9月、10月と、仕事で立て続けに台北に出張する機会がありましたので、台北でのingress体験をレポートさせていただきます。こちらは、青AG限定コミュニティに以前2回に分けて投稿した内容を加筆編集しています。台北に馴染みの無い方への観光ガイドにもなれば幸いです(*長文注意)。
 
 
■そもそも台北に行くにはどうしたらいい?
東京にお住まいであれば、成田線もありますが、羽田空港から台北松山空港行きのフライトに乗るのが圧倒的に便利で早いです。フライト所要時間はおよそ4時間、空港から市内へはタクシーで15分300~400円もあればOKです。エアラインはJAL, ANAの他EVAやChina Airline(最安値)など。なお、台湾入国にはビザは必要ありません。
 
 
■台北でスマホ使うには? 通信環境は?
Softbank回線利用のiPhoneユーザなので、9月の出張では海外パケ放題1日2980円というサービスを利用しました。こちらは一週間も滞在するとバカにできない金額になりますが、GPSも安定しておりingressプレイにおいてはほとんど問題は起こりませんでした。2度目の10月の出張ではNexus 5を調達しており、現地で7日間通信し放題で500元(日本円で2000円弱)と非常に安価で安定した通信環境を手に入れることができました。プリペイドSIMカードは空港の税関を抜けたすぐの場所に受付があり、手続きは非常に簡単スピーディ。台北松山空港では現金払いのみということだったので、両替を事前にしておく必要があります。
 
 
■市内の移動手段
台北市内の交通手段はMRTや地下鉄、バスなどがありますが、タクシーが安くて便利です。ただし、タクシーの運転手さんで英語が分かる人は稀。移動したい場所の住所を漢字で書いた紙を持参するのが無難です。料金は10~20分乗っても300~400円くらいです。とはいえ、空港を降りた瞬間から広がるポータルの海は、ingressプレイヤーを何キロにも渡って歩かせてくれますので、徒歩での移動距離が結果的には一番長くなるかもしれません。
 
少し上級者になると、パスモのようなICカードを取得して利用料金を払う、決められた場所であればどこでも乗り捨て自由な自転車を使って市内を移動したり、現地の友達のスクーターに同乗させてもらうという移動もありです。
 

■ポータル事情
とーにーかーくー ポータルが多いです。少し個性の強い装飾を施した建物やお店の看板/目印はことごとくポータルになっており、台北松山空港(東京でいう羽田空港みたいな空港)に着いた瞬間から20~30のUPC/UPVを獲得できます。驚くことに、2回目の訪問のときに、ポータル数が2~3割増しになっていました。
 
台北市内のポータル数を増やしている一番の要因は「変電箱」、それぞれに独自の彩色が施されているので多少の個性はあるのですが、ポータル名が「変電箱 xxxxx」といった感じで、どこをすでにハック/キャプチャしたかとか、攻撃通知が来ても場所がさっぱりわかりません。他にも、公園であれば遊具毎にポータルになっていたり、大学キャンパス内に100を超えるポータルがあったりと、とにかくポータル、ポータル、ポータルです。公園の中の木の名前を書いた札とか、CoCo壱番屋とか、そんなんでもポータル申請通るんだとか、ビックリしました。あと、写真はピンボケとかすごく多いです。大らかな国民性をよく反映している気がしました。
 
 
■プレイ状況
ポータルは全体的にやわやわな印象です。あまりのポータル数に、まともにデプロイしていたらレゾがいくつあっても足りない。ということで、かなりの数のポータルが白かったり、半壊していたりします。弱いタマでも適当に連射すれば、UPCも取り放題。メダル獲得狙うんなら美味しい土地柄です。一方、P8はごく稀に遭遇するという感じで、滞在が長引くにつれ高レベルレゾの確保が課題になってきます。
 
また、レゾを8本綺麗に挿すとか、そういう考えもあまり無いようで、歩きながらレゾを挿すので、チグハグな距離になっています。お団子ポータルも沢山。最初は丁寧に挿していた私も、だんだんぐっちゃぐちゃに挿すか、一本挿しとか、お団子とかやるようになっちゃいました。プレイしている側からレゾ挿されたことは少しありましたが、深夜にプレイしまくっているような廃人は見かけず、夜間はほとんど静かな状態でした。健康的ですね。
 
 
■現地AGとの出会い
きっかけは、出張先オフィス付近のポータルに挿さっていたレゾから特徴的なAG名を見つけ、もしや社内にいるのではとメールシステムを検索したところビンゴ!と行き当たり、「もしやingressやってませんか?」とメールしたところから始まりました。

まあでもこれは特殊例で、通常でしたら、Commで簡単な英文メッセージを送るのがよろしいんじゃないかと思います。台湾の若い方は日本のカルチャーが好きで日本語ができる人も多いので、日本語でのCommのやり取りなんかも可能かもしれません。ダメもとで「交流したいんだけど!」とメッセージしてみるとよいかもしれません。
 
 
■現地AGとの交流
社内でAGの知人ができたことから、その日のランチ時間に早速ミニFFをやるよと誘いを受け、近くの公園で参加させてもらいました。集合時間になると、小さな公園に続々とエージェントが集合。その数10名を超えました。東京と特に違うなと思ったのが、AGの年齢が若い、女性のツワモノが多い、という二点。たまたまかもしれませんが、AG名にも女性っぽい名前が散見されましたし、お会いした最強プレイヤーがA15の女性、二番手もA14の女性でした。
 
年齢層は30代前半から半ば。私がよくいる新宿や地元の駅でお会いするような「オッサン」にはまるでお会いしませんでした。あと、お会いした方々の多くが日本語を少し話したり、来日経験豊富な方もいて、ジブリや浅草のポータルキーを持っていたのも驚きました。台湾は日本好きな人が多いのですが、ingressやる方は特にかな。とあるA15の方のプロフィール画面も撮らせてもらいましたが、リチャージャがプラチナじゃないんだ(゜Д゜)とちょっと驚きました。
 
ミニFFの後、レジスタンス旗まで出して記念撮影~となり、その後、私が持ってきた缶バッジをプレゼントしたり、お返しにハロウィン猫バージョンのバッジをいただいたり。あとは、私の特製モバイルバッテリーやエージェントドッグタグなどを見せて入手方法を案内したり、後日台湾レジスタンス(反抗軍)勧誘用の特製グッズをいただいたりと、特製グッズはどの地でも工夫して作っているようですね。これもまた、国際交流の醍醐味です。
 
 
■その他台湾ingress事情聞きかじり
 
その1. 「ファーム」が無い?!
やたらとポータルが乱立し、AGは縦横無尽にバイクで動き回るので、安定したポータル群というのが存在しないんだそうです。東京には緑エリア、青エリアというのがあって、壊してもすぐに修復されちゃって大変なんだよ、という話をしたのですが、今度オレX8 1000発持って東京に遊びに行くから緑ファームぶっ壊してやるという頼もしいコメントをもらったので、来日の際には四谷や西新宿エリアにご案内したいと思います。
 
その2. ガーディアンシルバーがあこがれ?!
とにかくポータルが育たないし安定しないので、10日も持たせるなんてまずムリなのだそうです。また、ポータルキャプチャから何日経っているかを解析するスクリプトがあり、お互いにガーディアンに育つ前にぶっ壊しあっているそうでして、かなりハイレベルなエージェントでもガーディアンのメダルは一苦労なのだそうです。そういえば、この前会ったA15さんもガーディアンはゴールドでした。その分、ポータルの数がハンパないので、PulifierやBuilderのメダルは東京よりも取りやすいと思います。
 
その3. AG連携のためのツールはもっぱらLINE
G+やHOは台湾ではポピュラーではなく、AG同士のコミュニケーションはもっぱらLINEを使うそうです。私はLINEを使わないのでよくわからないのですが、まずは青緑に関わりなく加入できるLINEグループに入り、その後は徐々に活動を重ねる中で、対面で自軍であることを確認した上で、個別のLINEグループに追加で加入するのだとか。海外や公式の情報を得るためにG+を使っているAGも居るようですが、かなり限定的なようです。

その4. ミッション
今回は行天宮というお寺を回る短時間のミッション1つのみコンプリートできましたが、比較的沢山のミッションがあります。有名な101ビルの周辺や国府記念公園を回るミッション、Heliosイベントに関連したポータルをまわるミッションなど色々ありましたので、いずれ少しずつクリアしてみたいと思います。

 
■気になるリアル補給は?
台湾ときたらグルメ。観光客が必ず訪れるのは小籠包で有名な鼎泰豐(ディンタイフォン)とか。あとは牛肉麺(ニュウロウメン)なども美味しくて安いです。少し上級者にお勧めなのは、店の前に並べられた魚介類や野菜をチョイスして好きな風に調理してもらえるお店とか。ただし、英語はまず通じないので、片言の中国語が話せる必要があります。
 
デザートにはマンゴーがたっぷり入ったかき氷とか、タピオカの入ったミルクティ(珍珠奶茶)とか。フルーツは安くて種類が豊富、ぜひ召し上がって欲しいところです。お土産は多少重いですが断然パイナップルケーキ。私の一押しは東京 青山にも支店がオープンしたSunnyHills (微熱山丘)です!
 
 
出張や個人旅行ですでに20回くらい訪れている台北の街ですが、ingressを始めたことで、ますます訪れたくなる地になってしまいました。仕事で海外に行けるという幸運を利用して、また次回も新しい出会いや交流、実績集めにトライしたいと思います。
PhotoPhotoPhotoPhotoPhoto
2014-11-07
9 Photos - View album
Shared publiclyView activity