Profile

Cover photo
登山口ねっと!
27 followers|245,978 views
AboutPosts

Stream

登山口ねっと!

Shared publicly  - 
広島県の恐羅漢山の登山口となる牛小屋高原に行く際に通る県道252号線の車道脇で洞窟(洞穴)を見つけました。場所はここです。ストリートビューにも写ってました。穴の直径は50cmほど。人ひとりがようやく入れる程度ですが、ライ...
1

登山口ねっと!

Shared publicly  - 
少し前に長野方面に行ったのですが、帰りの予定日に大雨が降るという天気予報だったので、下道で福岡まで帰る予定だったのを急遽変更し、大阪の泉大津港から阪九フェリーを利用することにしました。2年ぶりぐらいで阪九フェリーを利用したのですが、少し前に
1

登山口ねっと!

Shared publicly  - 
 
登山口の取材に行くのが面倒になったから足の指をへし折ってやったぜぇ~。しばらく山に登れないぜぇ~。しかし連休も丸つぶれになって週末ひまスギだぜぇ~。ワイルドだろぉ~?
 ·  Translate
1

登山口ねっと!

Shared publicly  - 
 
Connect with your friends — and other fascinating people. Get in-the-moment updates on the things that interest you. And watch events unfold, in real time, from every angle.
1

登山口ねっと!

Shared publicly  - 
埼玉県の渋川市郊外にそびえる独立峰、子持山(1296.4m)。屏風岩や獅子岩など溶岩流で形成された岸壁がクライマーにも人気となっている上州の秀峰として有名ですが、そんな子持山の登山口に向かう途中に佇むのが”子授け”や”安産”の神様として知ら
1

登山口ねっと!

Shared publicly  - 
 
お米とテキトーな材料を混ぜて炊きこむだけで出来上がる、チョー簡単なレシピです。鍋一つで作れるので後片付けもチョー楽ちん。「登山中はカロリーだけを補給できれば良いだろう」という個人的な考えで、栄養バランスなんてものは全く考えておりませんのであ
1

登山口ねっと!

Shared publicly  - 
 
山でたくさん栗を拾ってきました。明日は栗ごはん~♪
 ·  Translate
1

登山口ねっと!

