Operation Asari-no-Sakamushi Zwei for HELIOS Artifact # 09
ENL KANSAI JAPAN

English follows

注記:このポストは、ENL関西エージェント@a2ch0riさんの代理投稿です。
--
1つ目のArtifact # 40をゴールさせた関西チームには、達成感と終了感が広がっていた。しかし、Artifactはまだ沢山ある。

逸る気持ちはあったが、アサリガイはそれほどイージーなポータルではない。平日に集まれるAgentだけでArtifactをゴールさせることは難しかった。また平日に国内でArtifactを保管することも難しかった。
結局、海外チームにお願いし、9/28(JST)の夜に国内にArtifactを受入れることになった。

やってくるArtifactは
・ハワイを経由してくるものが1つ
・フィリピンから沖縄を経由してくるものが1つ
・ヨーロッパからロシアを経由してくるもの、韓国のもの・・・
候補は複数あった。

すべて受け入れるとなれば、前回と同じく太平洋から紀伊水道を割って入れるのと、日本海から内陸をこじ開けて入れる、その2つを同時にやらなければならない。
しかし、どう考えても関西にそれをやるだけのリソースは存在しなかった。

海外チームが自分たちと同様に時間をかけて運んでくれたArtifactを受け入れることができないのは、辛い。しかし、ゴールできる見込みが無いものにリソースは割けない。苦渋の決断を下す。
「確実に見込みがあるものにリソースを集中するべきだが、できるところまでやってみよう」

2014/9/27 SAT
まず、フィリピンとハワイのチームと受入れに向けた最終調整に入った。

関西チームは、様々な事情から24時頃の受入れを目指したかった。しかし、日本時間で24時ゴールを目指すと、ハワイチームは夜中から明け方の作戦となる。前回その時間での作戦を強いたハワイチームに、再度24時受入れと言うのはできないと思った。その為、今回は日本へのArtifact受入れを21:00(JST)とした。

受入れ方法は多数の案を検討した結果、前回と同じく室戸岬からアサリガイヘ直接蹴りこむ方法を選んだ。

前回の教訓を踏まえ、前回手薄だった和歌山へ遠征チームを派遣、同時に紀伊水道の要である友ヶ島にもAgentを派遣した。最終の渡し船で島へ渡れば翌日まで戻れない、キャンプ覚悟の派遣だ。

そして、ハワイ~室戸~沖縄の間に妨害Linkを出させないため、室戸岬~潮岬~式根島~野島崎という関東から関西に至る太平洋岸を完全に封鎖する妨害阻止Linkを作ることになった。
そして友ヶ島を中心に紀伊水道から大阪湾に縦リンクを張り巡らし、最後に友ヶ島をADAしてLinkを切ると同時に室戸岬からアサリガイヘLinkを通す。計画が完成した。

9/28 AM
室戸岬、和歌山遠征チームが出発
淡路島遊撃チームも土地勘養成の為に早めに出発
友ヶ島派遣Agentは大阪湾妨害Linkを張るために湾岸地域のキー、特に立ち入り時間に制限のあるポータルを中心にキーを集めながら島へ向かった

大阪湾岸地帯と淡路島東岸には立ち入り時間に制限のあるポータルがいくつか存在する。

有料公園やテーマパーク内、城址などなど閉鎖時間になるとキャプチャできないポータルだ。特に堺にある「スクラップシュート」と神戸の「神戸空港」、泉佐野の「関西国際空港」は湾内に突き出た場所にあり、関西国際空港以外は時間制限も有る戦略上最重要拠点だった。
淡路島及び友ヶ島遠征チームには、重要拠点のキーを事前に渡した。確実に抑えるべきポイントだった。

堺のスクラップシュート閉鎖は17時。
その時間にスクラップシュートを制圧、同時に友ヶ島からLinkを張り、それを狼煙としてすべての計画が動き出すようにスケジュールを作成した。

17:20
所要で参加が遅れ、アサリガイチームの集合場所へ向かう途中、衝撃の報告を受ける。それは
「スクラップシュートの制圧に失敗。その経過で問題が発生し、解決のためにRESに「FIFA記念碑」というポータルを明け渡し、不可侵とした」とのことだった。

経緯をかいつまんで書くと、堺のスクラップシュートを制圧しに行った段階で、RESもスクラップシュート制圧に動いており、6対7位のワンコ合戦になったまま17時を迎えた。
このままでは埒が明かないと判断したRES側より提案があり、ENL, RESの代表によるじゃんけんでポータルの制圧権を決めることになった。じゃんけんの結果RESが制圧権を獲得、青化した。
しかし、激しい管理者からの公園退去勧告の対処や退場処理、中立のはずが中立でないポータルの情報のやりとりなどが交差してパニックに陥ったENLAgentの1人がポータルを攻撃し中立化してしまい、事実上スクラップシュートは両陣営で使えなくなってしまった。
そこで、近隣にあるポータル「FIFA記念碑」をスクラップシュートの代わりとし、RESが使用、ENLは24時まで攻撃をしない(FIFA記念碑は24時以降立ち入れないため事実上HELIOS終了までRESが専有する)という不可侵条約を結んだとの事だった。

取られてしまったものはしょうがない。とにかくスクラップシュート以外のガードリンクを作らないと・・・

17:30
淡路島と和歌山の境に位置する友ヶ島に、活動可能な緑エージェントを配置した。室戸岬及び神戸と友ヶ島にガードリンクを張る計画だった。計画は誤ってはいなかったが、青エージェントが多方面に展開し、緑が大阪湾に張ったリンクはことごとく切断される状況。22時までの間に、友ヶ島のエージェントの携帯は電波不良で頻繁に圏外になり、傍で鹿が鳴き、LED懐中電灯は調子が悪くなった。一方、六甲ポートアイランド・神戸空港チームは、青の邪魔リンクを作らせないよう防衛戦を繰り広げたが、結果的に数で勝る青がブロックリンクを引くことに成功していた。

22:00
22時までに作戦の完了を目論んでいたが、両陣営の拠点となりうる神戸空港に緑エージェントが追加で参戦したにもかかわらず、青の勢力は衰えず、23時のチェックポイントも、ただ過ぎ去って行った。
一方、淡路島では、ENLチームが生石公園エリアで待機し、大阪湾の妨害リンクを阻止しようとしていた。途中参戦でかけつけた緑のエージェント2人は車で二手に分かれ、大阪湾のブロックリンクを切るために奔走した。長い時間にわたってこの攻防は続いた。青チームは緑チームの動きに即座に反応して、組織的にブロックリンクを作っているように見えた。

24:00
24時を過ぎても事態は打開されず、すぐに25時はやってきた。日付が変わっても、ターゲットポータルの周辺では、舞洲エリアで何人かの緑エージェントが近隣からの青の邪魔リンクを阻止するためガードリンクを作るべく奮闘していた。やはり青のほうが優勢で、アサリガイエリアに対して何度も邪魔リンクが張られた。26時も近づき仲間全員に焦燥が見られる中、最後の決断を下した。
”27時のチェックポイントが、最後の戦いだ”
大阪、神戸、淡路島、そしてその他すべてのオペレーションに携わる緑チームのメンバーは、27時に向けて最後の力を振り絞った。

26:15
無数の青の邪魔リンクが走る中、それらを切断しガードリンクを張ることは困難を極めた。大阪から和歌山方面に展開していたエージェントが、舞洲、南港方面の邪魔リンクを切り、淡路島側からもリンクは切断された。26時15分、ついに緑のガードリンクが通った。最終的にすべての邪魔リンクは切断された。その後奮闘の末、ついに室戸岬からアサリガイはリンクされた。

27:00
27時、Artifact # 9 は、アサリガイへ飛んだ。目的は達成された。

参考
ENL 関西
- For Artifact # 40 http://goo.gl/hQf3ne
- For Artifact # 09 {This report}

他のENL SITREP
- インドネシア http://goo.gl/xxjIo8
- 韓国 http://goo.gl/3LEFZO
- ロシア http://goo.gl/jof7F1
- 東北, 日本 http://goo.gl/iMN5PU
- 国際コミュニケーション
--@wasabi0522 http://goo.gl/7G8CSJ
- エンドロール from ENL Japan
  http://goo.gl/1f3nzf

English version
Operation Asari-no-Sakamushi Zwei for Artifact # 09 - Long night
ENL KANSAI JAPAN

NOTE: I publish this report on behalf of @a2ch0ri.
---
Enlightened (ENL) Kansai operation on Sep 23, a holiday in Japan, wasn’t pushed through for various reasons due to approaching typhoon. However, Many ENL agents around the world were still holding tight grip on the situation, getting ready for the massive and final campaign ending on Sep. 27. Approaching the final weekend, both ENL and RES focus points became too similar to stay isolated though the intention was opposite; RES to deploy blocking links east-west across the Osaka bay while ENL to secure sea lane with links north-south.

On Sep. 27, the stage for one of the early conflicts was Sakai-hama, a landfill outpost toward the south of Osaka. The two portals in the park would be locked out at 17:00 (all in local time hereafter)  when the gate was closed, giving untouchable advantage covering the Osaka bay throughout the night. By 16:30, the team of ENL agents including @ZillionFlies, @JukeKoichi, @FreudV, and @Yomogi was on the spot as planned, coordinated by agent @Felnand in front of the intel screen. Optimistic thought didn’t last a second when group of all too mighty RES agents was spotted. Fierce battle for the control of two portals sparked, and there was no easy way out. 

Passing 17:00, the security started pushing all people out of the park.  ENL and RES agents needed to settle the situation on site - the idea agreed between ENL and RES was to leave one portal neutral, and the other portal to be given to the faction winning the rock-paper-scissors tournament. RES won the match. According to the agreement, RES deployed resonators on “Scrapshoot” portal and laid a link. Another portal, “Landscape”, had several RES resonators but ENL team let them be for no material harm as the urgent task on hand was to hurry up to the gate.
 
Things got blurred at this chaotic moment. Scanner continued to record actions, or so it seemed, protests and counterprotests were exchanged, and before everybody exited the territory, Scrapshoot portal got destroyed. It was too late to undo. On the ground ENL team in haste accepted the RES demand to sanction ownership for “2014 FIFA World cup memorial”, a nearby portal in similar vantage point with extended access time. Deal was a deal, and it was honored by entire ENL operation.

In the mean time, an ENL agent @Acidm was alone in Tomogashima, a part of islands in the middle of the strait. Up until the World War II, fortress to protect the main land from the fleet attack was maintained in these islands, and today the agent has a mission on such a historic military site. First, creating a link to Cape Muroto, and then to Kobe was a set of pre-aligned tasks to prevent RES interference. More preventive links were casted to the perimeter prior to 21:00. So far so good.

However, RES responded too well elsewhere. It looked so easy removing ENL links around the Osaka bay. By 22:00 RES started putting blocking links into FIFA world cup portal, and not much could be done. The reverse momentum hit the peaceful island without permanent resident as well; sudden random loss of mobile carrier signal at the very moment of synchronized action, a flock of deer in the dark scaring the agent at camping site, losing LED flashlight somewhere… All made the night at Tomogashima more entertaining for @Acidm, if one could take the side of optimism. Looking up, it was clear-up sky in the beautifully starry night, but nobody could see how ENL would possibly come out of the situation.

ENL agents @Rugger75 and @SackyGplusVIP were busy defending Port Island and its extension, Kobe airport since early evening. However, RES outnumbered ENL this time and successfully established blocking links. As the hope for 22:00 melted away, ENL agents including @San92089 and @Rooge decided to lend their hands for Kobe airport. Still outnumbered by RES, 23:00 check time simply went by and the terminal building was closed.

In Awaji island, ENL agents @Touzi and @yhafei were struggling to defend Oishi area at the southeast tip of the island for taking control of the Osaka bay. Only wild deer is active for the most nights, but that night was different. As well as RES agents, more ENL agents,@Timazak and @Showyou were also rallied in the island. They separately went up and down around the island to take care of the RES blocking links to Osaka. It was time consuming operation as RES seemed catching up to destroy earlier ENL guard links and now establishing more block links to Osaka one after another as ENL chased them. Time was not friendly to ENL as the clean-up operation continued passing 24:00 mark, and 25:00 came too soon.

Closer to Asari-gai target portal, ENL agents including @Pipered, @mh900e, @zillionFlies, and @Pitoh were exhausted in Maishima, another landfill outpost in Osaka that could directly guard (for ENL) or block (for RES) the target. Outnumbered by RES, block links to just west of Asari-gai area popped up here and there, XMP bursters, resonators, and shields disappeared into the dark night. The other end on the west of the target portal, ENL agents including @G13th and @Lilyheart were also desperate facing fierce RES team. Clock was ticking much faster in their mind, approaching 26:00. It was gone before they knew.

ENL leader @a2ch0ri stood up and announced the resolution - 27:00 would be the final attempt. Exhaustion and fatigue were everywhere but it was not over. All teams in Osaka, Kobe, Awaji island, and the target portal area went into full throttle. 

It was almost miracle that RES blocking links were all gone by 26:15.
Secretly waiting in Wakayama, ENL agent @Danatea was ready to shut out the Osaka RES portals from Kada, stretching toward Maishima and Nanko areas. The scanner finally showed available portals for link. Now or never… guard links were established and more guard links were added. At Oishi in Awaji island, Agent @Touji also established guard links to Kobe immediately. RES links were cleared in the middle of the island by @yhafei.

The green lines were so beautiful like blooming flower. Radiating links from Oishi guarded the west half, and another set of radiating links from Kada suppressed the east half. In the middle was the long straight link all ENL team had been long waiting for.

The ENL team in Cape Muroto including agent @SoyuzTMA was ready. Global operation team had already trasnsferred Artifact #9 from Hawaii earlier, therefore Muroto team had moved the Artifact into tighter control. The time had come. The link to Asari-gai was established.

On the target portal, ENL agents added the finishing touch. It was the moment of truth. Shikoku ENL agent Elingi was among them. Now understanding what was going on, the agent could not stop but joining the forces. "10, 9, 8.... 3, 2, 1, 0." It was 27:00. Yes, the artifact # 9 had come and rest peacefully at Asari-gai. Its long journey finally came to the end, at the destination.

Epilogue
Behind the success story, there are unsung heroes. Beyond success stories, there are more untold stories. It is the power of Ingress. ENL Kansai hosted the Artifact target portal, but it was not possible to reach this far without support, help, cooperation, commitment, advice, suggestion, and sacrifice from the community, friends, family in and out of Ingress world.  The entire Kansai ENL team hereby expresses sincere appreciation to everybody who enabled us taking this wonderful venture.

References
ENL Japan Kansai
- For Artifact # 40 http://goo.gl/hQf3ne
- For Artifact # 09 {This report}

Other ENL SITREPs
- Indonesia http://goo.gl/xxjIo8
- Korea http://goo.gl/3LEFZO
- Russia http://goo.gl/jof7F1
- Tohoku, Japan http://goo.gl/iMN5PU
- ENL Japan internal communication task force
--@wasabi0522 http://goo.gl/7G8CSJ
Credit roll of Helios Artifact event from ENL Japan
http://goo.gl/1f3nzf

+Niantic Project +NIA Ops +Masashi Kawashima +Joe Philley +Brian Rose +Brandon Badger  #Helios  
PhotoPhotoPhotoPhoto
Operation Asari-no-Sakamushi Zwei for HELIOS Artifact # 09
4 Photos - View album
Shared publiclyView activity