Profile cover photo
Profile photo
morph graphics inc.
About
Posts

Post has attachment

Post has attachment
クラシックやオペラ、バレエがお好きな方は是非。
株式会社ジャパン・アーツ様のサイトリニューアルをお手伝いさせていただきました。
http://www.japanarts.co.jp/
ジャパン・アーツ様は今年で創立40周年。
これまでにウィーン少年合唱団の招聘など数多くの海外アーティストの公演や、国内アーティストの活動支援など、さまざまな芸術活動を支え続けていらっしゃいます。
リニューアルにあたり、バックエンドのシステム改修を含め、一般のお客様にも社内の方にもより使いやすいサイトを目指し、約10ヶ月の期間を経てリニューアルしました。
Add a comment...

Post has attachment
Honda S660の公式サイトを制作しました。
http://www.honda.co.jp/S660/
クルマ関連はプロジェクトに関わるスタッフの数も多いので、この中のすべてを担当したワケではないですが、おおよそのところは作りました。
今回はHondaの車種情報ページとしては初?になるのかな、一部コンテンツをスマホ対応もさせています。
通常はサブドメイン上でスマホコンテンツが展開されるのですが、そうするとドメインが変わってしまって更新時に影響が出やすいため、レスポンシブの考え方を導入して裏ワザでPCサイトをスマホ対応させています。
昨年、ヤマハ様の楽器フェアサイトで実施したテクニックの応用版です。
Add a comment...

Post has attachment
「3.11 東日本大震災 写真家・久山城正が遺した風景」サイトを公開しました。
久山氏が被災地を訪れて撮影した写真を、エリアごとに久山氏の言葉とともにご紹介しています。
写真はこの他にもたくさんあるのですが、氏が亡くなる前に作品として現像されていた写真はここに掲載したものがすべてです。
いつか、この他の写真も公開できる日が来るように、そして一日も早い復興をスタッフ一同祈っています。
http://shiromasa311.com/
Add a comment...

Post has attachment
◆2014楽器フェア ヤマハブースのご紹介サイト 公開
http://jp.yamaha.com/services/musicfair/

今回もクライアント様のご協力を得て幾つかのチャレンジを行いました。
1.レスポンシブデザインの考えを取り入れてスマートフォンからのアクセスに対応
2.シェアに狙いを絞ったSNS系ボタン群を設置
3.クライアント内で更新が行えるように簡易的なCMSを用意

スマホ対応に関しては公開後2日間の速報値データを見ると、スマホからのアクセスが
 ・同カテゴリページよりも2%多く
 ・サイト全体と比較しても2%多い
という結果が出ていますので、引き続きスマートフォンユーザにもフレンドリーなサイト構築を心がけていきたいと思います。

弊社からの提案を寛大に受け入れていただいたクライアント様にはこの場をお借りして感謝申し上げます。
まだ公開されたばかりのサイトですが、楽器フェア当日までより多くの音楽好きの方たちに使いやすいサイトを提供していく予定です。
Photo
Add a comment...

Post has attachment
ヤマハ エレクトーンの変遷ページが公開されました。
エレクトーンって、1950年代からあるって知ってました?
結構歴史があるんです。

http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/keyboards/el-organs/electone_station/about/history/
Photo
Add a comment...

Post has attachment
Web担当者フォーラムの昨日の記事。
「英国政府のWeb担当が作った“デジタルデザインの原則10か条”がスゴい!」
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/07/15/17846

4番目の「シンプルにすることに心血を注ぐ」がちょっと気になったのでエントリー。
これ、“シンプル”って訳しちゃうから結構誤解されやすいと、日々思ってます。
シンプルにすることに心血を注ぐんじゃなくて、「突き詰めて考える」ことこそ本質だと、そう思ってますし、弊社の場合はそこを心がけています。
「ここは何するところ?」「来た人はどう感じる?」「どう思って帰ってもらいたい?」といったようなことを本当に突き詰めて突き詰めて考えれば物事は自然とシンプルな方向に行くと思ってます。

シンプルになるように考えるんじゃなくて、逆にあらゆることを考えて、突き詰めて突き詰めて「これは今はいらないんじゃない?」というのをそぎ落として行く、と。そんなアプローチです。

これができれば9番目の「一貫しているべし、単に統一するのではなく」も自然とできているハズで、この訳ももうちょっと違うものになったんじゃないか?
と、そんなことを思ったので書いてみました。
Add a comment...

Post has attachment
鈴鹿8耐コンテンツ用のブラウザゲーム作りました。
08.00秒からスタートして、00.00秒ピッタリでストップできたら、プレゼントに応募できます。
PCからでもスマホからでも遊べますので、お暇な時にでも遊んでみてください。

http://response.jp/article/2014/07/14/227606.html
このresponseの画面にゲームページへのリンクがあります。

もともとこのゲーム、開発段階では1000分の1秒まで揃わないとクリアしない設定だったのですが、その時はホントに難しくてなかなかクリアできず。。。作っておきながらクリアできないとは何事か、と思ったりもしましたが、公開版は100分の1秒になったので何度かチェレンジするとクリアできると思います。

#ブラウザゲーム #鈴鹿8耐 #バイク #バイクレース     #cocacola   #コカコーラ  
Photo
Add a comment...

Post has attachment
We are pleased to announce the launch of the website dedicated to the photographer and our friend, Shiromasa Kuyama.
He passed away last November at only 55 years old, and he used to talk about putting his unpublished work out into the world. After he was gone, his wife and close friends set up the group "Team Shiromasa" to make his wish come true.
This is just a beginning, and we are hoping you enjoy the world of Shiromasa.

http://shiromasa.com/


#photographer  
Photo
Add a comment...

Post has attachment
先日、とある相談を受けたのでメモ的なエントリーを。
相談内容は「お客様から自社サイトが閲覧できないと言われたのだが、何が原因か分かるか?」というもの。
閲覧できないと言われた先は企業さんらしい。
まっさきに疑ったのはサイトがクラックされてマルウエアを仕込まれてしまったのではないか?ということ。
でも調べてみるとそんな兆候は無し。
サイト自体もごくごく普通の企業サイトなので、有害コンテンツ認定されるとも思えない。
その後、少し話を伺ってみると共有型のレンタルサーバでサイト運営されているとのこと。
ん?もしや一緒にハウジングされている他のサイトが有害認定されて、そのサーバのIPごとフィルタリングされているのでは?と思ったら、案の定そうでした。
共有型レンタルサーバには複数のサイトが共存していて、そのウチのどれかが有害サイト認定されてフィルタリングに引っかかってしまうと、そのサーバ全体にアクセスが出来なくなってしまうので、今回はまさにそれにハマってしまった模様。
こういう場合、サーバ会社に連絡して対策してもらうのが筋だけど、そう簡単に有害サイトと切り離して貰えるわけでもなく、相談されてこられた方もすでにサーバ会社には問い合せ済で、その際に「新規サーバに乗り換えればIPが変わるのでブロックされない」という返事を貰っていたそう。
でもこれは厳密には正しい表現ではなく「IPが変わるので(もしかしたらしばらくの間は)フィルタリングから外れることができる」というレベルのこと。

抜本的な改善策は新しく専用サーバを用意してそちらに引っ越すことぐらい。
相談者さんは「そんなにサイト運営にコストをかけられるワケではないし、人的リソースも足りない」とのことで、他の安いレンタルサーバに引っ越すのはどうか?ということだったけど、それだとそこでまた有害サイトがハウジングされてると同じ目に遭ってしまう。

とはいえ、フィルタリングされたままの状態で良いハズもなく、現状はひとまずこの調査まで実施したところで今後を検討中。

共有型レンタルサーバを使われている企業・サービスのサイトは時々フィルタリングされていないかチェックした方が良いですよ。
下記のサイトにURLを入力するとチェックできます。

http://www.aguse.jp/
「調べる」ボタンをクリックして暫く待つと、ダダダーっとデータが表示されますが、見るのはその一番下。
「ブラックリスト判定結果」というところにひとつでもCAUTIONがあると、そこのフィルターを通してフィルタリングしている企業や団体からはサイト閲覧が出来ない可能性が高いということになります。
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded