Profile cover photo
Profile photo
コルドバ(CORDOBA)
平成29年5月1日に移転致しました。新店舗住所浜松市中区幸一丁目15-31
平成29年5月1日に移転致しました。新店舗住所浜松市中区幸一丁目15-31
About
Posts

Post has attachment
コルドバカフェ オープンしました。
本日より喫茶営業を始めます。
駐車場内での二輪の置き場所ですが、看板がある西側に置いて頂くと、車の出入りが楽になります。仮に車が入っていない場合でも西側に置いて頂くと後にいらした方が入りやすくなります。二輪でいらしていただく皆様、何卒よろしくお願いします。

店舗移転しております。
新店舗住所:浜松市中区幸1-15-31
#cordobacoffee #cordobacafe
Photo
Photo
2017/10/01
2 Photos - View album
Add a comment...

Post has attachment

Post has attachment
エチオピアモカJAS有機
コルドバは出来るならば多くの認証を取っている豆を取り扱いたいと思っています。有機作物というオーガニック、公正貿易のフェアトレード、環境保護であるシェードツリーの三項目を配慮したサステイナブルコーヒー、できる限り農薬を使わないRA認証などに渡ります。
コーヒーという作物は自然の環境で作られている地域も存在しますし、生産農家は農薬を買うお金もないという状況で無農薬栽培という事実もあります。そして、認証を受けるにも費用がかかるのでそのことすらも出来ないということもあるそうです。
認証はないけれどもオーガニックである場合が多くあるエチオピアモカの中で、JAS有機認証の豆も存在しています。今回縁あって認証つきのモカを入手しました。
パッキングは穀物ビニールの内袋であるスペシャルティーグレードの豆です。生豆在庫の管理がしやすいように小袋に移す作業をしました。
-------------------------------------------------------------
ハンドピックを入念に重ねてあるために不良な豆の混入はほとんご見当たらないと言う、G1・・・グレードワンのさらに上のランクになる、スペシャルという規格の豆です。とは言うものの焙煎をした後のハンドピックではやはり不良豆は存在します。
休み明けの朝一番にテスト焙煎をしました。先ずは浅炒りにて豆の状態を見てみます。印象に残ることは、はぜが力強くはっきりとしていると言うことです。精製方法は本来の自然な方法である水を使わないで施すナチュラルプロセスです。酸味は弱く甘みのある全体的に柔らかな感じです。香りは穏やかでそれほど強い印象はありませんがキャラメルのような甘み、まろやかな味の余韻が良いです。数日は味の変化を見てみたいと思います。
僕はモカが好きなのでブレンドには複数豆を活用しています。この豆でエチオピア産出は7種類となりますがなかなかこの豆が一番好きという事は決められなく、産地の種類だけうまさがあるということになります。
強中炒りに仕上げての豆の感想です。浅炒りの優しい香りとは変り、ハラーに似た豊なモカ風味を発し、きめの細かな甘みの増したコクとなります。後味の柔らかさの余韻は、今取り扱っているエチオピアモカの在庫の中では一番長く感じます。
JAS有機の認証を受けているエチオピアモカになります、どうぞお試しになってください。

#cordobacoffee
PhotoPhotoPhotoPhotoPhoto
2017/05/31
5 Photos - View album
Add a comment...

Post has attachment
ハニープロセスが近年注目されています。
新しく入荷したブラジルの高級豆の写真です。昨年の品評会に出品し好成績を受けた農園の豆ですが、見た感じは特別な様子の違いはありません。品質管理されている新しい豆なので新鮮な豆の匂いはパッキングを開けた時から判断できます。見出しにあるように「ハニープロセス製法」の豆になるのですが、そもそもどんな製法なのでしょうか。
ハニー製法とは(Honey Processing)収穫した完熟コーヒー果実の果肉を除去した後、コーヒーの豆の周りに付いたミューシレージと呼ばれる粘液質を残した状態でゆっくりと乾燥させる製法で完熟実のミューシレージの甘味が豆に移り、通常のウォッシュドコーヒーでは得られにくいハチミツを思わせる独特の香りやボディを持つ複雑な香味のコーヒー豆に仕上がる。というものなのですが、名付けられたハニープロセスの作業過程は非常に繊細で完成するまで長い時間を要するようです。そしてハニープロセスにしたからといって高品質なコーヒーになる訳ではなく、全ての行程においてミューシレージの粘度による作業効率の低下と発酵等のリスクを十分に管理する必要があるようです。
以前メラードというブラジルの商品を仕入れたことがあり今でも少しの在庫はありますが、今回の豆は品質のレベルが違います。今日でテスト焙煎をして二日目ですが、もう少し様子を見て行きたいと思います。
その後の経過、
先ずは豆の性質を見極めるべく極浅炒りにして味を見ました。香りからすでに滑らかなハチミツ香を発し、口に含むと柔らかにして、重く包み込むようなまろやかさを感じます。酸味は感じられず甘みがいつまでも口の中に残ります。
強中炒りまで火を入れますとハチミツのような甘みが増し、チョコレート、ココアのようなコクが感じます。
この豆の滑らかさはどこかで味わったことがあります・・・・そうコピ・ルアックと似ている印象です。風味は違いますが個性的なコーヒです。柔らかな味の感触としてはジャマイカの豆がとてつもなく高い取引となっている現在、それに変るべくコーヒーとしておすすめしても良いと感じています。
#cordobacoffee #coffee #beans
PhotoPhotoPhoto
2017/05/29
3 Photos - View album
Add a comment...

Post has attachment
週末に店頭にてご成約をして頂きましたスポングミルです。商品はブログにて紹介しておりますのでご興味がありましたらご覧になってください。
http://blog.goo.ne.jp/r100_r/d/20170528 #spong #antique #vintage #grinder #coffee #beans
Add a comment...

Post has attachment
新しい豆との出会い、
コルドバのスタイルは僕が作り出すオリジナルブレンドが基本的には基盤となっています。オリジナルブレンドを作り出すことが出来るには、いろいろな産地の豆の味を見ることが必要不可欠になります。市場に新しい産地の豆が出ると先ずは味を見てみたいと言う好奇心が湧き出てきます。そこはやはり自分で作るブレンド作りへの刺激になるからです。今月になってから新しい豆との出会いに、ため息がついこぼれてしまいます。豆のテスト焙煎をし今までには味わうことがなかった豆との出会いです。コーヒーとは、産地の種類だけ旨さがあるというものです。
見出しの写真は新しく入荷した豆のパッキングされてきた袋のデザインですが、華やかな感覚で高級感があります。
袋の表面は紙なのですが、内側はフィルムが貼られていて良い状態が保たれるパッキングです。こちらはブラジルの高級豆になりますが、今テスト焙煎中になりますのでご紹介できるのはもう少し先になります。
#cordobacoffee
Photo
Photo
2017/05/26
2 Photos - View album
Add a comment...

Post has attachment
先週末にアンティークミルのご成約をして頂きました。地元の常連様で店頭で小一時間悩んだ末のご成約でした。
商品はブログで紹介しています。
http://blog.goo.ne.jp/r100_r/d/20170523 #cordobacoffee #antique #vintage #grinder #pede
Add a comment...

Post has attachment
オリジナルブレンドを作るうえで、数種類のブラジルを使い分けています。中でも一番消費するのは極一般的に流通している、ブラジル・サントス No2です。この豆の在庫がもうなくなるという状況で新しい豆の入手をすることができました。産地は良質の豆が産出されるカルモ・デ・ミナス地区のプレミアムで品質証明がされている豆です。この豆ですが、縁あって、また良いタイミングで手ごろな価格で購入することが出来ましたのでオリジナルブレンドに使っていきます。
#cordobacoffee
PhotoPhotoPhoto
2017/05/16
3 Photos - View album
Add a comment...

Post has attachment
店舗移転のご案内
予定より前倒しになりますが、移転の為4/25~30日までお休みを頂きます。新店舗の営業は5/1日からとなります。お知らせをしておりました新店舗での飲食のご提供ですが、準備が整うまでもうしばらく時間を頂きます。ではよろしくお願いします。
#cordobacoffee
Photo
Add a comment...

Post has attachment
Wait while more posts are being loaded