Profile cover photo
Profile photo
ヘルツ電子株式会社
1 follower -
無線(ワイヤレス)ならヘルツ電子へ
無線(ワイヤレス)ならヘルツ電子へ

1 follower
About
Posts

Post has attachment
シンプルポカヨケカウンター TW-800R-SCLと、様々な工具を用いた作業のポカヨケを実演いたします。

■対象工具:トルクレンチ、バッテリーツール、チェックペンS、検印スタンプ

This video demonstrates Pokayoke(mistake prevention) using various tools and Simple Pokayoke Counter TW-800R-SCL in the production process.

* demonstration tools;
- Torque Wrench, Cordless Battery Tool, Check Pen S, and Approval Stamp
Add a comment...

Post has attachment
新商品「“生産ラインのトラブルをリアルタイム収集するIoTツール”WCL-426R/WCL-920R」発売のお知らせ(2018/8/20)

ヘルツ電子株式会社は、「生産ラインで発生したトラブルに即時対応したい」「生産ラインで発生したトラブル履歴を分析したい」というお客様向けに、離れたヒトやモノの呼び出しを支援するワイヤレス呼び出し装置(*1)の新商品として「LAN接続タイプ アンドン用受信機 WCL-426R(日本市場向け)/WCL-920R(北米市場向け)」を、2018年9月3日に発売いたします。
新商品「LAN接続タイプ アンドン用受信機 WCL-426R/WCL-920R」は、無線アンドンシリーズAN426Ⅱ/AN920(*2)の表示機能のない受信機であり、「作業者からの生産ラインの遅れ防止のためのリリーフマンの呼び出し」、「供給部品切れ防止のためのフォークリフト・無人搬送車(AGV)・トラック等の搬送車の呼び出し」や「無人搬送車(AGV)・加工機等の機械からの異常通知」といった生産ラインのトラブル発生連絡をワイヤレスでリアルタイム受信し、LAN経由で外部出力が可能です。PC・タブレット・クラウド上のアプリケーションで、生産ラインのトラブル発生情報を活用・分析することで、生産ラインの稼働状況の可視化や生産ラインの改善に役立てることができます。
お客様の生産現場に弊社の無線アンドンシリーズAN426Ⅱ/AN920が導入されている場合、設置済みの送信機AN426TⅡ/AN920Tをそのままご利用いただけます(*3)。
また、Windows対応アプリケーション「生産工程支援ソフトウェア for WCLシリーズ WCL plus」をご利用いただくと、最大10台のアンドン用受信機からトラブル発生情報をLAN経由でリアルタイム収集し、トラブル発生履歴をCSV形式で保存することができます。
今後もワイヤレス呼び出し装置商品群のラインナップを拡充し、世界中の生産現場の品質向上・生産性向上に貢献して参ります。

◇LAN接続タイプ アンドン用受信機 WCL-426R/WCL-920Rの主な特長

WCL-426R/WCL-920Rは、「生産ラインで発生したトラブルに即時対応したい」「生産ラインで発生したトラブル履歴を分析したい」というお客様のため、配線工事不要で導入が容易に行えるLAN接続タイプ アンドン用受信機です。WCL-426Rは日本市場で、WCL-920Rは北米市場(アメリカ、カナダ)でご利用いただける商品です。

1.作業者や機械からのトラブル発生連絡をリアルタイム収集・・・WCL-426R/WCL-920Rは、生産ラインの作業場所や機械に設置された送信機AN426TⅡ/AN920Tから送信されるトラブル発生連絡をワイヤレスでリアルタイム受信することができます。

(1).送信機には、作業者がトラブル発生を連絡するための「押しボタン4点(オレンジ、赤、緑、白)」と、機械がトラブル発生を連絡するための「外部入力4点(オレンジ、赤、緑、白)」の2種類の入力方法があり、いずれかを選択可能です。各色は、生産ラインで発生しうるトラブルに合わせて、「赤:異常発生」「オレンジ:生産部品切れ発生」「緑:生産完成品運搬の依頼」「白:トラブル解消」といった意味を持たせて運用していただくことができます。

(2).WCL-426Rの通信距離は「屋内約120m、見通し約300m」であり、
最大8台の中継器(TRV426)を使用して多段中継することで通信距離を約1kmまで延長することができます。一方、WCL-920Rの通信距離は、「スタンダードモード」の場合は「屋内約500m、見通し約1km」、「ロングレンジモード」の場合は「屋内約1km、見通し約2km」です。

(3).WCL-426Rは、「WCL-426R 1台につき、最大800台の送信機とワイヤレス通信可能」であり、「1工場内で最大10台のWCL-426Rを共存可能」です。つまり、1工場内で最大8,000か所からトラブル発生連絡の収集が可能です。一方、WCL-920Rは、「WCL-920R 1台につき、最大800台の送信機とワイヤレス通信可能」であり、「1工場内で最大16台のWCL-920Rを共存可能」です。つまり、1工場内で最大12,800か所からトラブル発生連絡の収集が可能です。

2.生産ラインのトラブル発生情報をLAN経由で外部出力・・・WCL-426R/WCL-920Rは、受信したトラブル発生連絡をLAN経由で外部出力が可能です。PC・タブレット・クラウド上のアプリケーションで、生産ラインのトラブル発生情報を活用・分析することで、生産ラインの稼働状況の可視化や生産ラインの改善に役立てることができます。
また、トラブル発生のトレーサビリティ確保をしたいお客様は、Windows対応アプリケーション「生産工程支援ソフトウェア for WCLシリーズ WCL plus」をご利用いただくと、最大10台のアンドン用受信機が受信したトラブル発生履歴をCSV形式で保存することができますので、CSV形式を扱えるアプリケーションで容易にご活用いただけます。

3.無線アンドンAN426Ⅱ/AN920と連携可能・・・生産現場に弊社の無線アンドンシリーズAN426Ⅱ/AN920(*2)が導入されている場合、設置済みの送信機AN426TⅡ/AN920Tをそのままご利用いただけます(*3)。WCL-426R/WCL-920Rを追加設置することにより、AN426Ⅱ/AN920を導入している生産ラインの稼働状況の可視化や生産ラインの改善に役立てることができます。


(*1)ワイヤレス呼び出し装置は、組立工程の作業者からの異常発生の呼び出し、生産ラインの遅れ防止のためのリリーフマンの呼び出し、供給部品切れ防止のためのフォークリフト・無人搬送車(AGV)・トラック等の搬送車の呼び出しなど、離れたヒトやモノの呼び出しを支援する装置です。アンドンからウェアラブルまで取り揃えており、様々な用途でご利用できます。また、経済産業省とRRI(ロボット革命イニシアティブ協議会)が中堅・中小製造業が簡単に低コストで使えるIoTツールとして認定した「スマートものづくり応援ツール」に採用されております。
(*2)ワイヤレス呼び出し装置の無線アンドンシリーズAN426Ⅱ/AN920は、工場内に“表示”と“音”で生産ラインの状況をお知らせする商品です。日本市場向けのAN426Ⅱは、AN426RⅡ(大型 8窓タイプ)/AN426RHⅡ(大型 4窓タイプ)/AN426RMⅡ(中型 8窓タイプ)/AN426RSⅡ(1窓タイプ)、北米市場向けのAN920は、AN920R(大型 8窓タイプ)/AN920RH(大型 4窓タイプ)/AN920RM(中型 8窓タイプ)のラインナップをご用意しており、ご要望に応じてカスタマイズもいたします。
(*3)お客様の送信機・受信機の周波数の変更が必要になる場合があります。

■WCL-426R(日本市場向け、for Japan)
https://www.herutu.co.jp/product/wcl_426r.html

■WCL-920R(北米市場向け、for US/Canada)
https://www.herutu.co.jp/en/product/wireless_call_systems_wcl_920r.html
Add a comment...

Post has attachment
新商品「“工具作業のトレーサビリティを確保” POKAYOKE plus」発売のお知らせ(2018/7/23)

ヘルツ電子株式会社は、「工具(ツール)を用いた作業トレーサビリティを確保したい」というお客様向けに、 “工具(ツール)のIoT化”ポカヨケツール (*1)の新商品として「生産工程支援ソフトウェア for ポカヨケツール POKAYOKE plus / POKAYOKE plus Viewer」を、2018年9月中旬に発売いたします。
POKAYOKE plusは、弊社のLAN接続可能なポカヨケ用受信機(TW-800R-SCL(*3)又は「LAN接続タイプ ポカヨケ用受信機 TW-800R-EXL」)と組み合わせてご利用いただけるWindows対応アプリケーションです。POKAYOKE plusを通じて、ワーク(*2)毎の作業実績の記録・保存や、複数工程にまたがるポカヨケシステムを容易に構築できます。また、カウント機能のみを抜粋した「POKAYOKE plus Viewer」は、TW-800R-EXLと組み合わせることで、最大16か所でのポカヨケを可能にします。
今後もポカヨケツール商品群のラインナップを拡充し、お使いの“工具(ツール)のIoT化”のお手伝いを通じて、世界中の生産現場の品質向上・生産性向上に貢献して参ります。

◇生産工程支援ソフトウェア for ポカヨケツール POKAYOKE plusの主な特長

POKAYOKE plusは、組立工程・加工工程・プレス工程などの工具(ツール)を用いた生産工程で、「工具(ツール)を用いた作業トレーサビリティを確保したいとお考えのお客様」のため、弊社のLAN接続可能なポカヨケ用受信機(TW-800R-SCL(*3)又は「LAN接続タイプ ポカヨケ用受信機 TW-800R-EXL」)と組み合わせてご利用いただけるWindows対応アプリケーションです。
また、カウント機能のないポカヨケ用受信機であるTW-800R-EXLと連携する場合は、作業現場にPOKAYOKE plus Viewer(POKAYOKE plusのカウント機能のみを抜粋したWindows対応アプリケーション)をインストールしたWindows PCを設置することで、最大16か所でポカヨケが可能となります。

1.作業トレーサビリティの確保・・・複数工程に設置されたTW-800R-SCL又はTW-800R-EXLを介して、ワーク(*2)毎の作業実績(作業回数やジャッジ結果)を記録・保存することができるとともに、“FAIL”が発生しているワークやワーク毎の作業実績状況をリアルタイムに把握できるため、ポカが発生した工程への速やかな対処が可能となります。

2.複数工程にまたがるポカヨケ可能・・・TW-800R-SCLと連携する場合(*3)、POKAYOKE plusから複数工程に設置されたTW-800R-SCLに対して、ワーク実行指示や作業回数のカウントアップ設定等を行うことができます。1ワークに最大8か所に設置されたTW-800R-SCLを登録することができるため、最大8台の工具を用いた作業に対するポカヨケが可能となります。なお、登録できるワークの数は無制限です。

3.PCでもカウント機能を実現(POKAYOKE plus Viewer)・・・カウント機能のないポカヨケ用受信機であるTW-800R-EXLと連携する場合、作業現場にPOKAYOKE plus ViewerをインストールしたWindows PCを設置することで、最大16か所でポカヨケが可能となります。POKAYOKE plus Viewerは、POKAYOKE plusのカウント機能のみを抜粋したWindows対応アプリケーションであり、POKAYOKE plusからのワーク実行指示に基づき動作し、ワークの作業内容の表示や作業回数・ジャッジ結果の表示を行います。1ワークに最大8台の工具を登録することができるため、最大8台の工具を用いた作業に対するポカヨケが可能となります。なお、登録できるワークの数は無制限です。

(*1)ポカヨケツールは、経済産業省とRRI(ロボット革命イニシアティブ協議会)が中堅・中小製造業が簡単に低コストで使えるIoT ツールとして認定した「スマートものづくり応援ツール」に採用されております。
(*2)ワークは、「1台から複数台の工具を用いた作業内容」を意味し、例えば、「バッテリーツールで10回作業、チェックペンSで3回作業、検印スタンプで1回作業」という内容が登録されます。
(*3)TW-800R-SCLは「スタンドアロンモード」と「アプリ連動モード」の2つの動作モードを選択できます。TW-800R-SCL単体でご利用の際は「スタンドアロンモード」を、POKAYOKE plusと組み合わせてご利用の際は「アプリ連動モード」を選択していただきます。

https://www.herutu.co.jp/product/pokayoke_plus.html
Add a comment...

Post has attachment
新商品「“今すぐ、ポカヨケ開始可能” シンプルポカヨケカウンター TW-800R-SCL」発売のお知らせ(2018/7/23)

ヘルツ電子株式会社は、「今すぐ、工具(ツール)を用いた作業のポカヨケ(モレ防止)を始めてみたい」というお客様向けに、 “工具(ツール)のIoT化”ポカヨケツール (*1)の新商品として「シンプルポカヨケカウンター TW-800R-SCL」を、2018年9月中旬に発売いたします。
TW-800R-SCLは、カウント機能付きポカヨケ用受信機であり、「シンプルポカヨケカウンター TW-800R-SC」(2017年6月発売)のシンプルさはそのままで、お客様からのご要望に基づきポカヨケ機能をパワーアップした商品です。
今後もポカヨケツール商品群のラインナップを拡充し、お使いの“工具(ツール)のIoT化”のお手伝いを通じて、世界中の生産現場の品質向上・生産性向上に貢献して参ります。

◇シンプルポカヨケカウンターTW-800R-SCLの主な特長

TW-800R-SCLは、組立工程・加工工程・プレス工程などの工具(ツール)を用いた生産工程で、「作業モレが発生してお困りのお客様」「生産工程にポカヨケを手軽に導入してみたいとお考えのお客様」のため、簡単にポカヨケを始められるカウント機能付きポカヨケ用受信機です。

1.今すぐ、ポカヨケ開始可能・・・簡単ボタン操作だけで、「1台の工具(弊社のポカヨケ用送信機TW-800T又はHRF-2402を搭載)」とポカヨケシステム(員数管理)を構築できます。TW-800R-SCLに設定された規定カウント数分作業をすると"PASS"とジャッジされ、ブザー音とリレー出力がされます。また、生産工程で利用される多様な工具(チェックペンS、バッテリーツール、トルクレンチ、プライヤーレンチ、検印スタンプ、結束工具、リベッタ、グリスガンなど)が対応しております。TW-800R-SCLには、「1種類のワーク(*2)」の登録(*3)が可能です。

2.カウント機能強化と利用環境拡大・・・さまざまな業種や規模の工場でご利用いただけるよう、「シンプルポカヨケカウンター TW-800R-SC」(2017年6月発売)のシンプルさはそのままで、1ワークあたりに設定できる規定カウント数の増加、ブザー音量アップ、ジャッジ・リセット方法の多様化、壁への取り付け可能、海外対応国の増加等、お客様から寄せられたご要望を反映しております。

3.作業トレーサビリティの確保・・・新商品「生産工程支援ソフトウェア for ポカヨケツール POKAYOKE plus」とLAN経由で連携させる(*4)ことで、作業トレーサビリティ確保や複数工程にまたがるポカヨケシステムを容易に構築できます。また、登録できるワークの数が無制限、作業回数のカウントアップが可能等、生産工程の特性に合わせて柔軟なポカヨケを実現できるようになります。

(*1)ポカヨケツールは、経済産業省とRRI(ロボット革命イニシアティブ協議会)が中堅・中小製造業が簡単に低コストで使えるIoT ツールとして認定した「スマートものづくり応援ツール」に採用されております。
(*2)ワークは、「1台から複数台の工具を用いた作業内容」を意味し、例えば、「バッテリーツールで10回作業、チェックペンSで3回作業、検印スタンプで1回作業」という内容が登録されます。
(*3)オプションである「Work-Select用入力ケーブル」をご利用いただくと、最大8種類のワークの登録が可能となります。
(*4)TW-800R-SCLは「スタンドアロンモード」と「アプリ連動モード」の2つの動作モードを選択できます。TW-800R-SCL単体でご利用の際は「スタンドアロンモード」を、POKAYOKE plusと組み合わせてご利用の際は「アプリ連動モード」を選択していただきます。

https://www.herutu.co.jp/product/tw_800r_scl.html
Add a comment...

Post has attachment
新商品「ホースクランプ用特殊レンチAE200」「ポカヨケ用送信機TW-800T-PLR」発売のお知らせ(2018/7/10)

ヘルツ電子株式会社は、ラジエーターホース・エンジンホース等の固定に使用されるアルファクランプのピン外し又はピン抜きを行い、クランプを固定するために用いるツールであるプライヤーレンチを用いた作業のポカヨケを支援する「ポカヨケ対応プライヤーレンチ」のラインナップに、新たに「ホースクランプ用特殊レンチAE200」を追加いたしました。

また、お客様からご要望の多かった「プライヤーレンチでアルファクランプを挟み、所定の位置に移動させた後、離した瞬間に発信する」ことを可能とする「ポカヨケ用送信機TW-800T-PLR」も新発売いたします。

新商品「ホースクランプ用特殊レンチAE200」「ポカヨケ用送信機TW-800T-PLR」の詳細は、「プライヤーレンチを用いたポカヨケ活用事例」をご覧ください。
https://www.herutu.co.jp/pdf/catalog/case_TW-800R-SC_x_PliersWrench.pdf

プライヤーレンチを用いた作業のポカヨケにご興味のある方は、是非お問い合わせください。
今後もポカヨケ対応プライヤーレンチのラインナップを拡充し、世界中の生産現場の品質向上・生産性向上に貢献して参ります。

https://www.herutu.co.jp/product/product_detail.php?keyid=360
Add a comment...

Post has attachment
マキタ製充電式スクリュードライバを用いた作業のポカヨケを実演いたします。
マキタ製充電式スクリュードライバを用いて、3か所締結作業を行うと、”OK”表示され、次の工程へ進むことができます。

本ソリューションは、送信機が取り付けられたマキタ製充電式スクリュードライバとシンプルポカヨケカウンターTW-800R-SCで構成されています。

This video demonstrates Pokayoke(mistake prevention) using Makita Cordless Screwdriver in the production process.

This solution consists of Makita Cordless Screwdriver with a Pokayoke transmitter and a 'Simple Pokayoke Counter' TW-800R-SC.
Add a comment...

Post has attachment
株式会社アペルザ発行の「第2回 スマート工場EXPO 展示会レポート」にて弊社ブースが紹介されていますので、是非ご覧ください。
Add a comment...

Post has attachment
「ポカヨケ・ヨビダシ・ミエルカ商品群」コーナーでご紹介した商品群は、CC-Link IE Field Basicネットワークを介して、生産計画の遵守を支援する商品群です。

汎用Ethernet技術を活用した産業用ネットワーク「CC-Link IE Field Basic」に対応したポカヨケ用受信機TW-800R-EXB【2018/2/1発売】、アンドンANU-B【参考出展】、生産管理表示装置21D-3-B【参考出展】と、CC-Link IE Field Basic対応PLCとの連携デモをいたしました。
Photo
Add a comment...

Post has attachment
「ヨビダシ」コーナーでご紹介したワイヤレス呼び出し装置は、作業者からの異常発生の連絡、供給部品切れ防止のためのフォークリフト・AGVの呼び出しなど、生産現場を支援する製品です。

8工程を想定した送信機、メロディホン付き大型8窓アンドン及び腕時計型受信機(シルウォッチ)及びPCアプリケーションを組み合わせ、”表示””音””振動””メッセージ”による呼び出しシステムのデモと製品紹介をいたしました。
Photo
Add a comment...

Post has attachment
「ポカヨケ」コーナーでご紹介したポカヨケツールは、トルクレンチ・プライヤーレンチ・電動ツールなどのツール(工具)を用いる生産工程で、作業者のミス防止(ポカヨケ)を支援する製品です。

工場の生産工程で利用される各種ツール群として、バッテリパルスレンチ(瓜生製作株式会社様)、スクリュードライバ(株式会社マキタ様)、結束工具(ヘラマンタイトン株式会社様)、トルクレンチ(株式会社中村製作所様)、トルクドライバ(株式会社中村製作所様)、スタンプマーキング(アルマーク株式会社様)、スタンプ(シヤチハタ株式会社様)に加え、弊社製のチェックペンS、プライヤーレンチを取り揃え、LAN対応ポカヨケ用受信機とPCアプリケーションを組み合わせたデモと製品紹介をいたしました。
Photo
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded