Geographicaの使い方講座、第10回はトラックのインポートです。

他のアプリやGPX機器、Webサイトなどから取得したトラックログをGeographicaに取り込んで地図に表示させる事が出来ます。

一例としてDropboxに入れてあるGPX形式のトラックログをインポートする手順を説明します。

■手順
1.事前にパソコンなどでDropboxに入れたGPXファイルをタップ。
2.対応アプリの一覧が表示されるので、Geographicaをタップして、『1回のみ』をタップ。
3.画面がGeographicaに移るので、『YES』を押してください。
4.インポート後は、トラック一覧のジャンプボタンや目玉ボタンで表示状態に出来ます。

どのアプリからインポートするかで微妙な差はありますが、流れとしては上記の通りです。

■注意点
・インポート出来るのはファイルの拡張子がGPXとKMLの2種類です。
・ただし、GPX形式といっても形式に微妙な違いがあり、対応していない場合もあります。
・KML形式の場合、ポイントに時刻情報が無く情報量が少ないです。出来るだけGPXを使って下さい。
・ヤマレコからファイルをダウンロードする方法は次回説明します。
PhotoPhotoPhotoPhoto
2015-05-27
4 Photos - View album
Shared publiclyView activity