Profile cover photo
Profile photo
ウェアポータル株式会社
3 followers
3 followers
About
Posts

Post is pinned.Post has attachment
ウェアポータルの取り扱い製品である
メールサーバーソフト 【MDaemon Messasing Server】

 URL: http://www.wareportal.co.jp/products/mdaemon/

こちらの製品(MDaemonのオプション製品も含む)は
実は当社だけでなく国内に何社か販売している代理店がございます。

どの会社から購入しても製品の内容自体は変わりないのですが
当社は他のどの会社よりもサポート内容が充実していると自負しており、
万が一のときに安心してお使いしていただけるかと思います。


>> ウェアポータルのサポートサービスについて

 ◆サポートサービス内容

 1. 選べる3つのお問い合わせ窓口をご用意
  (電子メール・FAX・お客様専用サポートサイト「カスタマーポータル」)

  製品をご購入いただきましたお客様へは、
   ・メール窓口
   ・ファックス窓口
   ・専用サイト「カスタマーポータル」
  上記3つのお問い合わせ窓口をご用意しております。
  それぞれライセンス発行時にご案内しておりますのでご確認ください。

 2. ライセンスご契約内容を一括管理

  お客様専用のサポートサイト「カスタマーポータル」からは
  現在ご利用中のライセンス情報や更新日時を始めとした
  ご契約情報がいつでもすぐに確認することができます。

 3. 緊急セキュリティ情報の提供

  お客様に製品を安全にご使用いただくために
  緊急のセキュリティ情報が開発元から提供された場合、
  当社からも迅速にご案内させていただいております。

 4. 最新の各種ガイドやマニュアルを無償ご提供

  当社では、取り扱い製品全てを日本語にローカライズした上で、
  国内のお客様へご提供しております。
  当社とご契約頂いたお客様に対しましては、
  最新の設定・インストールガイドなどの情報を無償でご提供しています。

 5. 製品のインストール権利

  当社取り扱い製品は、インストールの際、
  アクティベーションが必要です。
  サポート期間などの情報は、アクティベーションの際使用する
  アクティベーションキーに組み込まれており、
  サポート期間を過ぎるとこのアクティベーションが行えません。

 *さらに詳しいサポート内容については、
  こちらのページからご確認いただけます。
  URL: http://www.wareportal.co.jp/support.html


製品の購入を検討されているお客様、
ぜひ当社から製品をご購入していただければと思います。


なお、ウェアポータル取扱製品をご購入したい場合は
直接のご購入かウェアポータルオンラインショップ、
または当社販売パートナー様よりご購入いただくことができます。


当社から直接ご購入を考えているのであれば、
まずはお見積もりをご依頼いただくか
ウェアポータルオンラインショップからご注文をお願い致します。

 お見積もり依頼: https://www.wareportal.co.jp/cp/node/59
 ウェアポータルオンラインショップ: http://shop.wareportal.jp/

当社販売パートナー様からのご購入を考えているのであれば、
お見積もりは販売パートナー各社様へお問い合わせをお願い致します。

 *ウェアポータル株式会社 販売パートナー一覧
  http://www.wareportal.co.jp/company/partner.html

※販売店経由でのご発注の場合、
 「ウェアポータル社のMDaemon」などと
 会社名をご指定頂けましたら処理がスムーズかと思います。


当社は日本における
・メールサーバー(MDaemon)の開発元Alt-N社の認定リセラー
・メールアーカイブ(MailStore)の開発元MailStore社の販売代理店
・HAクラスタリング(ClusterReplica)の開発元XLink社の日本総代理店
として活動しており、
ライセンスの販売だけではなく
製品を用いたスムーズなご利用開始に向けた
導入サービス支援や運用サービスも合わせてご提供しております。

 ご参考URL
  当社取り扱い製品情報ページ
     : http://www.wareportal.co.jp/products.html
  各種サービスのご案内ページ
     : http://www.wareportal.co.jp/services/index.html


製品に関するご質問やご不明な点等ございましたら
お気軽にお申し付け下さいませ。

 電話: 048-446-7144
 お問い合わせフォーム: https://www.wareportal.co.jp/form/


どうぞよろしくお願い致します。
Add a comment...

Post has attachment
■MDaemon Messasing Serverの主な機能
 メッセージ:MDaemonの添付ファイルリンク
 http://www.wareportal.co.jp/products/mdaemon/attachlink.html


MDaemonの添付ファイルリンクを使うと、添付ファイルが受信メールから自動的に削除され、任意の場所へ保存されます。メッセージには、添付ファイルが保存されているURLが代わりに挿入され、メール受信者へ届きます。



MDaemonの添付ファイルリンクは、次のような環境でとても便利な機能です。


1.大きな添付ファイルのやり取りが頻繁に発生する場合
添付ファイルリンクを利用すると、添付ファイル自体は別の場所へ保管されるため、メールの処理速度の大幅な向上が実現できます。


2.添付ファイルによる情報漏えいの危険性を感じている場合
添付ファイルがついたメールを受信すると、メールを開いた瞬間、添付ファイルも自動でダウンロード自体されてしまいます。添付ファイルリンクを使うと、添付ファイルそのものはメールサーバー側にあるため、ユーザはブラウザからその添付ファイルを取得する必要が生じます。

WorldClientへのアクセスを、社内や特定の場所からのみに制限することにより、社員が添付ファイルを外部に持ち出す危険性を避けることができます。
(WorldClientへのアクセス制限は、ファイアウォールやウェブサーバーにて行って頂く必要があります。)


3.社内ユーザー間で添付ファイルの共有を自動的に行う場合
社内で特定のアドレスでやりとりしている添付ファイルの共有を行いたい、というご要望に対しても、この機能が有効です。 添付ファイルの保管先は、ウェブサーバーやFTPサーバーで共有しているパブリックフォルダでも構わないため、添付ファイルの保管先を任意の権限を持つフォルダへ変更することで、添付ファイルの共有も、すぐに、簡単に実現できます。
Add a comment...

Post has attachment
■MDaemon Messasing Serverの主な機能
 メッセージ:メール誤送信対策
 http://www.wareportal.co.jp/products/mdaemon/recall.html


メール送信をした後に 「あっ、添付ファイルを付け忘れた!」や「送信先を間違えた!」などと気がつき、いま送ったメールを取り消したいと思った経験はございませんか?
メール誤送信を経験したことがあるという人の中で、添付ファイルを忘れた経験を持つ人は45%、書きかけのメールを送ってしまった経験を持つ人は30%いるそうです。

こうした送信ミスを防ぐための機能が、MDaemonのメッセージリコールです。

この機能により、メールは送信ボタンを押してから数分間 (1~15分の間で指定した時間)実際の送信は行われずにサーバー上に残ります。この間であれば、一度は送信したメールであっても送信処理を取り消す事ができます。一定時間が過ぎるとメッセージは通常通り配信されます。


実際のメール送信取り消し方法につきましては、上記URLにて紹介してあります。

 ・WorldClientを使った送信取消方法
 ・Outlookなどのメーラーを使った送信取消方法(2パターン)

上記方法を紹介しておりますので、ぜひご確認くださいませ。
Add a comment...

Post has attachment
■MDaemon Messasing Serverの主な機能
 メッセージ:サブアドレス機能
 http://www.wareportal.co.jp/products/mdaemon/subaddress.html

MDaemonのサブアドレスは、ユーザー毎のメールアドレスにフォルダ名を追加して使用する機能です。
サブアドレスを使用すると、特別なフィルタリングを使うことなく、mailbox+folder@domain.comというメールアドレスが自動認識され、folderで指定された受信フォルダへメールが自動で振り分けられます。


[サブアドレスの活用例]


1.メールアドレス登録先ごとにアドレスを分けることで振り分けやスパム対策

最近また情報漏えいに関するニュースが取り上げられていますが、ショッピングサイトやニュースサイトなどに登録して、その後急にスパムメールが増えた経験はありませんか?

サブアドレスを使う事で、これを防ぐ事が出来るわけではありませんが、例えば登録するサイトごとにフォルダを作成し、サブアドレスを登録すると、少なくともどのサイトへの登録がきっかけになったのか、切り分けがしやすくなるのではないかと思います。


2.管理システムごとにアドレスを分ける事でシステムごとのメールを自動振り分け

社内の情報システムを管理している方は、システムから定期的に受け取るメールもかなり多いのではないでしょうか。
機器やシステムごとにサブアドレスを使用する事で、自動振り分けはもちろん、システムの状況確認が楽に行えるようになります。
Add a comment...

Post has attachment
■MDaemon Messasing Serverの主な機能
 メッセージ:ドメイン共有・複数ドメイン対応
 http://www.wareportal.co.jp/products/mdaemon/domain.html


[ドメイン共有]
MDaemonのドメイン共有とは、複数サーバーにまたがる1つのドメインのユーザーを分散する新しい機能です。同じドメインでありながらも異なるユーザをもつような、支店などで必要な設定をより分かり易くすることができます。
ドメイン共有は1サーバーにドメインに属するユーザの一部、別の1台に残りユーザといった情報の持ち方ができます。


[複数ドメイン対応]
MDaemonはもちろん複数ドメインにも対応しています。
ドメイン毎の管理者設定も行えるため、一元管理も行いつつ、ドメイン毎の管理を各ドメイン管理者へ任せることができます。
デフォルトドメインの設定に加えて、上記の「追加ドメインエディタエディタ」を利用し、追加ドメイン名と、それに関連付けるIPアドレスを定義することができます。MDaemonは、複数ドメインで1つの同じIPアドレスを共有することも、それぞれのIPアドレスをドメイン毎に使用することも可能ですので、環境に合わせた柔軟な設定が可能です。

Add a comment...

Post has attachment
■MDaemon Messasing Serverの主な機能
 メッセージ:MDaemonの対応メールプロトコル
 http://www.wareportal.co.jp/products/mdaemon/messaging.html


MDaemonは、Pro/BlackBerryエディションをお使いの場合であれば、標準で下記プロトコルにすべて対応しています。


[送信メールプロトコル]

・SMTP(SendMailTransportProtocol)
メール送信用のプロトコルで、最も広く使われています。SMTPは、標準では認証機能を持たないため、ネットワーク構成によっては、スパムメールの踏み台にされる恐れがあります。こうした場合に用いられる、SMTP authや、POP before SMTPにも、MDaemonでは標準対応しています。
合わせて、SMTPを使ったメール送信経路を、SSLやSTARTTLSで暗号化する事も簡単にできます。通信する先のサーバーがSSLやSTARTTLSへ対応している場合のみ暗号化する、といった、柔軟な設定も行えます。


[受信メールプロトコル]

メールの受信方法はPOP3又はIMAPで、どちらか又は両方を、簡単に選択してご利用頂けます。選択はユーザー毎はもちろん、テンプレートとして設定しておくことで、自動登録するユーザーに対しても柔軟に設定が行えます。

・POP3(PostOfficeProtocol)
メール受信用のプロトコルで、最も広く使われています。Outlookなどのメーラーでメールを受信し、受信したパソコン上にメールを保持するものです。
SSLで通信を暗号化するPOP3sや、ダイアルアップ接続の環境において、ドメイン宛のメールを一括で取り込むDomainPOPといった機能も合わせてご利用頂けます。

・IMAP(InternetMessageAccessProtocol)
先ほどのPOP3同様、メール受信用のプロトコルです。POP3がメールを各ユーザのパソコンで管理するのに対し、IMAPはメールデータをサーバ側で管理し、各ユーザはサーバ上のメールボックスへアクセスし、メールの保存や管理を行います。ウェブメールなど、場所を問わずどこからでも同じメールデータにアクセスしたいような場合は、通常POP3ではなくIMAPが使われています。
SSLで通信を暗号化するIMAPsも、標準でご利用頂けます。



関連ページ)

‣MDaemonのSTARTTLSによる暗号化
 http://www.wareportal.co.jp/products/mdaemon/tls.html

‣POP3とIMAPの違いと選択について
 http://www.wareportal.co.jp/contents/pop_imap.html

‣IMAPとIMAPSについて
 http://www.wareportal.co.jp/products/mdaemon/n_imap.html
Add a comment...

Post has attachment
■MDaemon Messasing Serverの主な機能
http://www.wareportal.co.jp/products/mdaemon/function.html


 [メッセージング]
 ・IMAPとIMAPs
 ・暗号化
 ・複数ドメイン対応
 ・MultiPOP

 [WorldClient]
 ・WorldClient
 ・グループウェア
 ・メッセンジャー
 ・添付ファイルリンク

 [スマートフォン連携]
 ・BlackBerry連携
 ・Android連携
 ・iPhone対応
 ・ActiveSyncサーバ

 [セキュリティ]
 ・セキュリティ対策
 ・スパム対策
 ・第三者中継対策
 ・ウィルス対策

 [アカウント管理]
 ・アカウント管理
 ・ActiveDirectory連携
 ・LDAP連携
 ・メーリングリスト

 [システム管理]
 ・管理コンソール
 ・ブラウザ管理
 ・アーカイブ
 ・コンテンツフィルタ


それぞれの機能の詳細につきましては、上記URLよりご確認くださいませ。


なお、MDaemonの機能一覧はエディション別機能一覧からご確認頂けます。
>> http://www.wareportal.co.jp/products/mdaemon/edition.html
Add a comment...

■□■ お盆期間中もカレンダー通りの営業となっています □■□


お客様各位

平素より格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。

当社は特にお盆休みを設けておらず、
お盆期間中もカレンダー通りの日程で対応させていただきます。

  8月11日(金・祝) 休業
  8月12日(土)   休業
  8月13日(日)   休業
  8月14日(月)   営業
  8月15日(火)   営業
  8月16日(水)   営業
  8月17日(木)   営業

お盆期間中も普段と変わらず通常営業しておりますので、
お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。




Add a comment...

Post has attachment
■MDaemon Messasing Serverが選ばれる理由
http://www.wareportal.co.jp/products/mdaemon/advantage.html


MDaemonは、次のような理由で多くの企業ユーザ様にご利用いただいています。


[webメールやメーリングリストを搭載したオール・イン・ワン製品]

webメールサーバーやメーリングリスト機能、簡易アーカイブやコンテンツフィルタまで、通常であれば個々に検討されているソリューションを全て標準搭載したオールインワンサーバーです。
メールサーバーに搭載されている機能を組み合わせる事により、例えば、「スパムメールを除いて送受信メールをアーカイブ」したり、メーリングリストのメンバーでwebメールのメールボックスを共有したり、柔軟な運用が行えます。


[低価格である事に加え柔軟なシステム連携機能でTCOも削減]

webメールやフィルタリング機能を標準搭載しており、初年度の製品サポートが含まれているにも関わらず、ライセンスは19,000円からと大変お求めやすくなっています。
更にAD連携や複数ドメイン対応により、運用にかかるTCOを大幅に削減できます。


[多彩なメールセキュリティ機能も標準搭載]

スパム対策はもちろんの事、ドメイン認証やユーザー認証、ウィルス対策まで全てMDaemonで行えます。
また、コンテンツフィルタ機能により、スパムやウィルスチェックに該当したメールの処理も柔軟に行えます。

*MDaemonのセキュリティ: http://www.wareportal.co.jp/products/mdaemon/security.html


[世界90ヵ国で15年以上10万サーバー以上への導入実績]

MDaemon Messaging Serverは、1996年から15以上の販売実績があり、日本国内でも2003年から販売しています。世界では10万社、国内でも約1000社の導入実績があります。
Add a comment...

Post has attachment
 ■MDaemon Messasing Server
 URL: http://www.wareportal.co.jp/products/mdaemon/


MDaemon(エムデーモン)とは、グループウェア、スマートフォン管理、メーリングリスト、Webメール、メールセキュリティも搭載した SMTP、IMAP/POP3対応のWindows向けメールサーバーソフトウェアです。

メーリングリストやリモート接続、リモート管理、スパム対策、コンテンツフィルタ、スマートフォンからの利用、マルチドメインなどといった多彩な機能を標準搭載していて、
AD連携やユーザー情報の一括インポートなど、既存システムとの親和性も高く、最新の認証技術による高いセキュリティもご提供します。



【こんなとき、MDaemonがオススメです!】

‣ウェブメールやスケジューラをご検討中のお客様
 http://www.wareportal.co.jp/products/mdaemon/worldclient.html

‣Exchangeサーバーからの乗り換えをご検討中のお客様
 http://www.wareportal.co.jp/products/mdaemon/exchange.html

‣スパムメールやウィルスメールが多く、対策をご検討中のお客様
 http://www.wareportal.co.jp/products/mdaemon/spam.html

‣社内のスマホを管理できる製品を探しているお客様
 http://www.wareportal.co.jp/products/mdaemon/smartphone.html

‣メーリングリストを多く持っているお客様
 http://www.wareportal.co.jp/products/mdaemon/n_mailinglist.html

‣メールシステムにかかるコストを削減したいお客様
 http://www.wareportal.co.jp/products/mdaemon/price.html

MDaemonは、上記のご要望に対して広く利用されています。



【MDaemonの専用オプション】

・SecurityPlus for MDaemon - Kaspersky,OutbreakProtection,ClamAVの3つのエンジンを搭載したMDaemon専用アンチウイルス
 http://www.wareportal.co.jp/products/secplus/

・OutlookConnector for MDaemon - Outlookからスケジュール・連絡先の共有が行えるMDaemon専用Outlook連携オプション
 http://www.wareportal.co.jp/products/oc/

・ActiveSync for MDaemon - スマートフォンとのデータ同期やリモートからの初期化が行えるMDaemon専用オプション
 http://www.wareportal.co.jp/products/mdaemon/activesync.html

標準搭載されていない機能も、専用オプションで1つの管理画面から一元管理が行えます。
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded