Profile cover photo
Profile photo
スタイルストア・COCOMO
8 followers -
ここでしか出逢えない、ストーリーのあるものを。
ここでしか出逢えない、ストーリーのあるものを。

8 followers
About
スタイルストア・COCOMO's posts

Post has attachment
※デスクライトmonoは、本日8月28日(木)限定でポイント20倍です。

http://stylestore.jp/item/AE106-01-0000-A482/

日本のデスクライトの歴史に残る名作

 美しいデザインと機能が融合した、画期的な照明器具を作り出すスワン電器から、2009年にグッドデザイン賞を受賞したデスクライト『mono』がより進化して再登場。研ぎ澄まされ、洗練されたデザインはそのままに、充電機能が追加されました。

 市販の充電式乾電池は別途ご用意いただく必要がありますが、この『mono』から直接充電をすることが可能に。フル充電すれば弱モードで約3時間使用できるので、家中持ち運んで、好きな場所でお使いいただけます。

 開発した方にお話を伺ってみると、コンパクトなサイズとデザインを変えずに充電機能を持たせ、なおかつ安全に使用できるように設計するのはとても大変だったとのこと。安心してお使いいただけるよう、日本の安全規格にあわせて回路を新たに開発。部品の生産から組み立てまで、一貫してすべて日本で行っています。

 一番大切な明かりには直流点灯回路を採用。蛍光灯によくあるような不快なチラつきがありません。とても明るく目に優しい光なので、パソコン用にはもちろん、お子様の勉強用ライトとしてもおすすめ。明るさを強-中-弱と3段階に調光できるので、ベッドサイドでも重宝します。

 見やすく押しやすいスイッチは、充電状態を知らせるパイロットランプにもなっています。充電中は柔らかなブルーのLEDが点灯し、充電が完了すると点滅して教えてくれるというニクイ演出も。

 置いた時のバランス感がなんとも美しいフォルム。「機能美」という言葉がよく似合うデスクライトです。(文/バイヤー 西川 真介)

http://stylestore.jp/item/AE106-01-0000-A482/
Photo

Post has attachment
つまようじをリンゴの芯に見立てて

stylestore.jp/item/EI418-50-0000-M00V/


 暑い暑いと言いながら、時折吹く爽やかな風に秋を感じる昨今。
意外にも、夏があっという間にいなくなってしまったように思えて、気持ちのいい風のどこかに少しだけ寂しさを感じたりします。

 しかし秋といえば、一年でもっとも爽やかで豊かな季節。今日ご紹介する商品は、ワタクシ見るたびに「実りの秋」という言葉が浮かびます。つやつやと美味しそうな赤いリンゴ。これ、山中漆器の爪楊枝入れなんです。

 こういった漆製品の雑貨というのは、ともすると、おみやげ物屋さん的な、なんというか素朴すぎる感じになることが往々にしてあると思うのですが、浅田漆器さんのようじ立てにはそれがないんですよね。じゃあ、どこがかっこいいのかというと、別にかっこいいわけじゃない。ただただ艶やかに美味しそうで、純朴な愛らしさがあるんです。家族が集う食卓にいつも出ている「爪楊枝立て」というアイテムは、主張が強すぎることなく、みんなから愛される、こんな感じの佇まいが実はもっともしっくりくるんじゃないかと思います。

 私も自宅で愛用中。小さなサイズのようじ入れなので、実際に使ってみると「意外とマメに補充しないといけないのね・・・」というのはありましたけど、やっぱりかわいくて、食卓が和むので、せっせと補充しながら使っています。おすすめNO.1は赤リンゴですが、浅田さんが「青リンゴ」といいはる緑のリンゴもなかなか(2つはいらないと思うんですが、赤と緑を並べるとカワイイ)。もう一種類、木(かえで)の質感が楽しめる拭き漆仕上げがあります。リンゴは「豊かさ」「知恵」などの象徴とも言われており、縁起のよさもあって、ちょっとしたギフトにも喜ばれそうな一品です。(文/バイヤー 柳沼 周子)

stylestore.jp/item/EI418-50-0000-M00V/
Photo

Post has attachment
8/27(水) 10:00まで、スタイルストアでポイント10倍キャンペーン実施中です!

http://stylestore.jp/
Photo

Post has attachment
見ていて疲れにくく、控えめで繊細な佇まい

http://stylestore.jp/item/BF129-40-0000-A059/

時計は暮らしの中で、毎日何気なく何度も目にするもの。だからこそ、見ていて心地良く、インテリアの雰囲気に合うものを選びたいですよね。今日は、生活にそっと寄り添ってくれる「Lemnos(レムノス)」の時計をご紹介します。

まずは奈良雄一さんによってデザインされた「Kaede」から。この時計、置時計としてだけでなく掛け時計としてもお使いいただけるのですが、文字盤を見ていても疲れにくく、何ともやさしい佇まいをしています。文字のフォント、絶妙な濃さのグレー色、余白のバランスが良く、見ていると不思議と心が落ち着きます。シンプルな中に静かな存在感があり、ナチュラルな空間にも、モダンな空間にも合います。年月が経つにつれて、木肌の色合いが少しずつ風合いを増していくところも素敵です。

続いては、モダンな雰囲気の「時計台の時計」。こちらはすっきりとしていて、シンプルかつどこか力強い印象です。デザイナーの小池和也さんは、街の風景に溶け込みながらシンボルとしての役割を担っている時計台のような、静かに家を見守ってくれる壁掛け時計をイメージしてデザインされたそう。また、クオーツ時計と電波時計の良いところをひとつにした「2in1ムーブメント」を使っていて、一般的なクオーツ時計と同じ操作で時刻合わせができ、さらに約3時間毎に秒単位の誤差を電波情報により修正するという、高精度な機能が備わっています。

今回は他にも、温湿機能付き時計「FRAME」、置き掛け兼用の電波時計「m clock」、大人っぽい動物柄&キッズルームにおすすめな「DOUBUTSU」シリーズ、パレットに並ぶ絵の具のようにカラフルな「palette」が新登場しました。

それぞれテイストは異なりますが、Lemnosのものづくりに共通しているなと感じるのは、流行り廃りなく、時を重ねても飽きずに長く使えるということ。「時計は、時を刻むだけでなく、空間を作り出すための道具でもある」という思いと、職人の研ぎ澄まされた技によって、国内でひとつひとつ丁寧に作られたものをお届けします。

この他にもたくさんの種類の時計がありますので、ぜひお部屋の雰囲気に合わせて、時計選びを楽しんでいただけると嬉しいです。(文/バイヤー 中井 明香)

※Lemnosの全アイテムは、本日8月15日(金)限定でポイント20倍です。

http://stylestore.jp/item/BF129-40-0000-A059/
Photo

Post has attachment
佇まいは繊細、使ってみると丈夫で頼もしい

http://stylestore.jp/item/EF260-00-0000-B155/

こんなにも暑い日が続くと、お料理をするにも大変な時期ですよね。我が家でもさっぱりとしたお豆腐や素麺が連日食卓に並んでいます。そして、それらをいただく時にとても重宝しているのが、今回当店限定で作っていただいた「ヒロイグラススタジオ」のモール鉢です。

このガラス鉢と初めて出会ったのは、今年の1月頃。伸びやかに広がる口がとても繊細な表情をしていて、見た瞬間にこの佇まいに惚れ込んでしまいました。実際に購入して使ってみると、凛とした佇まいの素敵さに加えて、見た目以上に丈夫で使いやすいなと実感。小さすぎず、大きすぎずのサイズ感も絶妙。何よりシンプルなお料理や食材がはっとするほどおいしそうに美しく見えるんですよね。

あと、テーブルに光の陰影が映り込むのですが、その情景がこれまたものすごく良いんです。日中は自然光のやわらかい陰影が、夜はライトの明かりがちょっと幻想的に映って、思わず「ほーっ」っとため息が出てしまう。これはスタイルストアのお客さまにもぜひご紹介したい!と思い今日に至った、という訳です。

形も素敵なのですが、色についても、花岡さんのガラスアイテムならではのストーリーがあります。普通ガラスの発色には金や銅などの鉱物を使うのですが、「GRICE(グライス)」の淡いブルーグレー色は、花岡さんオリジナル。何とこの色、岡山で農家を営まれている花岡さんのお父さまが作ったお米を、灰になるまで焼いて、それを微粉末にして透明ガラスに混ぜるという方法で作られているのです。

1年中お米作りをずっと頑張ってきた中、収穫間際の天害などによって出荷ができなくなってしまった。農家ではそんなことも多いそうで、そんな姿を見て「このお米を使って何か自分にできることはないか」、「備前焼の陶器にように、その土地ならではのガラスって何だろう」と考え抜き、紆余曲折を重ねた上にようやくこの色合いが出来上がりました。

名前は、「グラス」と「ライス(お米)」を合わせ、「グライス」と名付けられています。涼やかでありつつ、やさしい雰囲気の佇まいなので、夏場だけでなく1年を通して活躍してくれます。もう1色の「クリア」は、透明感に溢れ使いやすさ抜群。大地の恵みから生まれた器を、ぜひ手に取って感じていただけたら嬉しいです。(文/バイヤー 中井 明香)

※ヒロイグラススタジオの全アイテムは、本日8月12日(火)限定でポイント20倍です。

http://stylestore.jp/item/EF260-00-0000-B155/
Photo

Post has attachment
美しいドレープが印象的

http://stylestore.jp/item/HG712-11-0000-B131/

いやー久々にうっとり級の服が出来上がってきました。
あまりにステキなので感嘆の声を上げた後、文字通りうっとりしちゃいましたよ。上の写真、yohakuの新作「ドルマンシリーズ」のワンピースです。

スタイルストアの服の共通点は心地よく着られて、手入れがしやすくて、長持ちする。デザインはシンプルで、お手持ちのアクセサリーやストールで、「着る人なりの味付け」を楽しんでいただけるような服を、選んでいます。が、シーズンごとにころころ入れ替わるファッションの世界!それゆえの鮮度、面白みは大事なのですが、「本当にいいものをじっくり売る、じっくり使っていただく」ということをやってきた我々には、戸惑うこともたくさんありました。

一番残念だったのは、お客さまが気に入ってくださった服が、すぐに売れなくなることです。一般の感覚では「暑い」という時期に秋冬モノが並ぶ世界なので、売れたからといって、再生産されることはまずないんですよね。

なので、途中から服を仕入れて売るだけではなく、一緒に歩みを進められる仲間たちと「服を作る」ことを始めました。その代表格は今城メリヤスさんと作ったカットソーで、嬉しいことにこれは大変好評で、ロングセラーになり、タンクトップやワンピースなど姉妹アイテムが続々増えている最中です。

で、こちらのドルマンシリーズもそんな共同開発商品の一つ。「見栄えがよくて長持ちする服をつくりたい」というラフな要望を、yohakuチームが大変ステキな服に仕上げてくれました。特にこのワンピース、横から後ろにかけてのバックスタイルがむちゃくちゃかっこいいんですよ(上の写真もモデル左手の脇!このチラッとドレープがステキでしょ)。商品ページにはバックスタイルの写真をたくさん載せましたので、ぜひ皆さまにもドラマチックな後姿を見ていただきたいです。

 全体的な雰囲気の良さは素材によるところも大きく、これは裏毛という、いわゆるスウェット生地で、表面がリネン、肌に当たる部分のループが綿という素材。麻で糸も細いものを使っているので、ざっくりした風合いの中にも上品な雰囲気があります。

 ワンピースとトップス、甲乙付けがたく素晴らしくて、んー、いつもなら「私なりのオススメはこれ!」とお伝えするようにしているのですが、今回ばかりは本当に甲乙付けられません。なので、皆さんの反応&感想を聞いてみたくてたまらない心境です。(文/バイヤー 柳沼 周子)

※yohaku/ドルマンシリーズは、本日8月11日(月)限定でポイント20倍です。

http://stylestore.jp/item/HG712-11-0000-B131/
Photo

Post has attachment
さらっと着られて、秋まで活躍

http://stylestore.jp/item/HG418-75-0000-B338/

お盆休みに入られる方もいらっしゃると思いますが、この週末は台風が接近中。お気をつけてお過ごしくださいね。

さて。今日は、先日撮影した時に「これを着て夏休みを過ごしたい!」とスタッフ一同が口を揃えていた「kapuwa(カプワ)」のワンピースが届きました。

先月デザイナーの宮本さんがインドの工房を訪れた時、なんと外の気温は43度だったそう!日本も暑い暑いといわれていますが、想像を絶しますね。そんな灼熱のインドから届いたのが、インドの「木版プリント」という伝統技法が施された生地を使った、風通しが良くて涼やかに過ごせるワンピースです。

このワンピースの特徴は、織り目が斜めになっている「コットンツイル(綾織)」生地を使い、平織の綿生地よりもやわらかく仕上げているところ。シワになりにくいので旅行着などにも重宝します。

リラックス感がありつつも、前面のウエストの中央にギャザーが入っているので、シルエットがきれいに見えるところもポイント。鎖骨を美しく見せてくれるVネック、二の腕を隠してくれる袖丈など、細部のデザインからも、つくり手の細やかな配慮が伝わってきます。

また、私達は「夏のお嬢さん」と呼んでいるシルクコットンワンピースも登場しました。こちらはシルクコットンならではのやわらかくなめらかな肌触りが特徴。すっきりと見えますが、ドロップショルダーなので着てみるとゆったりと感じます。カジュアルすぎず上品で、お食事会や結婚式の2次会などでも活躍してくれます。

kapuwaのワンピースは、全てご自宅で手洗いしていただけます。凝った作りの割りにお手頃価格なのも嬉しいところ。今の時期から秋まで活躍してくれる一着、ぜひこの機会にご覧下さいね。(文/バイヤー 中井 明香)

※kapuwaの全アイテムは、本日8月9日(土)限定でポイント20倍です。

http://stylestore.jp/item/HG418-75-0000-B338/
Photo

Post has attachment
浴びたい角度を自分で調整できる

http://stylestore.jp/item/FC057-20-0000-A188/

 汗をたくさんかいた後に浴びるシャワーはとても気持ちが良いものですよね。ちょうど今のような真夏の時期は、1日に何度も浴びたくなります。そのシャワータイムがより快適になるシャワーヘッドをご紹介します。

 今までのシャワーヘッドは手に持って浴びるか、固定させて吐水口に合わせて身体を動かす必要がありました。この『レイニームーブ』は、ヘッドの角度を上下60度、左右360度に調整可能。シャワーを固定した時でも、自分の浴びたい位置に調整することができます。

 内側のステンレス吐水口は、穴径0.3mmの極細の穴が239個もあります。穴を細くすることで、水流を抑えながらも弱くならず、さらに束になるような配置にすることによって、肌あたりの気持ち良さが生まれます。

 このNEWモデルは、内側の吐水口の外周に少し太め(0.5mm)の吐水穴を増やしてあります。これにより、シャワーの吐水範囲が従来の12cmから20cmに広がり、身体全体を流せるような設計に。吐水範囲の20cmは、頭全体を流せるくらいの範囲なので、大きく身体を動かす必要もありません。

 また、手元にオン/オフのスイッチを設けることで、こまめに止めることができ、無駄を省くこともできます。従来品の一般的なシャワーヘッドと比べると、節水効果は45%。4人家族で、一人おおよそ5分間シャワーを使ったとすると、水道・ガス料金で合わせて年間約21,900円もの節約金額になります。

 浴びたい角度は自分で決める「自由な動き」と「ワイドに浴びられる」レイニームーブ。この浴び心地を、ぜひ実感してください。(文/バイヤー 西川 真介)

※レイニームーブ シャワーヘッド(各種)は、本日8月8日(金)限定でポイント20倍です。

http://stylestore.jp/item/FC057-20-0000-A188/
Photo

Post has attachment
シルエットがきれい&旅先でも活躍します

http://stylestore.jp/search/brand/BR0289/

昨晩帰宅途中に自転車を漕いでいたら、結構強い風がびゅーびゅーと吹いていまして、それとともに秋の虫らしき声が聞こえてきました。「あら、意外と秋が近づいているのかも」なんて思いながら帰ったのですが、朝になったら今日もやっぱり真夏日!本当に暑いので、みなさま体調にお気をつけてお過ごしくださいね。

さて、まだまだ夏真っ盛りですが、今日はその着心地の良さに「秋までご紹介を待てない!」と思った当店限定のAラインシリーズの新作が届きましたのでご紹介したいと思います。

今回は今城メリヤスさんと、やわらかくて体を締め付けないのにすっきり着やせしてみえる、着心地と美しさを追求したコットンワンピースを作りました。ちょうど今このワンピースを着てメールマガジンを執筆しているのですが、肌に当たっている生地が本当にやさしくて心地良い!一度袖を通したらずっと着ていたくなるとは、正にこのことなんじゃないかと思っています。

どうしてこの心地良さが生まれているか?というと、最上級のオーガニックコットン糸を使って、今城さんが大切にメンテナンスしながら使い続けている「吊り編み機」で、ゆっくりと大切に生地を編み上げているから。たくさん編むことはできませんが、生地に負荷がかからないのでやわらかな風合いに仕上がります。

そうやって出来上がった生地を贅沢に使って、シルエットがきれいなAラインワンピースに仕立てました。袖丈は3シーズン活躍してくれる7分袖。袖を上げて5分袖くらいのバランスで着ていただくのもおすすめです。今の時期に外で着るにはちょっと暑いかもしれませんが、冷房が効いている場所などでは快適に過ごせます。

また、つかい手のみなさまのリクエストにおこたえして、胸元の開きを従来より1~1.5cmほど上げ、胸元がなるべく見えにくいように仕上げています。二の腕部分はゆとりをもたせつつもすっきりとしたラインにしているので、上からカーディガンなどを羽織ってもきれいに着ていただけます。

シンプルなので、合わせるアクセサリーやストール、靴によって、さまざまな雰囲気をお楽しみいただけます。ストレスなく着られてシワにもなりにくいので、旅行着にもおすすめ。色白に見えるネイビーとダークグレーの2色をご用意しています。

洗濯して着て・・・と繰り返すごとにやわらかくなり、風合いが増していく一着。高品質でありつつファクトリーメーカーならではの抑えられた価格に仕上がっているところも魅力です。 数量限定生産ですので、ぜひお早めにご覧くださいね!(文/バイヤー 中井 明香)

※今城メリヤスの全アイテムは、本日8月7日(木)限定でポイント20倍です。

http://stylestore.jp/search/brand/BR0289/
Photo

Post has attachment
デザイナーの感性×職人技で完成するクリエイション

http://stylestore.jp/item/HB159-86-0000-A003/

 この前の5月下旬に9周年を迎え、スタイルストアはいよいよ10年目の日々を歩んでいます。「10年」と思うとそれなりに頑張った気もするし、いやいや10年なんてまだまだと思うこともあります。まぁ、後者の気持ちのほうが強いですかね。これだけの歳月をかけてきて、やっと最近分かってきたこともあるし、やりたいことがあるのに手が追いつかない、ということも結構多いのです。

 店が10年ということは、共に歩んできたつくり手さんたちとのお付き合いもほぼ同じぐらいの年月になります。今日ご紹介するCoquette(コケット)さんもその一人。デザイナーの林きょうこさんとは、スタイルストア初期の頃からのお付き合いで、一足先にCoquetteは今年10周年を迎えられます。

 コケットの代表作といえば「フルール」。躍動感のある花柄が美しいイタリア製の型を使った牛革で、なかでも「フルール 長財布」は当店の財布のラインナップの中でも3本の指に入る人気商品です。昨年登場したピンクゴールドも大人気で、同じデザインの色違いをリピートされたり、ペンケースや手帳カバーなどフルールのアイテムを増やしていかれる方が多く、このデザインの人気は熱狂的といっても過言ではないほど。

 私自身もホワイトゴールドの長財布とシルバーのバッグを愛用中ですが、先日不意に気づいてしまったのが、上の写真の「ブロンズ」の渋いかっこよさ。8年以上フルールと付き合ってきて、本当に最近気づいたんですよね。フルール独特の陰影と、重厚感のあるブロンズ色とのコンビネーションは、美術工芸品のような美しさがあって、文字通りはっとしました。しかもブロンズは使い込んでいくと、花の部分の下地として黒が塗られているので、それが少しずつ出てきて、全体的に柄が黒光りしたような感じになっていきます。漆の黒を思わせるような色合いで、デザイナーの林さんもお客さまが5年使用したブロンズを見て驚いたそうです。

 というわけで、今まで主役としてご紹介する機会のなかった「フルール ブロンズ」をご覧頂きたく、ついまた文字数が多くなってしまいました。林さんの感性と、それを革で表現する職人さんたちの技が生み出す美しい財布、ぜひご覧ください。(文/バイヤー 柳沼 周子)

※Coquette/長財布 フルール(各種)は、本日8月6日(水)限定でポイント20倍です。

http://stylestore.jp/item/HB159-86-0000-A003/
Photo
Wait while more posts are being loaded