■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■
オリンピックが開催されるレベルじゃないと屋内の完全禁煙はかなわないのか……
■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■
 
先日、厚生労働省が飲食店など建物内の原則禁煙を検討しているというニュースがありました。
 
--------------------
厚生労働省は10月12日、2020年の東京五輪に向け、飲食店やホテルなどの建物内を全面禁煙とする受動喫煙防止対策をまとめた。違反した場合は、管理者などに罰金を科す方向で検討を進める。早ければ2017年の通常国会に必要な法案を提出したいとしているという。NHKなど各社が報じた。
--------------------
 
 
つまり、東京オリンピックが2020年に開催されるから、禁煙対策を進めようというわけですよ。
 
 
これはわたしのようにタバコの煙で健康を害する人にとってはうれしいのですが、その引き金が「オリンピック」というところが残念すぎます。
 
 
だって、レストランなどの建物内での全面禁煙が先進国では常識となっているのに、日本がやってないとかっこ悪いとかそういう意識の低い理由でしょうから。
 
 
わたしはタバコがダメなことに気づいた20歳ぐらいのとき(それまで周りでタバコを吸う人がいなかった)から、ずっと望んでました。
 
 
すべてのお店から、わたしが行く場所すべてからタバコの煙がなくなることを。
 
 
もちろん見かけ上は進んでいたように見えたのですが、まったく改善しませんでした。理由はまだまだタバコの「煙」ではなく「タバコ本体」にフォーカスしているからです。
 
 
-------------------- 
タバコを吸う権利がある! 自由に吸わせろよ!
--------------------
 
 
とか言っている人には考えてほしいんです。そのタバコの煙で身体を壊している人が周りにいることを。
 
 
「タバコを吸う権利」は周りの人の人権を犯さないことを前提に適応されます。
 
 
実はわたしは空気を吸わないと生きていけない体質なんです。
 
 
でも、その煙で汚されるとダメなんです。タバコの煙アレルギーなので、その汚された空気を吸うと体調が悪くなります。
 
 
ということは、結果的に呼吸をする権利が侵害されているんですね。
 
 
みんなが飲む水道の中に蕎麦粉をまぜて流すのと同じです。蕎麦アレルギーの方がそんな水を飲むとどうなるかご存知ですか?
 
 
--------------------
これ以上タバコを吸えるところが減ったら死んでしまうわっ!
--------------------
 
 
……とか、冗談で言っているんでしょうかね。
 

周りの人に煙の届かない室外で吸えばいいし、人間はタバコが吸えないからって死にませんから。逆に健康になりますよ。
 
 
規制が進むのはうれしいのですが、タバコがダメな人に対する配慮でも、お店の従業員の健康のためでもないことが残念です。
 
 
 
--------------------
http://yossense.com/smoking-in-buildings/
------------------
 
 
 

Translate
やっと厚生労働省がタバコの規制に向けて舵をとり始めました。……とは言えまだ「検討する」レベルですが、かなりの進歩です。ただ残念なのが「オリンピック」という一大イベントがないと建物内での禁煙に乗り出さないというレベルの低さ…
1
Add a comment...