Profile cover photo
Profile photo
NPO法人青竜スポーツクラブ
19 followers -
地域に密着した体操教室
地域に密着した体操教室

19 followers
About
Posts

Post has attachment
第37回広島県ジュニア体操競技選手権大会

日時:平成29年12月9日(土)・10日(日)
会場:広島県立総合体育館 小アリーナ

今年最後の試合となる広島県ジュニア体操競技選手権大会が開催されました。
青竜体操クラブからは久しぶりに女子共演の部に団体で出場しました。
しかし、残念なことにポイントゲッターの宮田桃愛がインフルエンザで欠場し、4人で戦うことに。
しかも、そのうちの二人は試合の為の練習を始めたのは2か月前と、戦力的には不利な状況でした。
結果は団体では5位でしたが、内容はとてもよかったと思います。
次に何をしなければならないかが見えてきたような気がします。
失敗して悔しい思いをした者もいたようですが、この経験が次につながればよいなと思います。
初めての団体戦だったのでコーチの菅晃代も良い経験になったようです。
来年が楽しみです。

今回の試合で一番感じたことは、Eスコアの重要性でした。
他のクラブの選手に比べてわがクラブの選手はEスコアが異常に低いことを感じました。
今後の練習でいかにEスコアを上げていくかが問われることになると思います。

成績:

女子共演 クラスⅠ
 団体総合 5位 青竜体操クラブ

小1~小3の部
 個人総合  2位 藤﨑唯
 種目別 跳 馬 1位 藤﨑唯 3位 安保葵

小4~小6の部
 個人総合  1位 岡田 未羽 7位 高本 綾乃
 種目別 跳 馬 2位 岡田 未羽 3位 高本 綾乃
     平行棒 1位 岡田 未羽

女子選手権の部
 個人総合  5位 箱﨑 若葉
 種目別 跳 馬 2位 元永 夏々華 3位 箱﨑 若葉

小学生の選手は、来年の1月に開催される小学生大会に出場します。
Eスコアがどれだけあげられるかがカギだと思います。

開会式で、山本楓太と高本綾乃の二人が選手宣誓を行いました。
Photo
Photo
2017/12/19
2 Photos - View album
Add a comment...

広島県高校新人大会

日時:平成29年11月4日(土)・5日(日)
会場:広島県立総合体育館小ホール

高校1年生と2年生が出場できる新人大会が開催されました。
しばらく高校生の大会から遠ざかっていたため、面食らったこともありましたが無事終えることができました。
参加したのは舟橋弥里一人でしたが、腹筋の故障や足の肉離れなどが続き、思うような練習ができなかったのですが、やっと故障の無い体となり、少しづつ体力も回復してきました。
ただ、体重は増えており少し動きが鈍く、見ていても重い感じがしていました。

今回は復帰戦という位置づけで試合に臨んだのですが、出来ることが限られている為、難度を落としての出場となりました。
それでも内容は大きなミスもなく、演技を終えることが出来ほっとしました。

1日目に跳馬と平行棒、2日目に平均台とゆかの2種目ずつの競技日程だったので時間がたっぷりとあり、待ち時間などに次に挑戦する技のことなどを話す機会があり、有意義な時間を過ごすことが出来ました。
今まであまりコミュニケーションがとれていなかったせいもあり、指導者と選手の目指す方向がずれていたように感じていましたが、今回コミュニケーションが取れたことで同じ方向に向けたような気がします。

ただ、お互いに目指すものがとてつもなくハードルが高いものになってしまいました。
他人から見ると「無理でしょう」というようなものですが、目標は高いほうが良いということでハードルを上げました。
出来るかどうかは全くわかりませんが、やると決めたからにはどうしても成功させたいという想いは強くあります。
後は本人がどれだけ努力できるかにかかっていると思います。

目標設定や目標を達成する方法は決まりました。後は実行するのみです。
来年が楽しみです。

このようなわくわくするような感情が体操の醍醐味ではないかといつも思っています。
これがあるから体操が続けられるのだと思います。

成績:
個人総合 3位 舟橋 弥里
種目別 
  跳馬 1位 舟橋 弥里
Add a comment...

広島県高校新人大会

日時:平成29年11月4日(土)・5日(日)
会場:広島県立総合体育館小ホール

高校1年生と2年生が出場できる新人大会が開催されました。
しばらく高校生の大会から遠ざかっていたため、面食らったこともありましたが無事終えることがで

きました。
参加したのは舟橋弥里一人でしたが、腹筋の故障や足の肉離れなどが続き、思うような練習ができな

かったのですが、やっと故障の無い体となり、少しづつ体力も回復してきました。
ただ、体重は増えており少し動きが鈍く、見ていても重い感じがしていました。

今回は復帰戦という位置づけで試合に臨んだのですが、出来ることが限られている為、難度を落とし

ての出場となりました。
それでも内容は大きなミスもなく、演技を終えることが出来ほっとしました。

1日目に跳馬と平行棒、2日目に平均台とゆかの2種目ずつの競技日程だったので時間がたっぷりとあり

、待ち時間などに次に挑戦する技のことなどを話す機会があり、有意義な時間を過ごすことが出来ま

した。
今まであまりコミュニケーションがとれていなかったせいもあり、指導者と選手の目指す方向がずれ

ていたように感じていましたが、今回コミュニケーションが取れたことで同じ方向に向けたような気

がします。

ただ、お互いに目指すものがとてつもなくハードルが高いものになってしまいました。
他人から見ると「無理でしょう」というようなものですが、目標は高いほうが良いということでハー

ドルを上げました。
出来るかどうかは全くわかりませんが、やると決めたからにはどうしても成功させたいという想いは

強くあります。
後は本人がどれだけ努力できるかにかかっていると思います。

目標設定や目標を達成する方法は決まりました。後は実行するのみです。
来年が楽しみです。

このようなわくわくするような感情が体操の醍醐味ではないかといつも思っています。
これがあるから体操が続けられるのだと思います。

成績:
個人総合 3位 舟橋 弥里
種目別 
  跳馬 1位 舟橋 弥里
Add a comment...

Post has attachment
第11回中国ブロックジュニア体操競技選手権大会

日時:平成29年10月28日(土)・29日(日)
会場:広島県立総合体育館 小アリーナ

中国ブロックジュニア体操競技選手権大会が開催されました。
青竜体操クラブからは女子小学生共演の部に岡田未羽と高本綾乃の2名が、女子選手権の部に箱﨑若葉と元永夏々華の2名が出場しました。

先週行われた岡山カップでの反省を含めての演技を期待していたのですが、小学生の二人は実力を出し切ったと思います。
しかし、選手権の部では、元永夏々華が平行棒と平均台で大過失が、そして箱﨑若葉も平均台で1回の落下があり、今後の練習の在り方を見直す必要に迫られました。
わがクラブの伝統でもある平均台への苦手意識を何とか克服しないといけないと思いながら、対策ができていないように思います。
上位の選手は多くの選手が平均台での落下がありません。
意識の問題なのか、練習方法が間違っているのかいつも自問自答を繰り返しています。
今後の大きな課題だと思います。

成績:

女子小学生共演の部

 個人総合    2位 岡田 未羽 7位 高本 綾乃
 種目別 跳 馬 2位 岡田 未羽 
     平行棒 1位 岡田 未羽
     ゆ か 1位 高本 綾乃 2位 岡田 未羽

女子選手権の部

 個人総合    2位 箱﨑 若葉  6位 元永 夏々華
 種目別 跳 馬 2位 元永 夏々華 3位 箱﨑 若葉
     平行棒 2位 箱﨑 若葉
     ゆ か 1位 箱﨑 若葉  3位 元永 夏々華 

12月には広島県ジュニア体操競技選手権大会が開催されます。
それまでには課題を克服できるよう選手と指導者が一丸となって頑張りたいと思います。
Photo
Photo
2017/11/06
2 Photos - View album
Add a comment...

Post has attachment
第20回岡山カップジュニア体操競技大会

日時:平成29年10月21日(土)~22日(日)
会場:ジップアリーナ岡山

台風が近づく中、岡山市で岡山カップが開催されました。
1日目は、中学生の部で、2日目が小学生の部でした。
今回は、久しぶりに小学生の男子の部に1名参加しました。
4種目を行う試合は初めてで、かなり緊張をしている様子でしたが、ミスはありましたが自分ができることはきちんと演技できたように思います。
多くの素晴らしい選手の演技を見て刺激を受けたのではないかと思います。
今後の成長が楽しみです。

中学生の女子の部では箱崎若葉と本林麻音が出場しましたが、本林は楽しく演技できた様子でしたが、箱﨑の方は、平行棒と平均台に新しい技を入れたため予想通り失敗をしてしまいました。
新しい技に挑戦ができたことが収穫ではないかと思っています。

小学生の女子の部では、久しぶりの団体出場となり選手コース3名(元永夏々華、岡田未羽、高本綾乃)と養成コース(宮田桃愛)・育成コース(石田莉子)からそれぞれ1名ずつの合計5名で編成しました。
小学生の部では平行棒を除いた3種目の合計(平行棒は特殊種目)で争うことになるのですが、元永の平均台の落下と宮田のゆかでのしりもちの2か所のミスで終わることができ有意義な試合の内容だったと思っています。
特殊種目の平行棒では、元永の演技が内容は濃いのですが姿勢欠点が多く、Eスコアが低かったことと、低棒移動でミスがあり得点は伸びませんでした。
今後の課題として新たに取り組んでいかなければならないと反省しています。

来年度は、箱﨑若葉は高校生に、元永夏々華は中学生になりますので、より一層E得点の向上を図らなければなりません。
本人たちはそのことがよく理解出来ているのかわからないところが不安です。
体操を楽しんでいるのはよくわかるのですが。

成績:
小学生女子の部
 団体総合   4位
 個人総合   6位 元永 夏々華
 種目別 跳馬1位 元永 夏々華
     ゆか1位 元永 夏々華

中学生女子の部
 種目別 跳馬4位  箱﨑 若葉


来週は中国ブロックジュニア体操競技大会が開催されます。
今回の反省も含めて頑張ってもらいたいものです。
Photo
Photo
2017/11/06
2 Photos - View album
Add a comment...

検定試験

日時:10月8日(日)
会場:おのみち体操練習場

2017年度最初の検定試験が行われました。
30名を超す参加者があり、保護者の方も座る場所がないほど盛況でした。
今回は、主催者側のミスで開始時間を間違って早めてしまい数人の方にご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳なかったと反省しています。
次回からはこのようなことの無いよう気を付けたいと思います。
また、午後からは、選手・養成・育成コースの保護者の皆様のご協力で、体育館周りと駐車場の草刈りをしていただき、大変きれいなりました。
暑い中、本当にありがとうございました。
心から感謝いたします。

合格者は次の通りです。

合格者

10級 諸岡 青葉

9級 津島 悠孝

8級 松本 夏希 木曽 瑞和

7級 的場 心音 竹井 祐希子 大澤 蒼空 林 芯 

6級 澤井 花乃 久留島 二葵 諸岡 春香 

5級 正田 真央 的場 一華 高垣 嘉宏 石原 早亜渚

4級 東 万里子 本林 麻音 山本 楓太

2級 杉 実和 宮崎 桃菜 金山 紗和 久留島 一舞 後藤 陽斗 

1級 西山 京之介 安保 葵 藤崎 唯

次回の検定試験は3月に予定しています。
Add a comment...

第51回中国中学校体操競技選手権大会

日時:8月7日(日)~9日(火)
会場:米子産業体育館

中国五県(山口・広島・島根・岡山・鳥取)の各県から団体1チーム、個人4名の選手が参加して19日から北九州で開催される全校中学校体操競技選手権大会への予選となる、中国大会へ箱崎若葉が広島県代表として出場しました。
参加するに当たり、目標として個人総合6位以内の入賞をめざし、全国大会への出場権を獲得することとしました。
演技構成などは充分目標達成に可能なものにして練習を重ねてきたので、大きな失敗がない限り予選は通過できると確信していました。

ところがいざ本番になると、緊張からか普段通りの演技ができていないようで、おまけに平行棒と平均台で落下してしまいました。
平行棒で落下した時点で全国大会は夢と消えてしまいました。

メンタルの弱さが大きな原因ではないかと考えています。
今後はメンタルトレーニングにも取り組んでいかなければならないなと反省しています。

今年の夏までの試合はことごとく思ったような結果が残せず、とても残念に思っています。
しかし、落ち込んでいる場合ではないと思い直し、来年に向けて新たに目標を設定し直し、練習に励んでいる今日この頃です。
Add a comment...

Post has attachment
広島県高等学校総合体育大会 体操競技の部

日時:5月27日(土)・28日(日)
会場:広島県立総合体育館小アリーナ

今春から高校生になった舟橋弥里が高校総体に出場しました。
私自身は久しぶりの高校総体とあって、少し戸惑いもありましたが、競技
が始まるといつも通りの競技会の感覚で臨むことができました。

4月23日に因島高等学校で行われた尾三大会では、少しオーバー気味だった
体重のせいで思うような演技ができなかったので、食事の改善をして理想
体重に近づけることが課題でしたが、うまくクリアできたようでした。
今回は、中国大会とインターハイの予選となっていますので、練習と体重
管理などの準備をしっかりして試合に臨みました。

結果は、ゆかのラインオーバーが1か所あったのですが、心配していた平行
棒の離れ技もしっかりと持つことができ、平均台も落下することなく演技
ができました。
おかげさまで個人総合で優勝することができました。

課題はたくさんあったのですが、ゆかでの演技で体操系の開脚度不足とひね
り不足、そしてアクロバットのひねり技での足割れが減点対象となり予定し
た得点を得ることができませんでした。
6月の中国大会ではこの点を修正して減点の少ない演技ができるよう練習し
たいと思います。
中国大会の1週間後には国体予選が待っています。
怪我をしないように最新の注意を払って練習を重ねていきたいと思います。

成績

個人総合優勝     舟橋 弥里
種目別 跳 馬 1位 舟橋 弥里
    平行棒 2位 舟橋 弥里
    平均台 1位 舟橋 弥里

多くの方に応援をしていただきありがとうございました。
また、尾道高等学校の顧問の先生には大変お世話になりました。ありがとう
ございました。
PhotoPhotoPhoto
2017/06/05
3 Photos - View album
Add a comment...

菅流メンタルトレーニング(5)潜在意識の存在


これまで4回に分けてメンタルトレーニングについて書きましたが、シリーズ最後となる5回目の今回は潜在意識について書いてみたいと思います。

人間には顕在意識と潜在意識と宇宙意識というものを持っているといわれています。
顕在意識とは、頭で考えたことや周りの状況から物事を判断して考えたり思ったりすることを司る部分です。

一方、無意識のうちに湧き出てくる想いであったり、夢を見たりすることに関わってくるのが潜在意識です。
自分ではコントロールできない意識体と考えて下さい。
しかし、人間は実はこの潜在意識にコントロールされている部分がとても大きいのです。
そして、潜在意識に影響を与えるものが心の在り方なのです。

つまり、心をコントロールすることで潜在意識をコントロールすることができるといっても良いでしょう。

人間の行動は、頭で考えた通りに動くと考えがちですが、潜在意識がコントロールしている部分が多くあります。
スポーツ活動も、潜在意識の存在を無視しては良いパフォーマンスはできないのです。

競技会に臨む場合には、この潜在意識がうまく機能しなければ良い結果は出ないと思います。

良い結果を生むためには、心の状態をプラス思考に切り替えて、すべてを潜在意識にゆだねるといった考え方で臨むのが一番良い方法なのです。

不安感を持ったり、恐怖心を持つとマイナス思考となり潜在意識はうまく機能しません。
演技に失敗したり、実力が発揮できなかったり、最悪の場合は怪我をすることもあります。

以上のことを理解して、毎日の練習に励み競技会に向けて準備をし、競技会当日は潜在意識にゆだねるといったことで良い結果が生まれるのです。


過去の記事は次の通りです。参考にして下さい。

(1)PDCAサイクル
http://blog.livedoor.jp/sugataisou/archives/52146603.html

(2)心構えを整える
http://blog.livedoor.jp/sugataisou/archives/52148155.html

(3)心も体もリラックス
http://blog.livedoor.jp/sugataisou/archives/52149711.html

(4)あがりを克服する方法
http://blog.livedoor.jp/sugataisou/archives/52151542.html
Add a comment...

半年ぐらい前から、我が家の洗面台の流しが詰まって水が流れにくくなっていたので、2件の業者に依頼してみてもらったのですが、いずれも解決できずだんだんひどくなってきてストレスとなってきました。
自分たちでも色々試してみましたが、らちがあきません。
そこでテレビのコマーシャルでおなじみの会社にメールで問い合わせをしたところ30分ほどして電話があり、すぐに担当者を向かわせるとのことでした。
5月3日のゴールデンウィーク真っ只中で本当に来てくれるのか心配でしたが、1時間後に到着して水回りを見て下さいました。
そして、的確な処理で無事解決しました。
説明も分かりやすく、理解できたので今度同じようなことになれば自分たちでも解決できるのではと思ってしまいました。
同じお金を払ってもこんなに結果に差が出るのかと思い知らされました。
何事も困りごとの依頼には相手をしっかり選ばないといけないということを気づかされました。
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded