Profile cover photo
Profile photo
: 愚者x2
14 followers -
思うところがあり+1はしませんが、ご理解頂ければ幸いに思います。尚、ネットでの活動の中心はTwitterとカクヨムです。
思うところがあり+1はしませんが、ご理解頂ければ幸いに思います。尚、ネットでの活動の中心はTwitterとカクヨムです。

14 followers
About
:'s posts

【奴隷養殖場】

2200年。

日本は奴隷の養殖場と化していた。

領土も本州を残すのみ。

100年程前に日米関係が悪化して米軍が日本から撤退を始めた。

グローバル化が進み、地理的に遠い場所から影響力を持続する事のメリットも少なくなっていた米国にとって、関係が悪化した日本をわざわざ守る必要も無い。

そして米軍が日本からの撤退を終えると間もなく、待ち構えていたかの様に中国が沖縄への侵略を始める。

日米同盟が崩壊した日本には中国の横暴を止める術は無かった。

米国は米国で遠くの土地よりも近くの土地。

メキシコへの侵略を始めていた。

すでに他国への侵略行為が否定されていた時代では無い。

世界の風向きが変わっていた。

地球の温暖化に伴い、海面上昇を招き、人間の生活可能域がどんどんと減っていく。

それを補う為に他国を侵略する事が当たり前になっていたのである。

そんな中、東アジアでは着々と軍事力を増強してきた中国のやりたい放題だった。

更にそんな中国を見て、ロシアも北海道への侵略を始める。

中国の沖縄侵略に戦力を疲弊させられていた日本はロシアの侵略に抵抗する事すら出来なくなっていた。

そして沖縄の占領を終えた中国は九州、四国へも侵略を続けていく。

その結末として、日本に残された国土は本州だけ。

それも日本人を閉じ込めておく為の土地でしかなかった。

そして他国は日本人を奴隷として必要なだけ連れていく。

すでに日本は国家として何の力も無かった。

奴隷の養殖場として存続を許されている状態でしかない。

日本人は奴隷にされる事に怯えながら、絶望の中で生きる事を強いられてしまう。

200年前の日本人には想定する事すら出来なかった事なのかもしれない。

まさか、暴力が評価される時代が再びやって来るなんて。

しかし今更、そんな事を言ったところで後の祭り。

地球に数多ある生命と同じ様に時代も生きている。

今ある姿が永遠に続く訳ではない。

暴力が評価される時代から暴力が否定される時代になり、再び暴力が評価される時代になった。

それならば、再び暴力が否定される時代が来る事もあるだろう。

今はただただ、その様な時代が再び訪れる事を願って、命を繋いでいく外はない。

再び日本が世界に羽ばたける日が来る事を信じて。

【種を蒔く者】

いつの世も現代人に出来る事は変わらない。

先人達の蒔いた種や育ててきた苗に水をやる事。
そしてもう一つ、子孫に未来を託して種を蒔く事。

出来る事はその二つ。

そして水をやる事は限られた者にしか出来ない。
社会の中で歯車として機能する能力のある者。

きちんと成果をあげる事が出来る者に任される仕事。
もし成果をあげる事が出来なければ社会に返ってくる。

一方、種を蒔く事は誰にでも出来る。
ただ、それが花や実となるかは分からない。

誰の種なら花や実となるのか。
それも分からない。

自分でそれを確認する事が出来ればいいが、
人間は、そんなに長生きが出来る訳でもない。

一つの種が花や実となるまで、
幾つもの世代が必要なのだ。

そして、その間、水をやる者の協力を得て、
大事に大事に苗を育てていく。

しかし時に、そうやって大事に育てた苗が、
綺麗な花や美味しい実にならない事がある。

本来、そういうものは苗の段階で、
水をやるのを止めて、枯らすべき。

しかし、水をやる者も神ではない。
時には判断を誤る事もある。

そうして咲いた花や成った実が、
社会に混乱を招いたりもする。

でも、それも結局はお互い様。

種を蒔く者が蒔く種は
美しい花や美味しい実になるとは限らない。

水をやる者が育てた苗が
美しい花や美味しい実になるかは分からない。

そんな中で水をやる事が出来ない僕は、
ただただ、ひたすらに種を蒔く。

未来において、僕の蒔いた種が、
美しい花や美味しい実になってくれる事を願って。

The Seeds Planter...

【種を蒔く者】

いつの世も現代人に出来る事は変わらない。

先人達の蒔いた種や育ててきた苗に水をやる事。
そしてもう一つ、子孫に未来を託して種を蒔く事。

出来る事はその二つ。

そして水をやる事は限られた者にしか出来ない。
社会の中で歯車として機能する能力のある者。

きちんと成果をあげる事が出来る者に任される仕事。
もし成果をあげる事が出来なければ社会に返ってくる。

一方、種を蒔く事は誰にでも出来る。
ただ、それが花や実となるかは分からない。

誰の種なら花や実となるのか。
それも分からない。

自分でそれを確認する事が出来ればいいが、
人間は、そんなに長生きが出来る訳でもない。

一つの種が花や実となるまで、
幾つもの世代が必要なのだ。

そして、その間、水をやる者の協力を得て、
大事に大事に苗を育てていく。

しかし時に、そうやって大事に育てた苗が、
綺麗な花や美味しい実にならない事がある。

本来、そういうものは苗の段階で、
水をやるのを止めて、枯らすべき。

しかし、水をやる者も神ではない。
時には判断を誤る事もある。

そうして咲いた花や成った実が、
社会に混乱を招いたりもする。

でも、それも結局はお互い様。

種を蒔く者が蒔く種は
美しい花や美味しい実になるとは限らない。

水をやる者が育てた苗が
美しい花や美味しい実になるかは分からない。

そんな中で水をやる事が出来ない僕は、
ただただ、ひたすらに種を蒔く。

未来において、僕の蒔いた種が、
美しい花や美味しい実になってくれる事を願って。

The Seeds Planter...

【想い】

僕の想い。
君の想い。
皆の想い。

その色々な想いが、
この世界を形造る。

僕の想いはその一部でしかない。
君の想いもその一部なのだろう。

その一つ一つはとても小さい。
でも、その想いは人の数だけある。

それら多くの想いが集まって、
皆の想いとなる。

その皆の想いですら、
この世界の一部でしかない。

一つの想いが連なって、
皆の想いとして輪となる。

その輪が集まって、
一つの星が出来上がる。

そう。

僕の想い。
君の想い。

その一つ一つの想いが、
星を形造る部品となる。

一つの想いは点でしかない。
皆の想いになると輪になり、
それが集まって星となる。

その星が地球という世界。

だから僕も君も他の皆も
色々な想いの上で生きている。

その一つ一つは小さなものなのだろう。
それでも、どれもが欠かせない。

部品が欠ければ欠ける程、
この世界は脆くなる。

だから大切にしよう。

僕の想い。
君の想い。
皆の想い。

Love Becomes a Star...

【5th Dimensional Man】

"あれ!?"

"あそこにいるのは僕じゃないのか!?"

"でも、僕は此処にいる"

"じゃあ、あそこにいるのは!?"

"やっぱり、僕だよなぁ"

"あの顔"

"あの声"

"あの傷"

"顔と声は似ているだけだったとしても、あの傷は僕だけのもの"

"あ~あ、何をやっているんだよ"

"そうじゃないよ"

"見ちゃいられないね"

"あ~あ"

"結局、そうなるんだね"

"嗚呼、そうか"

"ああやって僕は居場所を失っていったんだ"

"僕はずっとずっと居場所を探していた"

"でも、いつまでも見つからない"

"いつも世界から、こぼれ落ちてしまう"

"こぼれ落ちた僕は、いつも一人ぼっち"

"この世界の何処にも居場所は無かった"

"そんな僕を今、此処で僕は見ている"

"此処は一体、何処?"

"此処にいる僕には肉体が無い"

"肉体は目線の先にある"

"あっちが所謂『この世』なのかもしれない"

"じゃあ、此処は『あの世』!?"

"だとしたら『この世』で認識されている『あの世』とは全然、違う"

"『この世』で認識されている『あの世』とは所謂、死後の世界"

"でも、僕が死んでいるなんて、とても思えない"

"目に映る景色、耳に届く音"

"何よりも、こうして思考している"

"それでも僕はすでに死んでいるの?"

"目の前にいる僕は過去の僕?"

"いや、待てよ"

"此処が現在だとは限らないよな"

"あっちが現在で此処は・・・"

"未来!?"

"という事は未来が『あの世』なの!?"

"それとも『あの世』は死後の世界で、此処はまた『別の世』!?"

"『別の世』だとすると、また別の可能性もあるな"

"一つが未来"

"他にも『パラレルワールド』というものがある"

"勿論、それも『この世』で認識されている『パラレルワールド』にはなる"

"その『パラレルワールド』とは・・・"

"一つの世界に対して並行に存在する別の世界"

"そうなると、それは正に『別の世』"

"目の前に見えている僕は僕であって僕でないもの"

"そして僕はまた別の僕にしか過ぎないのかもしれない"

"しかし、とてもそんな風には思えない"

"目の前の僕は僕と同一の僕にしか思えない"

"目の前の僕が過去の僕なのか現在の僕なのか未来の僕なのか"

"それは分からない"

"そして此処にいる僕が過去の僕なのか現在の僕なのか未来の僕なのか"

"それも分からない"

"ただ目の前にいる僕と此処にいる僕は同じ僕"

"何となくだけど、それだけは確信が出来るんだ"

"目の前の僕が感じている孤独"

"それは僕が今、感じている孤独と同じ"

"目の前には肉体のある僕"

"此処には思考だけの僕"

"二つの僕が孤独で繋がっている"

"地球という星の片隅で"

"二つの僕が彷徨っている"

【白黒】

あなたは白が好きですか?
それとも黒が好きですか?

勿論、白が好きな人もいるだろうし、
黒が好きな人もいて当然なんだろう。

でも、世界は白か黒かだけじゃない。
灰色だってあるんだよね。

それも灰色は限りなくある。
白に近い灰色から黒に近い灰色まで。

確かに白か黒かは分かり易い。
しかし分かり易いが故の溝が出来てしまう。

白と黒の境目はくっきり。
一目瞭然だ。

そして白と黒とが離れていって、
世界は少しずつ壊れていく。

そうならない為の灰色。
灰色が世界を繋ぎ留める。

白だけの世界では白は白に非ず。
黒だけの世界では黒は黒に非ず。

白と黒を繋ぎ留めておくこで、
色々な価値を作り出す。

白は白の価値。
黒は黒の価値。
そして
灰色は灰色の価値。

この世界は白も黒も灰色もあって成り立つ。

The World isn't Panda...

設定で通知が来る様に出来ないのかな!?
出来るとして何処にあるのだろう?
探したけど、見つからない(^^;

いつの間にかにGoogle+のフォロワーが増えていた。
通知が来ないんだよな。
だから、全然、気付かない(苦笑)
お返事、遅れた方、申し訳ありませんでした。

【『何か』】

私は小説が書きたい訳でもない。
私は詩が書きたい訳でもない。
私はエッセイが書きたい訳でもない。

私は私の中にある『何か』を書きたい。

その『何か』が分からないから、
小説を書いたり、詩を書いたり、エッセイを書いたり。

もし、その『何か』が分かってしまったら、
私は何も書く事がなくなってしまうだろう。

何となくだけど、そんな風に思ったり。

でも、だからこそ面白い。
小説を書く事も、詩を書く事も、エッセイを書く事も。

分からない事は怖い。
だから知りたくもなる。

でも、知ってしまったら、
つまらなくなってしまう。

私は私の中にある『何か』を書きたい。

その『何か』を求める様に、
小説を書いたり、詩を書いたり、エッセイを書いたり。

もし、その『何か』を知ってしまったら、
私は何も楽しめなくなってしまうのかもしれない。

漠然とだけど、そんな風に感じる。

でも、だからこそ続ける。
小説を書く事も、詩を書く事も、エッセイを書く事も。

分からない事は楽しい。
だから辞められなくなる。

でも、それでいいんだよね。
人生は楽しむ為にある。

私は私の中にある『何か』を書きたい。

だから私は小説を書く。
だから私は詩を書く。
だから私はエッセイを書く。

『何か』が分からないままに、
『何か』を求めて。

I like writing very much...
Wait while more posts are being loaded