Profile

Cover photo
eguchi shintaro
Lives in 東京tokyo
1,175 followers|217,720 views
AboutPostsPhotosYouTube+1's

Stream

eguchi shintaro

Shared publicly  - 
 
葉山で座禅の研究を行っている藤田一照さん。藤田さんは、著書『アップデートする仏教』などを書かれており、仏教のあり方を現代にあったあり方として見つめなおそうとしている方です。藤田さんが発行しているメールマガジン『仏道探究ラボ』があります。毎月二回発行されているメルマガでは、藤田さんが日々感じている ...
1
Add a comment...

eguchi shintaro

Shared publicly  - 
 
TOmagazine墨田区特集の一部コーナーの執筆を担当しました
毎号、東京の23区のひとつを特集するハイパーローカルメディアの『TOmagazine』。そのTOmagazineの 墨田区特集のなかの「災害のこと。」というコーナーを担当し、執筆しました。 墨田区は、1923年の関東大震災の爪あとが多く残る地域。震災後のバラックが立ち並び、その後の帝都復興事業における区画整理や幹線道路整備などがあまり行われなかったことによって、木造密集地域が多く残る地域でもあります。そのため、いまでは倒壊や延焼が起きやすく危険な街ランキングでも上位にある区でもあります。さらに、隅田川にも近く...
 ·  Translate
毎号、東京の23区のひとつを特集するハイパーローカルメディアの『TOmagazine』。そのTOmagazineの 墨田区特集のなかの「災害のこと。」というコーナーを担当し、執筆しました。 墨田区は、1923年の関東大震災の爪あとが多く残る地域。震災後のバラックが立ち並び、その後の帝都復興事業における区画整理や幹線道路整備 ...
1
Add a comment...

eguchi shintaro

Shared publicly  - 
 
雑誌『WIRED』 vol.14内にて、企画・編集・執筆を担当しました
コントリビューティングエディターとして企画や編集をしている雑誌『 WIRED 』。11月25日発売のvol.14 では、STARTというコーナーで、イスラエルでなぜイノベーションが起きるのかを、さまざまな視点から切り取った8Pの特集を担当しました。 他にも、WIRED Conference 2014に関連した記事、10月下旬にオーストリアで開催されたRed Bull Air Raceの取材で、オーストラリアのザルツブルグに行き、生でAir Raceを観戦してきました。 Air Raceでは、2015年5月に日...
 ·  Translate
コントリビューティングエディターとして企画や編集をしている雑誌『WIRED』。11月25日発売のvol.14 では、STARTというコーナーで、イスラエルでなぜイノベーションが起きるのかを、さまざまな視点から切り取った8Pの特集を担当しました。 他にも、WIRED Conference 2014に関連した記事、10月下旬にオーストリアで開催 ...
1
Add a comment...

eguchi shintaro

Shared publicly  - 
 
記事書きました。
 ·  Translate
2016年4月から一般家庭でも電力自由化がスタートする。電力自由化によって電気料金は変わるのか、再生可能エネルギーとの付き合い方はどうなるのか、わたしたちと電気との付き合い方がどうなるのか。エネット代表取締役社長の池辺裕昭に質問をぶつけた。そこで見えてきたのは、電気を選ぶという選択肢とそこで生まれる多様なサーヴィスの可能性だ。
1
Add a comment...

eguchi shintaro

Shared publicly  - 
 
今日開催されたシビックテックフォーラム。そのセッションの一部を掲載。
 ·  Translate
3月29日科学技術館で、WIRED主催のイベント「CIVIC TECH FORUM」が開催され、マチノコトでもいくつかのセッションを取材しました。 公共とITのあたらしい関係「地域のつながりをITでバージョンアップする方法」というパネルディスカッションでは、地域でITを活用しながらコミュニティづくりに取り組んでいる方々が登壇。 まずモデレーターを務めた巡の環の信岡良亮さんからの「海士町がどこにあるか分かる人?」という問いかけからスタート。わからない人は手を挙げ、わからない人がいなくなるように会場で助け合うというワークからスタートしました。 ワークを通じて、公が担うべきなのか、共で助け合うべきなのか曖昧になっている部分があることについて言及した信岡さん。公からのサービスだけに頼っていると、人口が少なくなり税収が減って、行政からのサービスが縮小してしまうと、課題が解決されなくなっていってしまいます。 「これからの社会ではパブリックではなく、互いに助け合うコモンが重要です。「共」の力をみんなで...
1
Add a comment...

eguchi shintaro

Shared publicly  - 
 
イベント登壇:3月21日 豊橋青年会議所主催「ネット選挙と可能性」
3月21日(土)、豊橋青年会議所主催のイベントに登壇します。 テーマは「ネット選挙」。 前半は社会学者の西田さんの講演、後半は西田さんや食べる政治の増沢らとパネルディスカッション。僕は、このパネルのコーディネーターという立場。 4月に開催される統一地方選に向けて、各地の商工会議所でも選挙に関連したイベントが開催されてきそうです。 ネット選挙自体も解禁されてもうすぐ2年。ネットと政治の関係もそろそろアップデートしていくような動きをみせていきたいものです。 ウェブには情報があまり載っていないので、チラシのPDFを。
 ·  Translate
2
Add a comment...
Have him in circles
1,175 people
Taro Matsumura's profile photo
saburo takahashi's profile photo
fumiya m's profile photo
Yoshiki Kanazashi's profile photo
negi masako's profile photo
orange pekoe's profile photo
鈴木信太郎's profile photo
Yoshihito Koyama's profile photo
gu tarin's profile photo

eguchi shintaro

Shared publicly  - 
 
藤田一照さんのメールマガジン『仏道探究ラボ』のコラム「仏教とわたし」に寄稿しました
葉山で座禅の研究を行っている 藤田一照さん 。その方が発行しているメールマガジン『 仏道探究ラボ 』があります。毎月二回発行されているメルマガでは、藤田さんが日々感じていることや発見などを書いたり、読者の質問に優しく答えたりしています。 そのなかに、「仏教とわたし」という、さまざまな分野で活動している人たちが寄稿するコーナーがあります。そのコーナーに先日寄稿させていただきました。といっても、なにか大層なことを言っているわけではなく、自分が普段感じていることなどを、仏教の考えなどとも照らしあわせたエッセイのよう...
 ·  Translate
葉山で座禅の研究を行っている藤田一照さん。その方が発行しているメールマガジン『仏道探究ラボ』があります。毎月二回発行されているメルマガでは、藤田さんが日々感じていることや発見などを書いたり、読者の質問に優しく答えたりしています。 そのなかに、「仏教とわたし」という、さまざまな分野で活動している人 ...
1
Add a comment...

eguchi shintaro

Shared publicly  - 
 
雑誌『BRUTUS』 2015年3/1号にて、コーナーの一部を執筆しました
雑誌『 BRUTUS 』2015年3/1号(2月16日発売)にて、BRUTUS時事用語辞典というbook in bookのコーナーにて一部を執筆担当をしました。 さまざまな領域で活躍している人たちに2015年に話題となるキーワードをあげてもらい語ってもらったものをまとめたコーナー。政治、経済、テクノロジー、アート、建築などさまざまな視点ですが、もはや特定の出来事が一部の分野にだけに関係するということはなく、さまざまな領域にまたいだ出来事や最新のテクノロジー、物事の潮流、考え方などがあることを実感させられます。...
 ·  Translate
雑誌『BRUTUS』2015年3/1号(2月16日発売)にて、BRUTUS時事用語辞典というbook in bookのコーナーにて一部を執筆担当をしました。 さまざまな領域で活躍している人たちに2015年に話題となるキーワードをあげてもらい語ってもらったものをまとめたコーナー。政治、経済、テクノロジー、アート、建築などさまざまな視点 ...
1
Add a comment...

eguchi shintaro

Shared publicly  - 
 
WIRED vol15に書いた記事が転載されています。未来のマンションのあり方について話を伺っています。
 ·  Translate
いまのマンションは閉鎖的で、隣人との交流は限られている。世代を超えて助け合うコミュニティは生まれにくく、住んでいる街の情報はほとんど入ってこない。隣人とのつながり、街とのつながり、世代を超えたつながり。この3つのキーワードをもとに、ミレニアル世代とともにマンションの未来を考える、三井不動産レジデンシャルの取り組みを追う。
1
Add a comment...

eguchi shintaro

Shared publicly  - 
 
GUGEN2014で優勝した、おしゃぶりセンサのお二人にインタビューしました。IoTによるおしゃぶりの新しい可能性を感じさせます。同時に、医療や福祉といった現場に、こうしたデバイスが入ることでの広がりは、もっともっとあるのではないでしょうか。
 ·  Translate
距離や赤外線センサをもとに、赤ちゃんのさまざまな行動を知らせてくれる「おしゃぶりセンサ」。GUGEN2014に出展されたこの製品は、子育てをしている人の課題を解決した製品として、満場一致で大賞を受賞した。おしゃぶりセンサを開発した「なんでもセンサ開発チーム」の石井健太郎氏と尾形正泰氏に、開発の経緯や製品の今後についてお話を伺った。
1
1
MATSUMOTO Atsushi's profile photo
Add a comment...

eguchi shintaro

Shared publicly  - 
 
イベント登壇3月22日:HAKUHODO × Ars Electronica Future Catalysts PLATZ Vol.1~みんなのクエスチョンが描く、「まち」の未来~
博報堂とアルスエレクトロニカによる共同プロジェクト「 Future Catalysts 」。産業、行政、地域社会の未来をつくる人たちとの、新たな出会いと共創の機会を生み出していこうというこのプロジェクトで、「まち」をテーマに1dayイベントが開催されます。 「アルスエレクトロニカ」は、オーストリアのリンツで開催される芸術・先端技術・文化の祭典で、メディアアートに関する世界的なイベントであり、そのイベントを運営する先端テクノロジーとアートシンキングが未来社会に与えるインパクトと可能性を探求してきた、世界が注目す...
 ·  Translate
博報堂とアルスエレクトロニカによる共同プロジェクト「Future Catalysts」。産業、行政、地域社会の未来をつくる人たちとの、新たな出会いと共創の機会を生み出していこうというこのプロジェクトで、「まち」をテーマに1dayイベントが開催されます。 「アルスエレクトロニカ」は、オーストリアのリンツで開催される ...
1
Add a comment...

eguchi shintaro

Shared publicly  - 
 
3月22日に開催されるアルスのイベントについて、WIREDに掲載。さらに、2015のテーマについても触れられています。
ちなみに、こちらのイベントのラボワークショップにゲストして参加しますよ。
 ·  Translate
世界有数のメディアアートの祭典、アルスエレクトロニカ・フェスティバル。先日発表された2015年のテーマは「ポスト・シティ」。日本においても、3月22日(日)、街の未来を考察するイヴェントが「誰でも参加できる」かたちで開催される。
1
Add a comment...
Story
Introduction
ヒト、モノ、コトを紡ぎながら、これからの社会について思考しています。
Basic Information
Gender
Male
Looking for
Friends, Dating, A relationship, Networking
Birthday
August 26
Relationship
Single
eguchi shintaro's +1's are the things they like, agree with, or want to recommend.
藤田一照さんのメールマガジン『仏道探究ラボ』のコラム「仏教とわたし」に寄稿しました | being beta
eguchishintaro.blogspot.com

葉山で座禅の研究を行っている藤田一照さん。藤田さんは、著書『アップデートする仏教』などを書かれており、仏教のあり方を現代にあったあり方として見つめなおそうとしている方です。藤田さんが発行しているメールマガジン『仏道探究ラボ』があります。毎月二回発行されているメルマガでは、藤田さん

GUGEN2014大賞受賞、赤ちゃん研究から生まれたおしゃぶりセンサのこれから
fabcross.jp

距離や赤外線センサをもとに、赤ちゃんのさまざまな行動を知らせてくれる「おしゃぶりセンサ」。GUGEN2014に出展されたこの製品は、子育てをしている人の課題を解決した製品として、満場一致で大賞を受賞した。おしゃぶりセンサを開発した「なんでもセンサ開発チーム」の石井健太郎氏と尾形正

ITで地域のつながりをバージョンアップすることに挑戦する人たちと「共」の力を考える #civictechjp
www.machinokoto.net

3月29日科学技術館で、WIRED主催のイベント「CIVIC TECH FORUM」が開催され、マチノコトでもいくつかのセッションを取材しました。 公共とITのあたらしい関係「地域のつながりをITでバージョンアップする方法」というパネルディスカッションでは、地域でITを活用しなが

アルスエレクトロニカとともに「新たな都市の姿」を考察するラボ、東京に出現 « WIRED.jp
wired.jp

世界有数のメディアアートの祭典、アルスエレクトロニカ・フェスティバル。先日発表された2015年のテーマは「ポスト・シティ」。日本においても、3月22日(日)、街の未来を考察するイヴェントが「誰でも参加できる」かたちで開催される。

クラウドファンディングの拡大から、地域発イノベーションを考える(Innovation Nippon トークセッション) | 国際大学グローバル・...
www.glocom.ac.jp

グーグル×国際大学GLOCOMInnovation Nippon トークセッション 既に急成長途上にあるクラウドファンディングについて、更に大規模な資金調達の可能性を拡大する法改正が行...

「DIO」の精神とテクノロジーが、ぼくらの生活をアップデートする〜「CIVIC TECH FORUM 2015」3/29開催 #civictec...
wired.jp

高齢化や少子化、子育て問題、教育や防災…。ちょっと見回しただけでも、さまざまな課題が山積していることに気付くはずだ。そのとき、誰かが解決してくれると思うのではなく、課題を見つけた人が自ら行動する時代に、ぼくらはいる。3月29日に開催される「CIVIC TECH FORUM 201

妊婦や子育ての悩みを解決する「ママリ」が1億5000万円を調達 - CNET Japan
japan.cnet.com

妊娠や出産、子育てなどの女性の悩みに関する情報を発信する「ママリ」を運営するConnehitoは3月3日、総額1億5000万円の資金を調達したことを発表した。

全国の古民家をつないでネットワーク型の村を作る−−秋田県五城目町の古民家から始まる「シェアビレッジ」プロジェクト
www.machinokoto.net

秋田県五城目町で、「村があるから村民がいるのではなく、村民がいるから村ができる」という考えを持ち、消滅の危機にある古民家を村に見立てて再生させていく取り組みが始まりました。 「シェアビレッジ」と名付けられたこの活動は、多くの人が1つの家を支える仕組みを作り、全国の古民家をネットワ

まちづクリエイティブの「MAD City」がフローレンスと提携、エリア内で病児保育サービスを開始
www.machinokoto.net

まちづクリエイティブが千葉・松戸駅前エリアで取り組んでいる「MAD Cityプロジェクト」において、病児保育サービスを展開する認定NPO法人フローレンスと提携することを発表しました。まちづクリエイティブは、地域デベロッパーとして活動している株式会社です。 今回の提携により、「MA

世界同時開催のオープンデータイベント、日本では62カ所の自治体が参加
japan.zdnet.com

オープンデータを中心テーマにした世界同時イベント「International Open Data Day 2015」が開催された。ここでは東京会場の様子をお伝えする。

デジタルとアナログを横断できる人材を——東海大学のものづくりデザイン思考
fabcross.jp

デジタルファブリケーションの広がりによって誰もがものづくりできる時代において、従来の木工や溶接といったアナログなものづくりとデジタルツールをどう融合させていくかを考えることが求められている。東海大学教養学部芸術学科では、デジタルツールとこれまでのアナログなツールを横断的に使えるこ

バーバリー、本日22時、『LINE』でファッションショーを生中継 « WIRED.jp
wired.jp

徹底したデジタル改革を通じて、21世紀のラグジュアリーブランドのかたちを築き上げてきたバーバリー。先日発表したLINEとのグローバルパートナーシップは、バーバリーが先進的なラグジュアリーブランドとしてさまざま取り組みを実施しているひとつの事例だ。LINEとの提携のひとつとして、2

実践と思想の間でコミュニティを再生していく方法を考える−−地域と個人の関わり方のこれから
www.machinokoto.net

「東日本大震災」から約4年。 現在では震災が起きていなくても、誰もがどう自分たちが住んでいる場所と向き合い、行動していくかを考える必要に迫られる時代になってきています。その流れは、様々な行政や民間企業、市民が協同したまちづくり推進活動が生まれるという形で表出してきています。 被災

THE BRIDGEが米テックメディア「VentureBeat」と提携、翻訳と国内ニュースの海外発信を開始します
thebridge.jp

今日は珍しくTHE BRIDGEから二つ目のお知らせです。こちらもPRTIMESさんとの提携と同じく、読者や取材対象のスタートアップのみなさんに関係があるので、こちらにも掲載します。 かねてより準備し […]

THE BRIDGEがPR TIMESと提携、サイト内でのプレスリリース配信を開始
thebridge.jp

THE BRIDGEを読んでくださってる読者のみなさま、こんにちは。代表の平野です。 普段、軽いお知らせはコーポレートサイトの方で実施しているのですが、今日の発表は取材対象となるスタートアップの方々に […]

文化人類学×デザインの越境1:想像力の飛距離を伸ばす | Biz/Zine
bizzine.jp

デザインエンジニアのほか、建築家やグラフィックデザイナー、サービスデザイナーなどの多様なメンバーが集うクリエイティブ・イノベーション・ファームtakram design engineering。ディレクターの渡邉氏が、さまざまな領域を横断しながら、新しい価値を生み出している実践者

「Dr.JOY」が目指す医療現場の新しい情報共有のあり方--KDDI∞Labo第7期の3カ月間 - CNET Japan
japan.cnet.com

インキュベーションプログラム「KDDI ∞ Labo」第7期参加チームとそのメンターが、プログラムの3カ月感を振り返る。彼らはどのような活動をし、何を感じたのか。

マチノコト連続企画#2「行政と市民のあり方のこれから〜〈郷土・地域〉とは何かを考える〜」2/19 開催 ゲスト:先崎彰容さん×庄司昌彦さん×関治之さん
www.machinokoto.net

東日本国際大学の先崎彰容さんとともに思想的な視点や多様な視点をもとに、さまざまな分野のゲストと交えながら街や地域、都市について、街の未来について考えるマチノコト連続企画イベント。第一回目は、地域と個人の関係から、コミュニティのあり方について議論するイベントを開催いたします。 ・第

「これから求められるジャーナリズムのあり方と新しい可能性」 - 江口 晋太朗 / 編集者 / ジャーナリスト / NPO法人スタンバイ理事 - ...
www.yullege.jp

今日、防災について考えるにあたって、欠かすことのできないものが「情報」です。編集者、ジャーナリストでNPO法人スタンバイ理事でもある江口晋太朗さんに、防災とジャーナリズムについて改めてお話をいただきたい、というのが今回の [...]