Profile cover photo
Profile photo
自由が丘 田川歯科医院
51 followers
51 followers
About
Posts

Post has attachment
Photo
Photo
View album

Post has attachment
自由が丘 田川歯科はインプラント周囲骨の炎症に対応できる歯周病専門医です。

インプラント周囲で炎症が起きた結果、骨の吸収が起きてしまう事は、このブログで頻繁に取り上げていますが、先日発売された歯科医師向け専門雑誌「歯界展望」の2014年1月号にもインプラント周囲の骨吸収についてISCTメンバーの1人として寄稿させていただきました。

Post has attachment
インプラント周囲炎は様々な理由で起きるインプラント治療の合併症なのですが、インプラント周囲炎を起こしやすい条件というのも近年明らかになってきました。

Post has attachment
巷で目にするインプラント治療専門医院は、医療法で標榜する事が認められない専門医資格を提示してその専門性を謳っていますが、意外な事にインプラントの長期予後は提示されてはいません。
歯周病治療をおろそかにしたインプラント治療を行い5年10年経過した場合にインプラントはどうなるのか?
今回のブログはそのようなインプラント治療の実際を取り上げました。

Post has attachment
歯周病でなのか?虫歯でなのか?はたまた歯が折れたからなのか?歯を失った理由にもよりますが、インプラント治療の場合には、どうしてもインプラントを受け入れる骨の状態が天然歯周囲の骨よりも条件が悪いため、インプラント歯と天然歯の審美的な調和は非常に難しくなります。
インプラント周囲歯肉の審美性を獲得できる条件を抄読しました。

Post has attachment
咬み合わせに問題がある方に歯周病が進行してしまうと、歯の喪失に歯止めが効きません。歯周病専門医はそのような患者さんに対してどのような治療を行うのか?
そのような治療症例をブログアップしました。

Post has attachment
過去の研究では、抜歯後にインプラントを埋入すると骨の吸収は抑えられるため、早期のインプラント治療介入が望ましいと言われていましたが、ヒトで行われた本研究結果によると、インプラントを早期に埋入しても著しい頬舌幅の骨吸収が確認されたそうです。

Post has attachment
インプラントバブルが過ぎ去り、次なる経営戦略として最新と謳う歯周病治療をかかげる歯科医院が増えてきた結果、巷には治療根拠を示さない歯周病治療が氾濫しています。

治療を検討されている患者さんはその治療情報を収集して治療の正当性をよくよく検証してください。

Post has attachment
歯の廻りが黒ずんでいる方がたまにいますが、歯を抜いてそのまま差し歯をすると歯を失った場所の骨がへこむ事から影ができるからなのです。

歯周病専門医は、歯肉の調和を兼ね備えた自然な歯に復元する技術を持ちあわせているので、健康で審美的な歯を再建されたい方はお近くの歯周病専門医をお訪ねください。
http://www.tagawa-dental-clinic.com/blog/dr-nikaido-2013.html

Post has attachment
インプラント周囲の骨が溶けてしまうインプラント周囲炎は様々な原因で起こりえます。そこでインプラントと歯をつける際に取り残した接着剤のインプラント周囲炎への影響を抄読しました。

http://www.tagawa-dental-clinic.com/blog/undetected-cement.html
Wait while more posts are being loaded