Profile cover photo
Profile photo
ma-x papalagi
261 followers
261 followers
About
Posts

Post has attachment
リンゴ屋さんがiPhone10周年で、ちょっと無理して作ったアニバーサリーモデルが iPhoneX。
ガジェットマニアの皆さんにとっては、Appleのアニバーサリーモデルというと、どうも良い記憶がなかった歴史が思い浮かべられる。
スパルタカスとかな。ウォズも発売日には買わないって言うぐらいだし。
失敗でも記憶に残るってのは、Apple というハードもソフトも扱う会社が、力を込めた結果、転換期になっちゃったってのもあるからかも。

で、いろんな話のある iPhoneX。
個人的には失敗だと思うんですよね。
こうした取り組みは群雄割拠の Android の方が向いているし、ある程度シェアを確保した Apple は「焼き直しの焼き直しの」iPhone8 みたいな手堅い展開のほうが向いているし、ユーザもそういうのが集まった。
まあ、でもあまりに冒険しないのはつまらなかったのかもしれません。

ということで、リンク先はなんでも分解することでおなじみの iFixit の iPhoneX 分解記事です。
今回のハードウェアを実現するために、いくつかがんばっているのが見て取れます。
Qi はイマサラで失敗でしたね。Google ですら Nexus6 に搭載したのが最初ですから3年遅れです。
2つに分けられたバッテリも相当苦肉の策を感じます。
そしてそれを行った複層基盤も相当な力技を感じます。
故障の修理が不可能なのは元より、これだけ広範囲だと生産コストも押し上げちゃったのではないでしょうか。
こうしたアプローチで成功しているのは、RaspberryPi の Zero 系で、SoC とメモリの部分が段積みにして省スペースと低コスト化を実現しています。
FaceID はいわゆる Xbox に使われていた Kinnect をスマホに載せたモノ。
被写体深度を2個のカメラで探ることによって立体を3Dスキャンさせる。
アチコチの記事にもありますが、ちょっと先走り過ぎて技術が追いつかない感じのようです。

トータルで見ると、修理をする気はないけど、生産コストと耐久性にそれなりに配慮してあり、それでも無理に設定したゴールイメージに寄せた結果、いくつかの無理も見え隠れ。
中途半端で絞り切れていない感じはしますが、かつての「かっこいいけどアメリカだなー」というような設計ではなくなっていることがわかる。
こういうのは日本、それもソニーとかが得意だったけど、すっかり世界の中心は動いてしまったようです。
でも iPhoneX のような尖ったのが欲しい人は Android に来たほうがいいと思います。
そもそも中途半端でトンガリ切れてない。
ちょっと芸風にあってないかなって思いました。
まあそれでもアニバーサリーだから、ね。
Add a comment...

その後の Pixelbook です。
初期入荷のレビューも終わり、落ち着きつつありますかね。
あんまり悪いことを言う人はいないんで、そのあたりを中心に。

Android の対応状況がイマイチだ。そんなに整理が進んでいないのかなって感じ。
なんか codec 関係の処理でプチノイズとか止まったりとかそういうの多い。
状況に応じて使い分ければいいのだけど、Android のが使いやすいのが多いかな。
通常の Android でできない、Youtube とかバックグラウンド再生できるので、そういうのには便利だが、他のアプリも含めて液晶閉じちゃうと音がでなくなるので、まあそういう用途には向かない。
そもそも ChromeOS として使うと、Youtube バックグラウンドはできるんで、なんか評価しにくいつうか。マニアックつうか。
対応ソフトの状況を見ると、kindle が使いまくれるのは奇跡的とすら思った。
大型液晶の kindle 端末、それも Windows とか Mac のは、なんだアレ使いにくいな・・とか考える相当ニッチな層にはアピール可能です。

あと3.5mmジャックが使いにくい。
本体が薄いので、端子の幅が超えてしまう。
机上に置くとそこに負担がかかるので、精神衛生上もよくない。
フレキの問題とかあるけど、液晶側につけてくれないだろうか。無くすのはやめてほしい。
Bluetoothは最近はやりのカッコイイ高音質 codec に対応とかはないようです。
あとあまり配慮されていないのか、アプリ切替時や省電力に切り替え?する時にポップノイズが時折入る。
まあ Linux 系にありがちだ。
ふと思い、OTG 経由で USB DAC を使ってみましたが、class2 までいけますね。
Android 並には対応しているようです。これまでは端末によるところもあったのですが。
ポップノイズの類も、まあつなぐものによるかもしれないですが、HA-2SE で使っている分にはとりあえずOKのようです。
音響系はコレで概ねOKです。満足です。

キーボードセンターの上部に CPU 入っているのだけど(Macbookと同じ構成)、負荷がかかるとそこがものすごい熱くなる。
どこまでいけるだろうと調子乗ってたら、ブラックアウトしてなかなか再起動せず青ざめた。
熱負荷の設計がどうかなという気もしないでもない。
電池は思ったより持ちが悪い。いろんな作業をやると6時間ぐらいかな。
電源系統は Android ほど詰められていない。

トータルで見ると、もう少し待ちでいいんじゃないかなって気がする。
x86 はやめていいと思うし、ハードウェアはもう少し詰めるところがある。
まあ画面デカくて、キーボードも使いやすくていいんだけど、pixel c 持つと、軽ってなって、やっぱ電源とか取り回しは便利だねと思った。
小型のテキストマシンを好む傾向の人が喜ぶマシンじゃないですかね。
私はそういう属性もあるので、まあ無駄にはならないです。
ペンは高かったけど使ってないなあ、とそういう感じっす。
仕事で使えるとペンも使うのかな。
Add a comment...

Post has attachment
スイカとか電子カードのケースなのだけど、プリント基板になっていて回路が構成されており、光ったりする。
値段高いけど、ここまで手作りならしょうがないか。
こういう洒落っ気は嫌いじゃない。
Add a comment...

Post has attachment
Android 生みの親、アンディ・ルービンが作ったのが「Essential Phone」。
全画面液晶で、チタンにセラミックとえらいことカッコイイ。
8月末ぐらいに確か699ドルで販売開始したのだけど、今449ドルまで値下げされている。

売れなかったのだろうか。初期の値付けが強気すぎたのか。
Amazon.comから日本への出荷できて手軽に買えます。
電波対応状況が大変よろしく、日本で使う分には困らない。
OS はほとんど素の Android。もうすぐ Oreo が来るらしい。
弱点はカメラ。カメラのハードウェアはともかく、アプリがダメ。
このあたりはがんばって更新しているらしいよ。

買ったというので見せてもらった。
なんかカッコイイぞ。質感もすばらしい。
Xiaomi の Mi Mix をスマートにした感じだ。
黒を見たけど、セラミックだし指紋が目立たない白もいいんじゃないかな。
835 に 128G のスペックで十分安いと思う。
メモリ4Gはちょっと惜しいが、まあ十分なサイズだ。
Add a comment...

Post has attachment
最初に注意。最初は電源あるところで広げたほうがいいです。
あといつもどおり長文だ。

ファミレスで2台分の開梱作業やってたのですが、最初電源入らなくてどうしたものかと思った。
充電ケーブル挿したら電源入った。一応最初は80%充電状態。
その後、すぐファームのアップデートから始まるのでネットワークは必須。
モバイルルータでがんばったので、しんどかったです。
そもそもよくないね。
おウチで開けるようにしましょう。

液晶はきれい。フォントもきれい。
pixel c より解像度少ないのだけど、12.3インチの画面サイズでも全然問題ない綺麗さ。
そして 1.1kg の重量はやはり重い。
タブレットとして使うのはやっぱ苦痛だな。

キーボードはまあこんなものかな。
キートップは ChromeOS なので小文字のキートップ。
バックライトがつくけど、通過光がこうなんつうか、一定に光るような改善を期待する。
本体が薄すぎて、なにか下に入れて角度つけたいレベル。
だが、打っているうちに慣れてきた。なんにでも慣れるもの。

デザインは最近のノートパソコンのスタンダードデザインである、MacbookAir のクサビ型からの差別化を図りたかったのだろう。
まあ成功しています。カチっとしててインパクトある。
ガラスとアルミのツートンは、WiFi アンテナを配慮した結果らしいですが、スマホとも統一感もあってよいのではないでしょうか。
pixel はもっていないですが。
薄さを追求した結果、ヒンジとその周りの強度がどうかな・・ちょっと心配。
キーをバリバリ打ってるとブルブルします。
液晶の根本部分がクサビ形状で太くなり、モノコック構造になってるのはよく考えらた工業デザインだったんですね。
閉じた状態で画面を持ち上げると本体が持ち上がる。
Mac だとそういうことがなく、そういう細かい所にに差があるかな。
最近のはどうか知らないですが。
タブレットモードでの運用へ配慮されているが、ゴム足的な部分が多く、結果的には汚れたり削れたりするだろうな。
ずっときれいに使うオシャレマシンというより、オタクが薄汚く使い潰す系。

電子図書(私にとって重要な要素)は 1:√2 の Pixel C のアスペクトのほうがいいかも。
12.3インチは見開きでもまったく見劣りしないサイズ。
動画は上下のカットが減るので痛し痒し。
でも4:3より3:2の方が使い勝手がいいのかなーって気がする。
縦横の切り替えもちゃんと動く。
ChromeOS + Android はこういうのがちゃんと動かなかったりってのもある。
まあ見開きでの運用で問題ないけど、ちゃんと動くはよい。

Android の対応状況はがんばってる。Android7.1.1相当でAPI25。
現時点で過剰な期待はしない方がよい。それでも使えると便利。
CPU の i5-7Y54 は第7世代となっているが、第5世代の焼き直しの焼き直しみたいなもの。
かつて m5 とか言われていたヤツです。
iPhone6s に対する iPhone8 みたいな存在。
2カケで超低電圧 4.5w、HD615 というビデオチップが入っている。
Android アプリの性能評価ということで、Antutu とかのベンチマークで確認してみると、835と総合値は同じぐらいなのだが、傾向が違って簡単にまとめると大体こんな傾向。
 ・シングルタスクは 835 に対して倍ぐらい速い。
 ・マルチタスクは 835 と同じぐらい。2カケHT。
 ・3Dビデオは 810 相当。
なもんで、速いは速いが、ゲームとかのパフォーマンスはそんなに期待しないほうがいいかな。
Android の大画面機でハイエンドモデルは何故か少ないので、期待も多いがそれほどでもないんじゃないかなって感想。
835で作ればよかったのに、と思うがなぜかどこも出さないね。
まあ ChromeOS のキビキビ感が x86 の方がいいだろうけど。
ひょっとすると 2in1 の 835 って、WindowsARM が一番最初になっちゃうんじゃなかろうか。

トラックパッドがすこぶるよい。質感も使った感じもすごくいい。
これで電子図書をめくるのはよい感じ。
キーボードでもタッチパネル操作でもページめくりはできる。

ペンはおもしろいし、今後こういうデバイスも必要だろうな。
って 40年前に MZ80B で初めてライトペンを使ったときの感想と重なった。
「使う!」って意識しないと使わないと思う。
まあこのあたりはアプリに期待なので、今は買う必要はないと思う。

あと目玉の Google Assistant は日本語対応していません。
今のところだとそれほど気にもならないかな。
余談だが、現時点では Amazon Echo の方がよさげなんで、とりあえずそっちを試すつもり。

ハードウェア的には Macbook 相当なので、決して高いとは思わない。
それどころか戦略的な価格としてよく頑張ったんじゃないかな。
今後も世代を重ねて品質を上げていけばいいと思う。
細かい所で気になるところがないわけではない。

日本での発売を期待している人がいるようですが、これ出ないんじゃないかな。
この手の道具に対して日本人は保守的だし、PCに要求する機能に変化がない。
安普請でない Surface みたいなのも出てきたし、十分な品質が約束されてる Mac もあるし。
セッティングとかウイルスチェックとかめんどくせえんだよ。
という人が選べば良いと思う。
標準でどーしても困ることがあったら、Linux のコマンド(chromebrew)追加するとか、chroot で Linux 使う(crouton)とか、マニアな人ならなんとでもなる環境がある。
ややこしいファイル操作をしなくちゃいけないとか、どうしても Minecraft をしなくちゃいけないとか、CDのリッピングをしなくちゃいけないとか。
これまでの Chromebook はストレージが少なくて、このあたりがめんどくさかったけど、今回は十分な容量あるので大丈夫。
でもコレ買うような人って他にもたくさん持ってて、そんなこともしないか。
気になる人は安くてよい端末が他にあるので、まずはそれを試していいと思う。
イケると思った人は、その端末を家族とかに回せばいいです。
私も2014年の最初期から Chromebook 使って、実家も含めて今回で5台目の Chromebook ですが、これほど台数あって気にならない端末もないです。
おそらく管理する手間がかからないからだと思います。

ということで、駆け足でまとめてみました。
もちろんこの記事は Pixelbook で書いてみたよ。
起動が速くて省電力。スマホの使い勝手もある。
そのあたりを理解して使いこなせる人ならよいと思う。
また何日か使ってみて気になることがあったら記事書くよ。
PhotoPhotoPhoto
2017/11/09
3 Photos - View album
Add a comment...

Pixelbook キタ。ようやくキタ。8G/128G のヤツ。
ノソノソと触ってみるつもりですが、今週末までいろいろ忙しくて。

明日から今週末の3日間、東京農工大で学園祭があるのですが、同時開催される「農学サイエンスフェスタ」ってやつの企業枠で出てます。
はじめてなんで、なにやるかわかってないんですが、11/11,12 に説明員としている予定。
農学部本館ってところらしいです。
Add a comment...

Post has attachment
ハリポタGOか。
他に真似のできない Ingress のポータル利権ってのがコアコンピタンスにあって、人気のキャラクタコンテンツを消費させるとは手堅い。
まあでももう興味ないかな。なんか想像を越えるおもしろいのが出てこないか期待。
Add a comment...

Post has attachment
最強のエマージェンシーヘッデン、ペツルの e+LITE がモデルチェンジしてる。
CR2032使うので、劣化もなく、低温にも強く、ビローンと伸びるワイヤーが腕に巻いたり、頭に巻いたり、なにかに巻いたりと便利なやつ。
新型は明るさこそ明るくなったが、時間が短くなってビローンがなくなった。
モデルチェンジの前に買っとくかーと思ったけど、プレミアつき始めてるじゃん。
これ確かなんかのついでに海外で安く輸入したはずだったが、、探してみるか。
Add a comment...

Post has attachment
ウォッチドックスのPC版が1週間無料配布。
Ubi太っ腹。
Add a comment...

Post has attachment
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded