNO も安くなっちゃったけどな。

Post has attachment
一部の人には強い支持を受けていたソニーのデジタルペーパー「DPT-S1」の後継モデル「DPT-RP1」が今月の頭から登場している。
ボチボチ、ネットでもレビューが上がり始めた感じ。
PDF特化で紙ノートの置き換えを狙ったモデル。
前モデルよりちょっと安くなったが、それでも 79800円。現在は品薄っぽい。
例によってニッチだが、今回も一部の人に強い訴求力がある。
ソニーは最近 E-Ink との合弁会社を作ったので、コレで終わりとはならないと思う。
Android 動いて kindle 使えれば、多少高くても買うので今後に期待。
Wait while more posts are being loaded