Shared publicly  - 
 
【登山口ねっと!日本昔話】 第弐話 雉も鳴かずば射たれまじきに
~ 近松の人柱供養塔と白犬之塚 ~


え? ああ・・・あれでございますか・・・

二つある塚の小さい方は父が拾って来て可愛がっていた犬のシロの塚でございます。

父が亡くなってからぱったりと餌を食べなくなりましてね。

毎日、朝になると父を供養する塚の前でうずくまるようになり、父の後を追うように死んでしまいました・・・



・・・あれは寛文の十年、徳川様の平和な世にようやく慣れた頃にございました。

領主の丹後守松浦信貞様より御指図が下りまして、海辺の潟を埋め立てて新しい田畑を造ることになったのでございます。

近隣の村々から大勢の人足が集められましてね

ボラのひれ音が聞こえるほど静かだった漁師まちが、季節外れのお祭りでも始まったのかと見まがうばかりに大そう賑やかになったのを覚えております。


潟の埋め立ては、皆が思っていた以上に難しいものでございました。

山から切り出した石や土を積み上げて固く堤を築くのですが、すぐに流されてしまいます。

前のものより一回り大きな堤を築いてみても、どういうわけか翌朝には跡形もなく浪に流されるということが何日も続いたのでございます。

お殿様より工事奉行を仰せつかった父の近松の心労は、それはそれは大そうなものがあったのでしょう。

いつもは帰ってくるなり「酒はまだか」「火鉢の炭が少ないぞ」とか、文句をつけるのが酒の肴かと思うぐらいに騒々しかったのが

堤の工事が始まってからというもの晩酌もせず、出された膳にろくすっぽ箸もつけずに早々と床に就くというような日が多くなったのでございます。


そんなある日のこと、帰ってきた父の近松に「袖の裏がほつれたから横縞の布でふせておいてくれまいか」

と、なんとも神妙な面持ちで袴を渡されたのでございます。

早くに母を亡くした家でしたので、一人娘の私が裁縫を頼まれることもございました。

でも、袴の袖がほつれるなんてこと、今まで一度もなかったのです。

珍しいことと思いつつ袖を返してみましたが、ほつれなんてどこにもありません。

「お父様、ほつれなんてありゃしないじゃないですか」と袴を返すと

「そうか・・・おかしいな、まあよい、工事で袖をまくることもあるから裏に横縞の布をふせておいてくれ」というのです。

工事奉行にもかかわらず人足達と一緒に泥まみれになることもある父のこと、布ぶせも必要かしらと思いつつも、横縞の布なんて・・・


その晩は父がやけに優しかったのを覚えております。

「お前、きれいになったな」とか「この味噌汁は美味い、母さんのより美味いぞ」とか・・・

翌朝、背伸びして肩に袴を掛ける私を見下ろした、いつにない笑顔の父が、私が見た父の最後の姿となりました。


父の近松が亡くなったのを知ったのはその晩のことでございます。

奉行所から若い番士がまいりましてね、「自ら人身御供を申し出た」と・・・

初めは何かの間違いだと思いました。人身御供など、この藩では未だかつて行われたことはございませんし

仮にも父の近松は奉行という役職を持った身です。お人柱なんて・・・


でも、間違いなどではございませんでした。

何某とかいう与力の話によれば一昨日、工事の進捗を危惧したご家老様が作業場を訪れ、工事の役人一同に

「こうも堤が崩れるのは海神様が埋め立てを欲せざるからであろう、かくなるうえは村人から人身御供を捧げるほかなかろうて」

と申し付けたらしいのです。

もちろん父はお諫めしたそうです、しかし、ご家老様のお言葉に逆らえるはずはございませんからね。

その日は、肩を落として家路に帰る悲しげな父を番所まで見送ったそうにございます。



村人たちに人身御供の話をするのは、もちろん工事奉行である父のお役目でございました。

「人身御供を献ずることに相決まった。だれぞ名乗り出る者はおらぬか」

と問う父に、村人たちは火の粉が降りかからぬようにとうつむいたまま。

しばらくのち、父はこ申したそうにございます。

「誰も名乗り出ぬならいたしかたない、この中で袴の裏に横ぶせを当てている者がおればその者を人身御供と定めることにいたす」 と・・・


父は一人また一人と皆の袴を調べあげ、誰も横ぶせを当てた者がいないことを確かめると

「ふむ、誰もおらぬな、では最後にわしのを調べてもらおうか」と言いながら

はらりと脱いで村の世話役に渡したそうにございます・・・



「雉も鳴かずば射たれまじきに」とはどなたが詠った歌でありましょうか・・・

鳴けば射たれると分かっていても、自ら鳴かずにはいられない雉もいたのでしょうね。


だって、工事奉行にもかかわらず人足達と一緒に泥まみれになることもある父のことですから・・・


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
人形石山や国見岳登山の最寄駅となる松浦鉄道の今福駅。

近松を供養する人柱観音堂の人柱観音供養塔と白犬之塚は、その今福駅からほど近い登山口に向かう道中でひっそりと時を刻んでいます。

松浦市の有形民俗文化財にも指定される人柱観音供養塔は、中台・竿からなる希少な佐賀型の六地蔵石憧としても知られているそう。

人柱の由来は観音堂前の石碑に記されていますので、詳しく知りたい方は今福駅そばの人柱観音堂まで足をお運びください。

なお、石碑には近松自らが人身御供を提案したと記されていますが、家老の提案に近松が異を唱えたという解釈の方が物語として厚みが出ると思いましたので、前述のようなストーリーにしております。

なので、上記の話はあくまでもフィクションであり実在の人物や伝承とは何ら関係ございませんのであしからず・・・

ちなみに白犬之塚と人柱観音堂の場所はここ→https://goo.gl/maps/svgzY
 ·  Translate
1

登山口ねっと!

Shared publicly  - 
 
【世界遺産】秘境「ソコトラ島」の不思議な絶景 | TABIZINE~人生に旅心を~
 ·  Translate
イエメンのソコトラ島は、その独自の生態系から生み出された絶景が世界遺産にも登録された秘境。島の生物は300種以上が固有種であることから「インド洋のガラパゴス」とも呼ばれています。真っ赤な樹液をたたえる竜血樹 中でも異彩を放つのは、竜血樹。
1
Story
Tagline
登山口ねっと!のグーグル+のページです。
Introduction
グーグル+ではTwitter や Facebook で投稿しないような画像などもUPしてみようと思います登山口ねっと!
Contact Information
Contact info
Address
福岡県福岡市