Hiroyuki Komatsu originally shared:
 
Android 用 Google 日本語入力をインストールしようとすると『パスワードやクレジットカード番号などの個人情報の収集をアプリケーションに許可してもよいか?』という警告が表示されます。この警告は Android のシステム側が表示しているもので、 Google 日本語入力に限らず、また、ネットワークに接続する・しないに関わらず、すべての文字入力ソフトウェア (IME) をインストールするときには必ず表示されます。

文字入力ソフトウェアは、ユーザーのあらゆる文字入力を処理しますので、パスワードやクレジットカード番号などを入力する時にも使われます。そのため、悪意のあるソフトウェアなら、そのような情報を不必要に収集して、ネット上に送信できてしまいます。Android が表示している警告は『文字入力ソフトウェアは、仕組み上、パスワードやクレジットカード番号などを入力するときにも使用することになりますけど、よろしいですか?』と再確認しているわけです。


参考:以下が Android に文字入力ソフトウェアをインストールしようとすると表示される警告の文言です。

『この入力方法を選択すると、入力する全文字列の収集をアプリケーション(ソフトウェア名)に許可することになります。これはパスワードやクレジットカード番号などの個人情報も含まれます。この入力方法を使用しますか?』



Google 日本語入力は、パスワードやクレジットカード番号はもちろん、入力した文字や文章も送信していません。明示的に許可をいただいたユーザーの利用統計情報は送信されますが、この利用統計情報は、機能設定の傾向や平均変換文字数などです。文字や文章・個人を特定できる情報は含まれていません。(公開されているソースコードに、どんな情報が送られているかが記載されています。 http://code.google.com/p/mozc/source/browse/trunk/src/data/usage_stats/stats.def

設定の同期機能のように、ネットを介することでできるようになる便利な機能が、将来追加されることもあると思います。その時でも、ユーザーが明示的に許可をしない限りは機能を有効にはしません。信頼が第一だと考えています。
Translate
Google 日本語入力 Beta を有効にする方法。 「 Google 日本語入力 Beta 」をダウンロードして下さい。インストール後に起動すると以下の画面が表示されますので「次へ」ボタンを押してください。 ※ ダウンロードはこちらからして頂けます。※「利用統計の送信」に同意頂ける際はチェックをつけてください。 ...
1
Add a comment...