陽官門&銀行マンの山中さんが大変身!


山中裕之さん
会社員/独身男性/35歳
 
山中さんは大学卒業後、銀行に勤め勤続13年。
成幸村へのキックオフイベントには
参加できなかったものの、
 
ちょうどそろそろ起業を考えていたところだったので、
今回の成幸村のカンファレンスへの参加を決めた。
 
成幸カンファレンスは、既に成幸村に参加している
方限定のイベントということだったので、
成幸村の概要は下記の資料を一気に読破して、
参加を決断した。
 
★成幸村の全て
 http://seikoumura.net/intro
 
成幸村への参加費用は年間1万円。
この費用負担だけで、
成幸村で開催される各種アクティビティーに
参加できる権利を得ることができて、
何よりも『成幸』という理念に共感している、
200名以上の仲間とつながることができる。
ここにとても魅力を感じた。
 
早速、住民登録を済ませ、
招待されたFacebook上のコミュニティー
『成幸村オンライン』にて、
自己紹介をしてみた。
 
その後すぐに、成幸ナビゲーターの1人である
伊藤由美子さんから歓迎のコメントが。
 
その後、他のナビゲーターの方をはじめ、
沢山の方から歓迎のコメントを頂けた。
 
初対面なのにこんなに暖かく迎えてもらえるなんて、
正直驚いた。
 
その後、成幸村オンラインでの過去ログを
読んでいったところ、
メンバーの皆さんがご自身の現状をつつみ隠さず
書かれていて、それに対して沢山の方が
真摯なコメントを書いている。
 
なるほど、まさにここに既に『球空間』が実現しているな、
と感じた。
 
そして山中さんは24日(日)に開催される
成幸カンファレンスにも参加を決めた。
 
ここに参加すれば、成幸ナビゲーターの方全員と
直接会って話ができる。
 
そして、『成幸村オンライン』で繋がっている
他のメンバーとも会うことができる。
山中さんはとてもワクワクして、
こんな気持になったのは、小学校の遠足の時以来
だったという。
 
 
ーそして、成幸カンファレンス当日ー
 
◯12時半〜
 開場/受付

受付の後、何やらクジを引いて欲しいということで、
クジを引いた。
実は席は自分で選べるのではなく、
抽選で決まるとのこと。
 
テーブルは8つに分かれていて、
それぞれのテーブルにて、
成幸ナビゲーターさんが待っていた。
 
山中:
『え、成幸ナビゲーターさんって
 7人じゃありませんでしたっけ?』
 
平城:
『はい、実は今回、新たなる成幸ナビゲーターさんが
 誕生しました。
 
 他のナビゲーターさんと同じ、
 平城式Facebook実践者の1人であり、
 強烈な個性と情報発信力をお持ちの、
 ◯◯さんです。』
 
山中:
『なるほど、そうなんですね。
 私のクジはHでした。
 あ、Hというと◯◯さんと同じなので、
 ◯◯さんですね。よろしくお願い致します。』
 
◯◯さん:
『山中さん、ドーモです!』
 
山中:
(この人軽いな^^;)
 
 
 
◯13時〜13時10分
 開会挨拶
 
成幸ナビゲーターの1人であり、
成幸村の発起人である平城さんからの挨拶。
 
(球空間を創るために、自ら頂点に立つのではなく、
 あえて他の成幸ナビゲーターと同じ立場で
 活動されているとのこと。
 面白いことを考える人だな〜。)
 
と、話を聞きながら山中さんは思った。

◯13時10分〜13時50分
 ヒトコト紹介タイム
 
 この時間は、顔合わせということで1人あたり1分未満で
 自己紹介をしていくことに。
 必要項目は、
 
 ・名前
 ・住んでいる都道府県
 ・仕事内容
 ・世界でたった1つの肩書き
 
 の4つ。
 
 肩書きはまだ決めていなかったので言葉を濁して
 しまったが、意外に決まっていない方が多く、
 逆に安心した。
 
 手元に配られた参加者一覧と照らし合わせることにより、
 皆さんと顔と名前を一致させることができたので、
 とても有意義だったと思う。
 
 独立した後のビジネスモデルとしては、
 ちょうど銀行での経験を活かして、
 銀行融資がおりやすい物販を第一候補に考えていたので、
 既に物販をやられている◯◯さんに、
 フリータイムで話を聞いてみよう。
 
◯13時50分〜14時50分 
 成幸ストーミング
 
 成幸村のキックオフイベントで実施されていた
 アクティビティーで、自分の過去の経験を相手に伝え、
 『後光ポイント』を相手からフィードバックして
 もらえるというもの。
 
 私は日本全国に何十万人といる銀行員の1人にすぎない。
 平城さんは、『どんな人にでも必ず後光ポイントがある』
 と言われていたが、
 こんな私に、どのような後光ポイントが
 秘められているのだろうか?
 いつかやってみたいと思っていた。
 
 今回はグループ形式での開催ということで、
 グループメンバー全員が一斉に私の話を聞いてくれた。
 少し緊張したが、ナビゲーターの◯◯さんの
 フォローもあり、
 なんとか10分間で自分の過去の経験を
 お話することができた。
 すると、グループメンバーの皆さんが、
 A5のリフィルにびっしりと私の『後光ポイント』
 を書いてくれていて、またまた感動!
 
 今まで自分への客観的なフィードバックをもらえた
 機会というのは、学校の通知票や会社の人事評価ぐらい。
 
 それも『敷かれたレール』に基づく評価なので、
 どうもしっくり来ていなかった。
 
 今回、仲間からもらえたフィードバックは、
 自分では全然気づいていなかったことが書かれていて、
 一生の宝にしたいぐらいだ。
 
 
◯14時50分〜15時00分
 休憩
 
 『奇跡の料理人 シェ・森松』こと、
 森松ひろきさんがこの日のために作って下さった
 ◯◯が、参加者全員にふるまわれた。
 
 私も趣味でよく料理をするのだが、
 普通の家庭にある食材を使っていても、
 こんなに気の利いた味になるなんて、
 とても驚き。
 
 森松さんのFacebookには、
 毎日参考になる料理のネタがぎっしり投稿されている。
 よし、森松さんをフォローさせて頂くことにしよう。
 
 
◯15時00分~16時30分
 情報発信についてのグループワーク
 
 私は物販に一番興味があるが、
 やはり自分の周りに『球空間』を創るには、
 情報発信は必須だと平城さんが口を酸っぱくして
 言われているので、情報発信についても
 学べる時間が設けられているのは嬉しい。
 
 ナビゲーターの◯◯さんから、
 
 『人には言えない恥ずかしいこと』や『失敗体験』を 
 話してくださいと言われ、最初はどんなことを言えば
 良いか迷ったが、平城さんが
 
 『僕は新しいMacが届いて箱を空けると、
  つい匂いを嗅いでしまいます。
  
  新しいMacは工場で生産されたばかりなので、
  ICチップの匂いがするんです。
  
  時間が経つと次第に匂いが薄れていくのですが。
  
  ICチップの匂いが強ければ強いほど、
  新しいという刷り込みがあるので、
  
  匂いを嗅ぐのがとっても快感になってしまいました。』
  
 というエピソードを聞いて、
 普段冷静な平城さんがこんな面白いことを
 カミングアウトしてくれるなんて、
 思わず吹き出してしまった。
 
 ちょっと恥ずかしいけど、自分のエピソードも告白。
 
 私はとても女性に奥手なタイプで、
 銀行の融資相談に女性が来ると、
 とても緊張して相手の目が見れないんです。
 
 という話をしたところ、
 「イギリス英語の花柄ITエンジニア」と肩書きを名乗る
 のプリドー亮介さんから、
 
 『女性は花が好きなので、花柄のシャツを着てみては
  如何でしょうか?』
  
  と思わぬ提案を受ける。
  
  (えっ、銀行では花柄のシャツなんて、
   とても着れないです。。)
  
  と思ったが、シャツの代わりに
  花柄のペンを使うことをやってみよう、
  と思うことができた。
  
  プリドー亮介さん、ありがとうございます!
  
  また、どちらかというと私の銀行融資業務の話に
  皆さん興味津々。
  
  今は国の政策として銀行融資が出やすく
  なっているものの、きちんとセオリーに従って
  いないと簡単には融資が下りないのも事実。
  
  13年間銀行にいる私にとっては当たり前過ぎることが、
  皆さんの『へぇ〜』とか『ほほ〜』とかいう
  相づちを頂けたことで、世間一般から見れば
  これが自分の価値なんだということに気づけたことは、
  大きな収穫だった。
 
◯16時30分〜17時00分
 成幸マッチング(ビジネス編)
 
 これは今回1番楽しみにしていたアクティビティー。
 事前に門鑑定をしていた方が望ましいということで、
 成幸ナビゲーターの1人でもあり、
 門認定アドバイザーの狩野理沙さんに、
 無理を言って前日に鑑定を依頼。
 
 私は『陽官門』であることが判明した。
 
 この結果は、今の銀行の仕事はとても合っているとか。
 
 そんな私でも独立をしたいと思えるようになったのは、
 月立門の要素も少し持っているからだそうだ。
 
 私が探していたのは既に物販ビジネスを
 やられている方で、独立への足がかりとして、
 私もそのやり方を教わりたいな、と思っていた。
 
 マッチングをしたい方がステージに立って、
 ご自身の目的を会場で話をしていく。
 
 ちょうど5番目に◯◯さんがステージに立って、
 物販ビジネスのパートナーを募集されている。
 さらに◯◯さんの門は『陽創門』ということで、
 狩野さんから聞いていた、まさに物販にふさわしい
 星の持ち主。
 
 よし、フリータイムでは◯◯さんと話をしよう。
 
 進行役の黒シゲさんから、
 『追加でPRしたい方はいらっしゃいませんか?』
 と提案があり、
 
 普段こういう場では絶対に手を挙げない自分の手が、
 なぜかスッと挙がる。
 
 (え、月立門、は、発動??・・・)
 
 こんな行動に出たのは自分でもとても驚いた。
 
 何を話そうか考えていなかったのに、
 勝手に体が動いて、勝手に口が開いていた。
 
 私が話をしたのは、
 今回の成幸ストーミングで発見した、
 自分の『銀行融資』のノウハウを知りたい方がいれば、
 喜んでお伝えします、という内容だった。
 
 どなたから『おおー、素晴らしい!』
 という言葉が発せられ、
 自分の価値をさらに認識することができ、
 とても嬉しい気持ちになることができた。
 
 
◯17時00分~17時30分
 シンガーソングライター江村梨沙さんライブ

このアクティビティーもとても楽しみにしていた。
成幸村メンバーでもある福岡在住の、
シンガーソングライター江村さんの歌声が、
生で聞けるというのだ。
 
私は大のクラッシクファンで、
実は小学校の頃だけ、ピアノを習いに行っていたことも。
 
江村さんはピアノを弾きながら歌う、
いわゆる『弾き語り』をされる方で、
しかも作詞・作曲もご自身で手がけられている。
 
まさにオールラウンドなアーティスト。
 
私は実は平城さんと同じ、『PAW GOLD』という
28万円もする高級ウォークマンを所有していて、
いつも通勤時間に好きな音楽を聴いていた。
 
江村さんの曲も事前にYoutube聞いてすぐにファンになり、
お願いして無理を承知でご本人にお願いして、
4枚のアルバムを全て購入させて頂いた。
 
江村さんの曲を入手してからすぐに『PAW GOLD』に
インストールして、この1週間、毎日聴き続けていたので、
歌詞までとは言わないまでも、メロディーは全曲、
ある程度覚えていた。
 
 
過去に江村さんのライブに行ったことがあるという
福岡ともたけさんから、
『彼女の歌声は別格でした』
 
という話を聞いていたので、とても楽しみにしていた。
 
30分間みっちりと、江村さんの演奏と歌声が繰り広げられ、
私が好きだった◯◯や●●が出てきて、感無量。
 
透き通る声が自分の心の中にすっと入ってきて、
なぜか、自然と涙が出てきた。
 
ありがとうございます、江村さん!
ますます江村さんのファンになってしまいました!
 
◯17時30分~20時00分
 フリータイム

 感動の演奏の後、いつの間にか会場の片隅に、
 料理が運ばれていた。
 
 できたての料理の匂いを嗅ぐと、
 お腹がグーッとなり、空腹感が一気に押し寄せる。
 
 ドリンクも飲み放題ということでメニューも
 ・アルコール類
  ビール
  ウイスキー
  カクテル類
  焼酎類
  ウーロンハイ等
 
・ソフトドリンク類
  烏龍茶
  オレンジ
  コーラ
  ジンジャエール
  グレープフルーツジュース
 
 と、さすが、結婚式の二次会で使われる会場
 というだけあって、とても豊富なのは納得。
 
 今回のイベントは交流目的がメインだし、
 裏の目標として将来のパートナーとなる女性と
 出会えたらいいな、と思っているので、
 
 お酒はほどほどに(^^)
 
 成幸マッチングで話をしていた◯◯さんと、
 直接話をすることができ、意気投合。
 
 ◯◯さんはまだ銀行融資を受けられておらず、
 融資担当8年目の私の目から見ても、
 ◯◯さんであれば1,000万円程度の
 融資はすぐにでも引き出せそうだ。
 
 私が◯◯さんに銀行融資のコンサルを行い、
 ◯◯さんが私に物販のコンサルをしてもらえる、
 ということで話がまとまった。
 
 また、平城さんから、
 
 『別々にビジネスをやるより、
 いっそのこと◯◯さんと山中さんで組んで
 やられては如何でしょうか?
 
 お2人で物販ビジネスを初心者の方に教える
 講座を開かれてみては如何でしょうか?
 
 多くの方のニーズがあると思います。
 
 一定の条件をクリアすれば、
 「成幸大学」の講座として採用することもできます。
 
 そうすれば僕の方でも講座の紹介を
 どんどんできますからね。』
 
 と予想外の提案を頂けた。
 
 (な、何、この急展開。お、驚き。。。)
 
 他にも、グループワークで話が出来なかった方々が、
 私のところに来てくれて、私の話を、
 興味津々に聞いてくれた。
 
 とても、とても濃い、
 あっという間のフリータイムだった。
 
◯20時00分
 閉会
 
 普通、7時間のイベントというと
 かなり長時間な部類に入るが、
 あっという間に時間が過ぎていって、
 そして終わった後に全く疲労感が無く、
 逆に参加前よりとても元気になった感じがして、
 本当に成幸村には良いエネルギーが循環しているな、
 と感じた。
 
 
 参加されている方はとても魅力的で、
 次回も絶対に参加しようと思った。
 
 最後に『成幸ジャンプ』というアクティビティー
 があり、これはとても面白い企画だった。
……………………………………………………………………
◯21時00分〜23時00分
 アフターミーティング
 
 こちらはカンファレンス終了後に開催された別企画。
 カンファレンスでは、成幸ナビゲーターの方と
 直接話しをする時間がなかなか取れないかもしれない、
 ということで平城さんが急遽会場を予約して、
 設定して頂いた場。
 
 場所はカンファレンスの会場からすぐ近くの
 別のパーティースペース。
 
 最大60名まで入れるというスペースで、
 ここを20名程度で専有しているので、
 とてもゆったりとしたくつろぎの空間。
 
 私は事前のアンケートにて、
 まだ一度も話をしたことのなかった、
 成幸ナビゲーターの
 
 ・桑名つぐみさん
 ・Rinさん
 
 とのお話を希望。
 お2人ともとても気さくで、
 桑名さんからはアロマの話、
 そしてRinさんからはご自身の体験をもとにした、
 『組織の中で少数派として生きる方法』
 のエッセンスを教えて頂くことができ、
 また勇気を頂くこともできた。
 
 この2時間もあっという間に過ぎた。
 
 最後に参加メンバー全員で記念写真。
 
 記念写真は撮るけど、参加者の顔が公開されるのは
 成幸村オンラインの中だけだそうで、
 まだ現役サラリーマンの私にとっても、
 安心して写真に写ることができた。
 
 何よりも、参加したメンバーの表情の清々しさ、
 楽しさが伝わってきて、
 独立の目標が実現するまで、
 この日の写真をしっかりと持っておこうと思った。
 
 
 
 
★成幸カンファレンスまで、あと3日となりました。
 http://seikoumura.net/c1








<追伸>
もう、薄々お分かりだと思いますが、
今回登場頂いた山中さんは架空の人物です。
ただ、今回の成幸カンファレンスに参加される方に
どのような変化が起きるのか、
リアリティーを持って感じて頂きたかったので、
あえて山中さんのストーリーを読んで頂きました。
 
カンファレンスに参加される皆さん、
楽しみにしていてくださいね! 

記念すべき第1回成幸カンファレンスまで、
あと2日となりました。
Translate
1
Add a comment...