[PNAS] 適応進化の予測可能性に対する集団サイズx突然変異率の影響は単調ではない。Nμが小さいときはmonomorphicに進むので試行ごとに何通りものpathがありうる。Nμが大きくてpolymorphicなときは複数の隣接遺伝子型からgreedyに選択していくので使われるpathはある程度絞られる。さらにNμを大きくするとsecond step mutantによる適応度の谷tunnelingが増えてまた取りうるpathが増える。
Shared publicly