ICFP Programming Contest には例年のように Team Sampou で参加。 レポジトリは https://github.com/msakai/icfpc2015/ で、メンバーはいつもの私、 +Nobuo Yamashita さん、 +いとうかつとし さん、( [1..100]>>=pen さん)。

今回は、「下回りがある程度できて、これからアルゴリズムをちゃんと改良したり、DQNとか試してみたい」というあたりで時間切れで、今年も入り口に辿り着いただけで終わってしまった感。

そんなわけで大したことはできなかったのだけれど、中身以外では以下のようなことを新たに試すことが出来た。
・メンバーの連絡には Slack を使用 (Slackは初めて触ったけど便利ね)
・CI には Travis Pro (100ビルドの無料トライアルがあったので)を使って、githubのプライベートレポジトリにコミットしたものをテストし、結果をSlackに通知
・Coveralls.io Pro (30日の無料トライアルがあったので) でカバレッジのトラッキングし、結果をSlackに通知。 hpc-coveralls が Travis Pro に対応していなくてちょっとハマったが)
・DigitalOceanで用意したマシンをメンバーで共有してコードを走らせる
Shared publicly