医療・介護の連携・移行をより効率的に推進するため、医療保険と介護保険で「リハビリテーションの実施計画書」などの重複を可能な限り排除してはどうか―。

 19日に開かれた「医療と介護の連携に関する意見交換」では、このようなテーマに沿って中央社会保険医療協議会委員と社会保障審議会・介護給付費分科会委員との意見交換が行われました(前回の会合はこちらとこちら)

4月19日に開催された、「第2回 医療と介護の連携に関する意見交換」

ここがポイント! 

1 支払側委員は「診療報酬が介護保険への移行を鈍らせている」と指摘

2 医療機関が介護保険リハビリを提供しやすくするため、基準などを見直し

3 急性期・回復期リハビリでも「目標」設定や方向付けへの指導などを評価

4 急性期こそ短期集中的なリハビリ実施が必要

支払側委員は「診療報酬が介護保険への移行を鈍らせている」と指摘
Shared publiclyView activity